Cafeの役割

中心市街地の衰退が街並みを変える。
暗いニュースが明日の希望をそいでゆく。
不景気なウワサが、疑心暗鬼をつれてくる。

こんな時代だからこそ、Cafeには果たすべき”役割”がある。

いつもだれかに会える場所。
自分のいちばん好きな時間を過ごせる場所。
大切な人との思い出がたくさん詰まった場所。

心のこもった一杯のコーヒーを通じて、人やまちを元気にしたい。この場所に来れば、そこに生きる人々に、いつも笑顔と活気を与える…そんな場所を創りたいと思う。

CORNERがある”一番街”は、宮崎市街地で一番古い商店街。
通称”ニシタチ”と呼ばれる繁華街とも隣接していて、今日も夕方になるとだんだんと賑やかな喧騒に包まれる。

子供のころに、父親に連れられて出かけた喫茶店があった。
週になんども出かけたその店には、コーヒー豆で作られた世界地図が壁に掛けてあった。
コーヒーの香りの店内でいつものクリームソーダ。
マスターと談笑し、大声で笑う父が大好きだった。
思い出がたくさん詰まったCafeには、温かい時間が流れていた。

どんな時代にも、Cafeにはまちを支える”役割”がある。

Old Table at Tully's



  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ