Detail

Tully's橘通り店のランプ。
奥の赤いソファとともに、店内をあたたかい光で包んでいます。
これは、巨匠フランクロイドライト(Frank Lloyd Wright)のタリアセンという作品です。
さりげなく、自己主張しすぎず、そして飽きない普遍的なデザインが大好きです。
FLRランプ

Cafeの役割

中心市街地の衰退が街並みを変える。
暗いニュースが明日の希望をそいでゆく。
不景気なウワサが、疑心暗鬼をつれてくる。

こんな時代だからこそ、Cafeには果たすべき”役割”がある。

いつもだれかに会える場所。
自分のいちばん好きな時間を過ごせる場所。
大切な人との思い出がたくさん詰まった場所。

心のこもった一杯のコーヒーを通じて、人やまちを元気にしたい。この場所に来れば、そこに生きる人々に、いつも笑顔と活気を与える…そんな場所を創りたいと思う。

CORNERがある”一番街”は、宮崎市街地で一番古い商店街。
通称”ニシタチ”と呼ばれる繁華街とも隣接していて、今日も夕方になるとだんだんと賑やかな喧騒に包まれる。

子供のころに、父親に連れられて出かけた喫茶店があった。
週になんども出かけたその店には、コーヒー豆で作られた世界地図が壁に掛けてあった。
コーヒーの香りの店内でいつものクリームソーダ。
マスターと談笑し、大声で笑う父が大好きだった。
思い出がたくさん詰まったCafeには、温かい時間が流れていた。

どんな時代にも、Cafeにはまちを支える”役割”がある。

Old Table at Tully's



On The Street Corner of …Singapore

今年は、仕事で様々な都市を訪れる機会があります。

特にシンガポールは、南アジアの随一の美しい都市です。景観などのまちづくりの政策も秀逸ですが、なによりも多民族国家としての割り切った管理統治文化には日本にないカルチャーショックを受けました。
”Fine City”と呼ばれるほど様々な罰金制度がある国ですが、一般的な常識の範囲で生活していればほとんど制約を感じることはありません。
異文化の民族(中華系、インド系、マレー系、日系…)が入り混じって生活していますから、統一した厳しい法規統治が必要なのでしょう。政治(政府)の強いリーダーシップは、時に国民にとって”息苦しさ”に感じられることもあるようですが、確実にアジアNo.1の観光都市を目指して発展し続けています。
今年は,F1の世界初ナイトレースもありました。

写真は、オーチャードSt.の美しい”ガーデンシティ”景観と、使いやすい公共機関整備(バス&タクシーベイ)

Orchard St. Singapore

オープン1か月…

CORNERオープンしてから1か月…初めてのニシタチエリア出店で、戸惑うことも多い。また、新しい業態なので、とにかく毎日、反省と改善、そして発見のくりかえしです。
オープン以来たくさんのお客様をお迎えしましたが、まだまだみなさんに満足していただけるレベルではないですね…スタッフ一同、全力でがんばります!。

11月14日を目安にウィンターバージョンのメニューをスタートするつもり。メニューも改訂し、より見やすく、充実してリニューアルします。
メニューの中身、ドリンクのクオリティ、デザートの充実、営業時間の見直し、フードの味と種類、そしてサービス(ホスピタリティ)への反省…実にたくさんの”やるべきこと”があります。

CORNERがお届けしたいものは、「宮崎でいちばん居心地の良い場所」。

毎月、毎日、少しずつですが、進化しながら成長していきたいと思います。大好物のFish&Chips! シンガポールのカフェにて

よおこそCORNERへ!

この度、この【OWNER BLOG】スタートすることとなりました!
CORNERがオープンしてから1か月ちょっと…ですが、開店に際してお世話になった皆様には心から感謝申しあげます。
この1か月でいろいろな改善点も見えてまいりました。
末永くお客様に愛されるような、また中心市街地のシンボルとなりえるような店づくりを進めてまいります!

さて、このBLOGでは、宮崎のまち(中心市街地/Doまんなかモール)のこと、店に対する想い、また日々の”ちょっと”気づいたことなど書き綴って参ります。

どうぞ宜しくお願いします!null
« Prev || 1 | 2 | 3 |...| 127 | 128 | 129 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ