”想い”は国境を越える。

”想い”は国境を越える。

 

いや、そもそも国境なんて

国家が勝手に線引きした経済単位にしか過ぎない。

 

ましてやここ「台北」は

飛行機でわずか2時間。

(時間的な)移動距離は

無いに等しい。

 

今年1月にオープンした

「九州パンケーキカフェ台北富錦店」ですが

素晴しい進化を遂げてくれています。

 

オープンからここまで...

たくさんの苦悩があったと思いますが

オーナーの蔡社長をはじめとする

フタッフの皆さんは

そんな不安を微塵も見せる事無く

素晴しい店舗運営をしてくれています。

 

今日は、久しぶりに店舗を訪れて

台北のスタッフの皆さんを激励させて頂きました。

 

 

 

今月(12月)27日には

念願の2号店がオープンします!!

 

本当の意味で

我々の実力が試されます。

 

もちろん!!

『九州の大地の魅力を届けたい』

『美味しい笑顔のテーブルを世界に伝えたい』

私達の想いは必ず伝わると信じています。

 

パートナーである蔡社長とは

来年以降の新しい展望も見据えて

グローバルな話ができました。

 

情熱は必ず伝播する。

 

がんばりましょう!!

 

前へ!

 

 

プレミアム商品券のその後(7月1日〜弊社の実績報告)

7月からスタートしたプレミアム商品券。

地方創生の目玉事業の一つとして導入されましたが

その成果はどうなのか?

「実績を報告して、それを再投資に向ける」

取り組みを公開するとお約束しましたので

7月1日〜10月10日までの結果をご報告します。

 

<期間 7月1日〜10月10日>

総合計金額 5,083,500円

一平寿司 2,353,000円

CORNER 277,000円

九州パンケーキカフェ 176,000円

タリーズ(橘通り)166,000円

タリーズ(高千穂通)129,000円

タリーズ(イオンモール宮崎)201,000円

タリーズ(イオンモール都城)280,000円

タリーズ(ハンズマン吉尾)232,500円

その他(そばとき) 346,000円

 

 

(個人的な考えですが)

プレミアム商品券は、消費が再投資に廻って

はじめて効果が見えてくるものだと思っています。

お客様(消費者)にとっても、弊社の従業員にとっても

ご自身が使った(使って頂いた)商品券が

”どのように循環しているか”

それが見えてはじめて

使った店をパトロナイズ(支援)する意義に繋がるのだと思いますし

地域から支えて頂いている=選んで頂いた

実感も湧くのではないかと考えました。

 

弊社(一平グループ)では、

お陰さまで利用金額が500万円を上回りました。

弊社店舗を選んで頂いた事に、

心より深く感謝申し上げます。

 

皆様が使って頂いたプレミアム商品券からの収益を一部財源として

以下のように店舗投資(総額1,000万円)および

スタッフサービスの充実の為に使わせて頂きます。

 

(一平寿司)

外壁塗装、サインの一部改修、全室の畳替え(済)

(CORNER)

内外装のリニューアル、メニュー改修、社員講習(10月末)

(タリーズコーヒー)

高千穂通店テラスの全面改修(11月)

スタッフ研修(11月〜年4回)

 

皆様の使っていただいた商品券を

更に良い店づくりを通して

地域へとしっかりと還元して参ります。

 

12月末で完了したら

公式HP等を通じて

再度ご報告をさせて頂こうと思っています。

 

まずは私個人のブログで恐縮ですが

中間報告をさせて頂きます。

 

感謝。

 

 

人生の限られた時間の中で。

昨日、突然に友の訃報を聞きました。

 

彼とは同じ歳であり、

CORNERのオープン時には施工でお世話になったり、

いろいろと同じ時間を過ごした

楽しい思い出があります。

 

目を閉じると

彼の優しい人柄と

少しはにかんだような笑顔が

目に浮かびます。

 

人生の時間は

不意の区切りのときに

有限だったのだと気づかされる。

 

自分の未来についても

改めて考えさせられます。

 

人生有限。

 

その中で、

何を成すべきか。。。

 

今は只、心静かに

彼のご冥福を心から祈るばかりです。

 

安らかにお眠りください。

 

合掌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Time for TAIWAN/ 木村拓哉の出演する台湾CM

こんなの見つけましたよ(^^)

 

木村拓哉

 

九州パンケーキバージョンもいつの日か〜

宮崎にも海外からのお客様が増えてますね...(^^)

日南に数隻の海外観光フェリーが入港して

地元では大騒ぎになっています。

5万人の街には経済のインパクトも大きいし

官民あげた”次に繋げる”様々な取り組みも始まっています。

 

しかし、九州全体からで眺めてみると

福岡とか長崎の港には

毎日、数十隻も来航していますし、

各観光地の盛り上がりを見ていると

宮崎県は大きく出遅れていると言えます。

 

まだまだ宮崎は外国人観光客にとって

「誰も知らない、特別な場所」

そういう感じなのでしょう。

 

国内マーケットは人口減少(縮小)が顕著になる中、

グローバルの市場可能性に生き残りをかける。

 

「〜県」という地域間での競争を越えて

九州というエリア単位でものごとを捉え、

そのなかで如何にして選ばれる場所になるか、

独自の生き残り”戦略”が問われ時代になったと思います。

 

さて、最近、弊社のグループ店舗である

一平寿司やタリーズコーヒーにも

海外からのお客様が増えてきています。

 

『九州パンケーキカフェ宮崎本店』にも、

シルバーウィーク期間中だけでも

台湾や韓国より数組のお客様がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

海外からの観光客の皆さんは

「宮崎」を目指してくるというよりも、

九州をぐるっと1周する旅をされている方が多い様です。

 

ある観光客のグループは

このような旅程リストを持っていて

その中に『九州鬆餅=九州パンケーキ』の文字を見つけた時には

ちょと感動でした!!

 

 

これからの時代を考えると「今」はまさに、

地方自治体(観光行政)にとっては

アジアのグローバルマーケットへ向けての

”幕開け”のとき。


NHK ONLINE 福岡放送局
特報フロンティア
「九州”おもてなし”最前線〜アジアの観光客をつかめ〜」

 

そして、弊社のような零細企業にとっても

世界へ繋がる事ができる時代です。

 

大きなチャンスを感じています。

 

宮崎から世界を目指す企業が増えれば、

それだけ世界の中で宮崎を見つけてもらう

チャンスも増えるという事です。

 

「おいしい」という言葉は

そして食卓の”笑顔”は世界共通ですね!!

 

 

宮崎で愛される店をつくること。

宮崎で愛されるサービスをつくること。

宮崎で認められる商品である事。

 

従業員ひとり一人の

真心を込めたサービスが

地域の繁栄に貢献している。

 

一人の笑顔が

世界への扉をひらくこともある。

 

地元を愛する気持ちの延長線上に

「世界」があると考えています。

 

まずは、地元宮崎から!!

 

そして、地元九州という感覚を大切にしながら

気づいたら国内外の垣根無く

たくさんのお客様の笑顔を創れている...

そんな仕事(会社)に育っていたら

最高だと思います^^

 

Act local, think GLOBAL !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 127 | 128 | 129 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ