反省して進む

実は、勉強会とかセミナーとかいう類があまり好きではない。

どこに行っても、どこかで聞いたことのある話。
なお且つ、自分自身が”経験”の中から
少しずつ積み上げてきた独自のプリンシパルもあるわけで…
それを無理やり変えようとする“先生”や
ハイテンションのセミナー会場はどうも苦手なんです…。

そんなわけで、あまり期待していなかった
お付き合いで(…スイマセン)出席した勉強会でしたが、

うん、非常に面白かった。



日本有数の経営コンサルタント代表者の話でしたが
数百〜数千社の会社・社長を見てきた百戦錬磨の男が断言した
社長業の極意』とは…?

それは、”決断力”

決断力があるかどうかが全てである…と言い切りました。

「選択」と「決断」の言葉の定義を考えてみる。

「選択」とは様々な方向性の中から選んで決定するということ。
「決断」とは、結果が分からない“見えない”ものごとを決めるということ。

組織において、”決断する”人物は、最終的には一人だけしかいない。

決断するための材料や意見は積極的に取り入れなくてはならないが
誰が最終的な責任をとるのか」という1点においては
決断をして責任をとるのは一人だけ…それが社長業なのです。

起業した事業は1年目で約30%近くが消滅するという高い廃業率、
5年後の生存率は約40%、
10年後では約25%の企業しか生存していない…と言われます。

この国の零細・中小企業の社長は
数千万、数億円の”会社の借金”であっても、個人債務保証をしなくてはなりません。
つまり、社会的責任と個人の経営責任がごちゃ混ぜになっている以上
莫大な借金の重圧に耐えながら、社員の生活を背負った責任を感じながら
会社=イコール=自分であると言い切らなくてはならない。

先の見えない世界を決めることが「決断」である以上、
相当の勇気を持って一歩を踏み出す勇気が必要。

それほど厳しい世界ですから、
「決断の重み」を知らないものは”社長”になどならないほうがいい。

うまくいけば、それはチームの手柄であり
失敗すればそれは決断を下した社長の責任。
そんな当たり前のことが、理解出来るようになってきたのは
実は最近のことです。

私の姉は剣道の達人でしたが
日本古来の武道にも通じる達観した力を身につけてはじめて
社長は会社を存続していくことができる。

覚悟を持って、抜き身の刀を携えて、迫力と緊張感を身につけ
そして「決断する勇気」を持たなくては生きていけない。
「生き残る力」を身につけなくては、社員を養ってはいけないのです。

トップが迷いなき決断を下すからこそ、
チームは一つにまとまり進んでいけるのでしょう。

”3歩先を明確にイメージしながら、一歩先の行動を取る”

いつも、謙虚に学びの機会を求め
そこで得られる“気づき”を大切にしないというけない…。

勉強会は嫌いとか言ってちゃだめですね!

宮崎県内の若手経営者の皆さんとの懇親会。
刺激を頂きました。

感謝!





さて、12月を目前に控えて
「一平寿司」「CORNER」ともに、多くの忘年会ご予約を頂いています。
平日を中心として、まだ若干の御席の予約可能ですから
ぜひとも早めにお尋ねください!

<予約問い合わせ>
一平寿司  0985-252215
CORNER 0985-747775  予約フォームはこちら





Follow Me on Twitter!ツイッター...気軽にフォローミー♪
@ippeichan
提灯イルミ << 反省して進む >> 師走ですね〜
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ