Business Trip to Fukuoka ②

福岡出張2日目。
朝食は博多らしく(?)ラーメンです!

「元祖長浜屋」朝からお客さんがいっぱいです。
長浜屋ラーメン
ラーメン400円
ラーメン

本日の目的は、もちろんラーメン…ではありません。

CORNERで提供する最高のコーヒーの探究のために、九州の、いや日本のスペシャルティーコーヒー界を牽引する井崎克英さんのご指導を頂きました。
コーヒーは、生豆のクオリティ(生産地やグレードに対するこだわり)、焙煎の技術、豆の管理など追及すればするほど奥の深い世界です。
また、バリスタの技術によってまるで違う味になります。
本当にうまい一杯のコーヒーを提供するために必要なことは、やはり”情熱”なのです。
”情熱”を持って、妥協をせずに最高のスペシャルティコーヒーを追求したい、と改めて感じた一日です。

スペシャルティーコーヒー専門店「ハニー珈琲」のオーナー様。

エスプレッソの抽出について指導を受ける弊社FUMIO
部長。エスプレッソ研修

試飲で作っていただいたラテ。ミルクの甘みとエスプレッソの風味がベストマッチで、美しくうまい!
ラテ

午後のランチは、大名の老舗バル「MUSETTE」
BAL MUSETTE

歴史を感じる貫禄あるバリスタカウンター
BAL MUSETTE 2

今日はポテトのパニーニを頂きました〜。
Panini Lunch

最後は、店に飾るディスプレイなどを探しに天神エリアを探索。
センスよく、美しいCONRAN SHOPのディスプレイ
CONRAN Display

Z-SIDEもキレイなクリスマスイルミネーションでした。
Z-SIDE Christmas 2008

Business Trip to Fukuoka ①

今日は福岡出張の1日目。
朝の9時過ぎについたので、まずは天神のタリーズコーヒーで朝食。
今日から新商品が発売されていました。うまい!

タリーズ新商品のサンドイッチとミートパイ
Breakfast at Tully's

今回の主目的はタリーズコーヒーの九州エリアFC(フランチャイズ)会議です。
これまで4年間、九州エリアのFCリーダーを務めてきました。
任期満了で新しいリーダーと交代、引き継ぎです。

リーダー会議の様子(ちょっとカタメのガチ会議)
Tully's Meeting

博多駅の地下街を歩くと、美しいイルミネーション(写真はうまく撮れてませんが…)天井を埋め尽くすLED照明は、素晴らしいアイデアですね〜!洗練されています。
天神地下街イルミ

食事会の後、知人の経営するカフェ「Cafe The Launch」

写真はオススメのエアロバズーカ”マンゴー”。
いわゆるスムージードリンクですが、マンゴーの果肉感がGood!おいしかったです。
エアロバズーカ”マンゴー”

今日はせっかくの博多で好物のラーメンを食べる時間がなかったので、明日の楽しみにします!




Managing Director

今日は、地元金融機関主催のセミナーに参加しました。
講演者は、株式会社ゴトウ経営の後藤昌幸氏

ゴトウ経営 後藤氏

P×Q=売上高
V×Q=売上原価
PQ-VQ=MQ
MQ-F=G
PQ=VQ+F+G=経営方程式

上記の経営方程式は、経営者であれば日常当たり前に意識していることですが、これら”記号”の組み合わせや大小で”天国と地獄”を味わうこととなります。

「経営者は社員の2倍働け」「経営陣は1・5倍働け」…
つまり一般社員が40時間労働であるならば80時間。
これに付け加えるならば、「成功するためには人の10倍考えろ!」でしょうか…。

社長を英語で書くと”Managing Director"ですね。
つまり、役員の代表であり、会社に雇われているマネージャーです。
チームを勝利に導くことができないマネージャー(監督)は、勝負の世界では必要とされません。

後藤氏は、講演の中で「利益からスタートする」ということをしきりに話されました。

G+F=MQ

日々、勉強ですね!
CORNERが”日本一のカフェ”になるためには、しっかりとした理念と目標が必要だと考えた一日でした。





夜のカフェタイム

休日の夜11時。
CORNERは、程よい喧噪のなかで、お客さまがそれぞれの時間を楽しんでいます。

私も、読書をしながら、しばしひとりの時間を…

マーシー・シャイモフ著/茂木健一郎訳の「Happy for No Reason〜脳にいいことだけをやりなさい!」
Happy for No Reason

マーシー・シャイモフは、カリスマと呼ばれる、コーチングの第一人者。
「心のチキンスープ」シリーズの著者として、また世界中で大ベストセラーとなった「ザ・シークレット」に登場する賢者に一人として有名です。

マーシー・シャイコフと、脳科学者である茂木健一郎の組み合わせに興味を持って買ってみました。

10月に、コーチングネットの木村佳世子さんの、NLP(脳神経言語プログラム)という講演を聞いたばかりだったので、すべてがつながって大変面白かった…!

「思考は実現する」という一見非科学的な事象を、世界中の科学者が研究する時代になりました。
つまり、「思ったこと」を実現させるために、自分が普段どのような考え方を持つべきか、エネルギーの方向性をコントロールすべきかが書いてあります。

昔から日本には”言霊〜ことだま”という言葉がありますね。
自分が発する言葉を常に前向きに、ポジティブにすること。
情熱の傾け先をいつも探し、それに向かって一心不乱に進んでいくことが大切だと思います。

日本中が”不景気だ”と言っていると、だんだんとそんな空気が支配していきます。
ネガティブ思考は、伝染病のように、知らない間に社会を闇に引き込んでいきます…。
「不景気」という姿の見えないバケモノに支配されないように、明るく、楽しみながら日々仕事をしないとね!

夜のビタミン補給に”クランベリージュース”
クランベリージュース

ところで、ボジョレーヌーボー解禁です!今年は(今年も?)できがいいらしい…フルーティで香り豊かですね。
Beaujolais 2008





CORNERへの”想い”

かつて「マチへ行く」というのは、きらびやかな語感を伴って、ドキドキ感がありました。
10代のころのはじめてのニシタチ体験は、精一杯に背伸びして、出来る限りのおしゃれをして、”大人へのデビュー”みたいな感覚だったな〜。
仲間と朝まで飲み明かした20代や、語り明かした30代も、いつもマチが僕らを元気にしてくれました。

そんなマチがだんだんと元気をなくしています…。

東国原知事が「宮崎をどげんかせんといかん!」とか言って、全国的にも知名度が上がった宮崎県…ですが、マチナカは昨年よりも数段疲弊が進んでいます。

宮崎の”顔”は一体どこだろう?

このままでは、”顔”のない、全国どこにでもある地方都市のひとつになってしまうような不安があります。
”顔”のない、のっぺらぼうの観光都市なんて魅力あるのかな?
素晴らしい観光地や、文化歴史をもっている宮崎県ですが、それらが活きるのはしっかりとした”顔”があってこそなんじゃないでしょうか?
きれいに整った”顔”じゃなくても、独自の個性を持った魅力ある顔立ちってあるんじゃないかな?
かってのプレイグラウンドを取り戻そう…いや、「新しいマチを作ろう!」そういって日々奮闘する仲間たちがいます。

一つの企業ができることは本当に限られていますね。
しかし、私たちは飲食業で生きている会社です。
魅力ある飲食店を創造(クリエイト)して、新しい価値観を提供することでしかマチへの貢献はできません。

私のCORNERへの”想い”は、そのまま”マチへの想い”とつながっています。

CORNERは私たちにとっては、ひとつの“挑戦”です。
一軒のCafeがマチを変える力を証明したいと強く思います。
宮崎の”へそ”であるこの場所で、宮崎でいちばん活気のある、宮崎でいちばん”居心地のいい空間”を作っていきたいと強く思っています。

CORNERはうまれたばかりのお店。
日々、スタッフたちと奮闘しながら改善の日々ですが、きっと1年後には…いや、2年後には”日本一のカフェ”と言ってもらえるような、そして、宮崎市民が誇りに思っていただけるようなお店になります。

そのときには、きっと、宮崎の中心市街地にも大勢のひとが戻り、活気あふれるいきいきとした”顔”が復活するのです!

CORNER2Fの窓より、マチの様子を眺めて…
CORNER2Fの窓より

「時間」「空間」「思い出」そして「感動」がテーマです!
2F客席






« Prev || 1 | 2 | 3 |...| 125 | 126 | 127 | 128 | 129 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ