オススメワイン

オススメワイン

先日、吉野酒店で行われたドメーヌ・プリューレ・ロックのワインテイスティングセミナーに行って来ました。


このワインは何度もオススメワインとしてご紹介しておりますが、セミナーで生産者のヤニック氏の貴重なお話を聞いて、私個人としても皆様にどうしても飲んで頂きたくまたご紹介させて頂きます。




Domaine Prieure Rock Nuits 1er Cru
ドメーヌ・プリューレ・ロック ニュイサンジョルジュ プルミエ クリュ


●生産地    フランス/ブルゴーニュ
●ブドウ    ピノ・ノワール 100%





テロワールを尊重した端正なワイン

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)の共同経営者アンリ・フレデリック・ロック氏が 1988年から始めたドメーヌです。ロック氏はアンリ・ルロワの長女ポリーヌの次男(ラルー・ビーズ・ルロワの甥)にあたり、1992年ビーズ・ルロワが DRCの共同経営者から退いた後、長男シャル・ルロックの死去に伴いDRCの共同経営者となります。当初ドメーヌは1988年にヴォーヌ・ロマネに設立されましたが、1989年にニュイ・サン・ジョルジュの街中に醸造設備を備えたドメーヌを、プレモーに樽貯蔵庫を持てます。


ロック氏は古文書を研究し、700年以上前にシトー派の修道士が行っていたブドウ栽培・醸造方法を復活させ、今ではビオ系ワインの代表格の一人となっています。ロック氏曰く、「これは微生物を活性化させることにより肥沃な土壌を維持し、宇宙の摂理と調和を目指した栽培方法である」


ラベルに描かれた独特のロゴはエジプトのある古文書に由来している。左側にある緑色の包丁を立てたような模様はブドウの樹、下に描かれた不揃いの三つの赤い丸はブドウの実、右上の黄色い楕円は神、そしてその下の黄色い楕円は人を表しているという。自然(神)と人間の両方の力によってワインを造りだすという氏の考えが窺える。





?シトー派時代のブドウ栽培とワイン造りの復活?

■畑 (ブドウ栽培はビオロジック(有機無農薬栽培))
1.    除草剤などの農薬や化学肥料は一切用いず、必要に応じて有機肥料(ブドウの樹と自らのワインを醗酵した時の搾りカス、牛糞などを寝かせたもの)を最低限用いる。
2.    雑草の過度な繁殖を防ぐ為、手作業によって草取りをする。
3.    ブドウの凝縮度を高めるための厳しい剪定と人の手による収穫

■醸造
1.    徹底した選果:畑での収穫時、醸造所でのベルトコンベアでの粒単位での選果作業
2.    ブドウは除梗されずに房ごと木製の開放された醗酵槽に投入
3    醗酵槽への炭酸ガス充填により空気との接触を避け、3?4日間のマセレーション
4.    野生酵母による醗酵(15?18日)と長期間のマセレーション(3週間)
5.    ピジャージュは人が足で踏んで行う
6.    トロンセ産の樽(DRCが50年以上前に現地買い付けし、20?30年長期間乾燥させた樽材を共同で使用、フランソワフレール社が製樽)で15?20ヶ月熟成。
オススメワイン << オススメワイン >> 早起きは三文の得
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ