この土地でつくったものを。

世界中どこでも、
その土地でつくられたものを食べて
僕らは生きている。

ドイツバイエルンでは
地元で作られた麦、ホップ、酵母
そして土地の水だけでビールをつくり
地元の人々が誇りを持ってそれを祝福する。





土地を守りながら代々引き継がれる
ワインの畑。

地元の牛乳だけをつかってつくられる
ここでしか味わえない極上のチーズ。





旅はいつも
たくさんの可能性を教えてくれる。





地元で産まれた文化。
それを地元のみんなが楽しむ。

土地の文化を守る為に
「食」を生業とするもの達は
人生をかける。

この場所でうまれたもの
それをみんなで祝福する。

秋には収穫祭があり、
みんなで命を祝う。

世界共通の概念だと思うのです。

旅の途中でたくさんの
気づきを頂いて
僕は九州生まれのパンケーキをつくりました。

日本の農業。
九州の素材だけで作りたかった、毎日のおいしさ。



宮崎の街でうまれ、
商店街のイベントや活動を通して
地域を愛する気持ちを育み
そして

「地域に愛されるものを生みだしたい」

そういう気持ちが重なって
この「九州パンケーキ」がうまれた気がします。

いつか、地元/九州で作られた
小麦、米、雑穀だけでつくったパンケーキが
宮崎、そして九州の家庭の定番となり
笑顔の食卓をずっと届けたい。。。

そんな気持ちで
僕たち九州パンケーキのスタッフは
日々の仕事に取り組んでいます。 

この土地でつくったものを
大切にいただく。

九州で生まれ育って地域に生かされている
「食」の仕事に生きる僕たちは、
この土地でつくったものを”伝える”責任がある。

九州パンケーキは
12月20日にシンガポールでも発売をはじめます。

佳い食に国境は、ない。

九州でつくったものを
世界の皆さんに食べて欲しい。

最初の一歩が大きく育って
やがて九州と世界の架け橋となり
この土地で頑張る僕の仲間達とともに
たくさんの笑顔をつくっていきたい。

僕らの旅の中からうまれた
「九州を世界へ」という想いは
どんどんその夢を膨らませていく。

いつの日か
[九州/Kyusyu]はグローバルな地名となる。

九州の和牛、九州の柑橘、九州の稲作。
九州のお酒、九州の調味料。九州の伝統食。

いつか食の宝庫である九州は
「おいしい」の代名詞として
世界にその名前を知られることになる。

そのときに、僕たちは
人生を賭けて小さな橋を架けた者として
笑顔で祝福の乾杯をしたい。。。

いつまでもワクワクしながら
そんな夢を追いかけていたいと思うのです。


  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ