今月のオススメワイン

Domaine Guillaume Dros
ドメーヌ・ギョーム・グロ


ミシュラン三ツ星のギィ・サヴォワとラルンスブルグ、パリのカーヴ・タイユヴァンでソムリエを歴任し、アルザスの異端児オステルタッグ、ジゴンダスの巨人サンタ・デュック、そしてシャトーヌフのパーカー五ツ星格付け生産者ドメーヌ・ド・ラ・ジャナスで研鑽を積んだギョーム・グロ。ソムリエ時代から世界中のワインに精通していた彼は、果実だけではなく皮も熟成した葡萄でなければ凝縮したワインにならないという信念の下、超遅摘みによる収穫と平均17hlという超低収量によるワイン造りを実施している。友人であるサンタ・デュックとドメーヌ・ド・ラ・ジャナスの助言の受け、ジャンシス・ロビンソンも「ギョーム・グロのアドバイザーは明らかにサンタ・デュックのイヴ・グラだ。」と断言する程、ワインのスタイルには大きな類似性がある。また、ロバート・パーカーやミッシェル・ベタンヌからも高い評価を受けるなど、元ソムリエだけあって、濃厚でありながらフレッシュ感を備えた〈玄人を唸らせるワイン〉を生み出している。今回、「旨安ワイン」として広く認知されたエルニーニョ・ロコは、南ローヌ超当たり年となった2010年物だが、自社畑の樹齢の高まったことからポートフォリオを大印新。プックワ・パとコテ・テロワールを廃止し、新たにリュベロンのスタンダード・キュヴェをリリース。これはなんと収量14hlという驚異的低い収量の濃密なワインだ。そして、シャーヴのキュヴェ・カトランに範をとり、ブルゴーニュのグラン・クリュに比肩するリュー・ディから最良作年に限って造るプレスティージュキュヴェが誕生した。


〈ミシュラン三ツ星〉ギィ・サヴォワ、ラルンスブルグ、タイユヴァンでソムリエを歴任し、 ドメーヌ・ド・ラ・ジャナスとサンタ・ヂュックで研鑽した男
〜ドメーヌ・ギョーム・グロ〜



◆エルニーニョ・ロコ 2010
品種:シラー70%、グルナッシュ・ノワール20%、カリニャン10%

◆リュベロン 2008
品種:グルナッシュ・ノワール50%、シラー25%、カリニャン20%、ムールヴェードル5%

小松孝英 個展

こんにちは。
台風の影響もあり、スッキリしない天気が続いておりますが
皆様いかかおすごしでしょうか?

CORNERでは6月15日〜17日まで「小松孝英」個展を開催してます。


15日のオープニングレセプションは150名以上のお客様がご来店され、
モデルさんへのボディーペインティングなど、公開制作も行われました。

3F特設GALLERYは壁の色も変えて素敵な空間になっています。





今日も朝から雨ですが、11:00〜24:00まで観覧できますので、
是非お越し下さい!!

アペリティフの日

こんにちは。
今日は梅雨中の貴重な晴れ日!!
朝から洗濯したりお布団干したりでバタコさんです。

先日、鬼束部長率いるCORNERスタッフ4人で
シェラトンで開催された
アペリティフ」のイベントに行ってきました。



毎年6月の第1木曜日は「アペリティフの日」。
アペリティフは食事の前にワインなどのアルコールやソフトドリンクを飲みながら、アミューズブーシュを食べてゆったりと過ごすことです。

CORNERでは待ち合わせの時間よりチョット早めに来られて、
シャンパンやエクストラコールドを飲まれるお客様が沢山いらっしゃいます。
そんな時間の過ごし方がアペリティフ!


イベントに出店されていたお店はどこも有名店で、盛り付けや料理のアイデアなど大変勉強になりました。





いつかあのブースにCORNERで出店出来るように、
これからも頑張って行きます!!
« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ