今月のオススメワイン

今月のオススメワインは吉野酒店ソムリエの寺原さんセレクト!!


長い歴史と伝統を誇る南仏の偉大なワイン

Chateau de Mattes Sabran

シャトー・ド・マット・サブラン

シャトー・ド・マット・サブランはとても古い歴史をもっています。このドメーヌはローマとスペインを結ぶドミティア街道沿いにあり、車道からその面影を見る事ができます。またラングドックとナルボンヌの歴史と密接に関わっており、所有者の中でも、14世紀のナルボンヌ公爵は有名です。

中世には、ドメーヌはラグラス修道に長い間属していました。そして1638年にはポンパドール公爵の手に渡り、1733年にはラングドックの統治者である、モントーユが買い取りました。それ以来、ドメーヌは再び売られる事はなく、良い時、悪い時を含めラングドックのワイン造りの歴史と共に時を刻んでゆきました。何世紀にもわたる伝統と豊富な経験にもとづいた確かなワイン造りの技術、豊かな潜在力ある土壌、ブドウ栽培に適した気候に恵まれており、偉大なワインを造るために低収量にこだわっています。

 

 

2008 Chateau de Mattes Sabran Chevreuse シャトー・ドゥ・マット・サブラン シュヴルーズ

?ドメーヌ最高のクラシックな1本?

アペラシオン:コルビエールAOP

品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル

醸造:1年間樽で熟成し、内50%が新樽です。

飲み頃:今から向こう10年間楽しめます。

食事:16?18度でサーブして下さい。伝統的な料理の中でも繊細な味付けのピンタードのキノコ添えや、ラムの脚肉、牛やラムのグリル、フォアグラなどと良く合います。

コメント:ドメーヌの最高のクラシックワインの1つで、シラー、グルナッシュ、ムールヴェードルのブレンドです。樽で1年間熟成(50%新樽)しています。エレガントなワインで、果実溢れる繊細なワインです。

色:ブラックチェリーの輝く濃厚な色調で、ワインの濃縮感を感じることができます。

香り:小さな黒い果実が溶け込んだヴァニラの特徴と共に溢れます。熟成と共にプルーンや赤い果実のジャムが感じられます。樽の特徴が構造に上手く溶け込み、更に気品高いものにしています。

味わい:アタックは新鮮で力強く、タンニンはエレガントで控えめで味わいに溶け込んでいます。しなやかな構造でバランスがとれ、途切れなく続くフィニッシュには快活さが感じられます。とても豊潤でバランスの良いエレガントなワインです。

生産量:16,000本

2012年 ギド・アシェット2ツ星



CORNER忘年会!! << 今月のオススメワイン >> A Happy New Year!!
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ