Guest Speaker at 八代講演

八代市中心市街地活性化協議会が主催する「まちづくりセミナー」にゲストスピーカーとしてお招きいただきました。

八代市は熊本県第2の都市で、人口は合併後136,000人ほどです。
歴史ある城下町で、情緒と人情あふれる美しいまち。

商店街のアーケードは740メートルほどですが、やはり空き店舗が目立ちます。

八代アーケード

しかし、鮮魚店や地元スーパーなど生活密着型の風情があります。
また、2月の「ひな祭り」に向けて、こんなかわいいディスプレイも登場していました。
地域や商店街の婦人会の皆さまが手作りで準備し、販売もしているそうです。

ひなかざり

ひなかざり②

アーケードの中心には、こんなイベントステージもできていました。

イベントステージ

空き店舗、とくに後継者不足が深刻。
様々な対策が取られており、新規出店の店舗には、家賃に加えて、内装の補助(イニシャルコスト軽減)も行っています。



講演は、2時間ほど行いました。

約50名ほどの参加者。
皆さん、熱心に聞いて頂き、様々な意見交換を行いました。





八代市も宮崎と同じく、平成19年に第2陣グループとして”中心市街地活性化基本計画”の内閣総理大臣認定を受けています。

宮崎市の計画と決定的に違う部分は、「商店街の売り上げ増加」をはっきりと、中活計画に明記している点。
商店街の売り上げ増加=商業の活性化が、中心市街地の復活・発展には不可欠であると認めている。

これは、当たり前の様ですが、宮崎市には”賑わい”という表現にとどめており、売上に対するコメント(目標)は明記されていません。

八代でも様々な施策が行われておりますが、九州が一つになろうという時代を迎え、このような事例の交流がますます重要となります。
それぞれのまちが持っている成功事例を交換し、良い事例は貪欲に取り込んでいかなくてはなりません。

ところで、新聞をたまたま見たのですが、八代市では「定額給付金」に自治体が2割ほど補助金を上乗せして、商店街で使ってもらえる地域振興券を発券するとのこと。

すごいね!

新聞記事

こんな時代だからこそ、なりふりかまわず、何でも貪欲に活用する姿勢がすこし羨ましいような…。

夕食は、商店街の老舗ラーメン屋さんで。





熊本ラーメンの基本。

とても美味かったです〜♪
Doubt Your Commonplace << Guest Speaker at 八代講演 >> What a cool surprise !
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ