ラッキーをつかむ方法/Create Your Own Luck

最近、時々言われます。

「忙しそうですね...」

「どこにいるか分かんないですね」

って。

 

半分くらいは、なんだか心配そうに

「そんなに働いて大丈夫なの...?」っていう感じで

気の毒そうなニュアンスで言われるので

私もあわせてちょっと大変そうな顔をして

「最近、なんだか気忙しくて...」などと

ちょっと大変そうに答えていますが

実はあんまり嫌じゃないんです...(^^;)

 

たしかに、今年に入って

益々ブレーキが壊れて(?)きていて...、

ガンガン動きが加速しています(笑)。

 

仕事における移動距離とか

時間の感覚を超えるって

実は「訓練」なんです。

 

「明日都城で打ち合せを」

「今週中に都内で打ち合せを」

「来週シンガポールで打ち合せを」

 

これをぜんぶ同じ感覚で

”YES”と答えるのは

もちろん大変なことです。

 

でも、いつかは

「そういう仕事のスタイルを手に入れたい」

昔からずっと

そう願いながら前に進んでいます。

 

僕は、自分の仕事のスタイルにおいて

いつか場所の感覚を超越したい。

 

「来週ニューヨークで....」

って言われても、即答で”YES”って言えるような

映画に出るようなカッコいい男になりたい!!

 

いつかね。。。

まあ、夢を見るのは自由ですから(笑)。

 

その為には

一所で足踏みしている暇は無いわけで

可能性を信じて前に進み続けています。

 

訓練は大事ですよ。

 

「運」をつかみたいってみんな言いますが

いざとなったら結構ね、、、

みんな一歩踏み出すことに躊躇するんです。

 

飛び込む勇気と言うか

瞬発力というか。

 

そういうのはみんな、訓練です。

 

スカイダイビングって

初めての時は100%足が竦みますが、

回数を重ねるごとに

何の躊躇も無く高度4000メートルから

中空に飛び込みますよね。

 

新しいことって

必ず「恐怖」が伴います。

 

恐怖を克服する。

それは「訓練」です。

 

こういう生活を続けていると、

自身の”機動性能”があがっていて

ブレーキをかけなくても

自然にエンジンブレーキがかかって

ちょうどいい案配で

コーナーを曲がれるような

そんな「技術」がついてくるものです。

 

いつも考えていることがあります。

 

それは、「ラッキー」なことって

与えられるものではなくて

創りだすものだということ。

 

幸運に恵まれている人って

誰でもまわりに一人はいますよね。 

でも、簡単に「運」をつかんだように見える人ほど

実は誰よりもハードワーカーだったりします。

 

こんなことを言っている事業家もいます。

”I've always worked very,very hard,

and the harder I worked, the luckier I got,"

Alan Bond, 1938〜

 

もちろん、いくら良いエンジンやCPUを積んでいても

車体はメンテナンスしなくては壊れてしまうわけで

時にはメンテナンスの重要性も考えなくては。

 

1970年型ですから、、、

そろそろクラシックです。

 

スピードだけではなくて

別の価値観で勝負しなくては、ね(笑)。

 

We all know people who are naturally lucky,

but the people who make things look easy are often those who  work the hardest.

 

 

 

 

 

ものづくり << ラッキーをつかむ方法/Create Your Own Luck >> クラウドファンディングと九州パンケーキ
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ