腰の痛みに「意味」を持たせてみたりして...。

新しいプロダクトの打ち合わせで

福岡に出張に行ったのですが

訪問先の会社様の正面に素敵な秋桜(コスモス)が咲いていたので

思わずかがみ込んで写真を撮りました(^^)

 

でも、その直後に...

その体勢で”くしゃみ”をしたら

腰に激痛...(><)

どうやら『ぎっくり腰』になった様です。

最近移動が多くて腰に負担が来ていたのかな〜。

しっかりとメンテナンスしなくては!!

ところで、

痛む腰をかばいながら歩いていると

ちょっとした「気づき」がありました。

 

それはふだん元気な時には

何も気にしないことですが、

腰の悪い者にとっては

街の小さな段差が本当に辛い。。。



”のそり”と歩いていると

色んなところで無言のプレッシャーが来ます。

階段でも、エクカレーターでも、

空港のチェックインカウンターでさえ

「急げよ...」という背後からの視線。

 

そうか。

高齢者の方や、体の不自由な方は

こういった日常の(健常者にとっては)ちょっとした不便でさえ

大きな問題なんだと。

 

思えば、人って「痛みを伴って学ぶ」

そんなことが多いかも。

 

ふだんは気にもしない「地球の重力」は

ランニングを始めてから意識するようになりました。

苦しみから解放されるためには

2つの方法しかありません。

 

1)あきらめて歩く

2)より長い距離を走れるように今日を耐えて筋力をつける

 

痛みがあると

ふだんは無意識下にある「存在」や「真理」が顕在化する。

 

「資金難」は、経営の問題点を顕在化する。

「別れ」は、大切な人の存在を顕在化する。

「苦しみ」は、心の存在を顕在化する。

 

あらゆる「苦」には意味が存在する。

 

それは、きっと

ふだんは自分の心の奥底に隠れている

新しい成長に向けた「種」を発見するきっかけ。

 

 

...

 

ぎっくり腰に

むりやり意味を持たせて

痛みを和らげたりして...笑。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会/PLUG IN << 腰の痛みに「意味」を持たせてみたりして...。 >> 「九州」にこだわる理由
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ