宮崎にも海外からのお客様が増えてますね...(^^)

日南に数隻の海外観光フェリーが入港して

地元では大騒ぎになっています。

5万人の街には経済のインパクトも大きいし

官民あげた”次に繋げる”様々な取り組みも始まっています。

 

しかし、九州全体からで眺めてみると

福岡とか長崎の港には

毎日、数十隻も来航していますし、

各観光地の盛り上がりを見ていると

宮崎県は大きく出遅れていると言えます。

 

まだまだ宮崎は外国人観光客にとって

「誰も知らない、特別な場所」

そういう感じなのでしょう。

 

国内マーケットは人口減少(縮小)が顕著になる中、

グローバルの市場可能性に生き残りをかける。

 

「〜県」という地域間での競争を越えて

九州というエリア単位でものごとを捉え、

そのなかで如何にして選ばれる場所になるか、

独自の生き残り”戦略”が問われ時代になったと思います。

 

さて、最近、弊社のグループ店舗である

一平寿司やタリーズコーヒーにも

海外からのお客様が増えてきています。

 

『九州パンケーキカフェ宮崎本店』にも、

シルバーウィーク期間中だけでも

台湾や韓国より数組のお客様がいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

海外からの観光客の皆さんは

「宮崎」を目指してくるというよりも、

九州をぐるっと1周する旅をされている方が多い様です。

 

ある観光客のグループは

このような旅程リストを持っていて

その中に『九州鬆餅=九州パンケーキ』の文字を見つけた時には

ちょと感動でした!!

 

 

これからの時代を考えると「今」はまさに、

地方自治体(観光行政)にとっては

アジアのグローバルマーケットへ向けての

”幕開け”のとき。


NHK ONLINE 福岡放送局
特報フロンティア
「九州”おもてなし”最前線〜アジアの観光客をつかめ〜」

 

そして、弊社のような零細企業にとっても

世界へ繋がる事ができる時代です。

 

大きなチャンスを感じています。

 

宮崎から世界を目指す企業が増えれば、

それだけ世界の中で宮崎を見つけてもらう

チャンスも増えるという事です。

 

「おいしい」という言葉は

そして食卓の”笑顔”は世界共通ですね!!

 

 

宮崎で愛される店をつくること。

宮崎で愛されるサービスをつくること。

宮崎で認められる商品である事。

 

従業員ひとり一人の

真心を込めたサービスが

地域の繁栄に貢献している。

 

一人の笑顔が

世界への扉をひらくこともある。

 

地元を愛する気持ちの延長線上に

「世界」があると考えています。

 

まずは、地元宮崎から!!

 

そして、地元九州という感覚を大切にしながら

気づいたら国内外の垣根無く

たくさんのお客様の笑顔を創れている...

そんな仕事(会社)に育っていたら

最高だと思います^^

 

Act local, think GLOBAL !!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ