青年会議所

本年度の日本青年会議所会頭による講演会に参加。

日本青年会議第58代会頭 安里繁信君

約1時間半の講演でしたが、語り口とオーラに圧倒されました。

情念。情熱。自信。優しさ。強さ。ぶれない心。型破り。…

「私こそがJCそのものである。」

そう言えたトップが何人いただろう。

JCは、歴史のある世界組織である。

そして日本の青年会議所は、その長い歴史ゆえに、地方に行くほど“先輩方のお言葉”に敏感になり、過剰に縦社会を意識するようになる。

古い組織はどこもそうだろうが、なかなか”しがらみ”に邪魔されて、大胆な改革ができない。

しかし安里会頭は、「自分こそがJCである」と言い切る。

全国数万人の現役メンバー、シニア(卒業生)も含めれば数十万人のメンバーを向こうに回し、

「これまでは関係ない」

「現在、ここに立っている私の生きざま、思想こそがJCである」

こう言い切れる男は他にいない。

この男の器に比べたら、自分は“鼻くそ”である。

しかし”今日から変わる”意識があれば、昨日は関係ない。

「10年後に、今日ここで私と出会えたことが誇りと感じてもらえるような男になります」

「今日の私との出会い、あなたの人生を変えたい」

言葉にチカラがある。

間違いなく次世代の日本を支える、変える人物に出会った。

感謝。

22時より、CORNERにて友人の送別会に参加。

年下だけれど、とても刺激を頂いていました。

東京で、ぜひ大成功を期待しています。

第2の故郷になった宮崎を忘れることなく、がんばってほしい。



  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ