Music,Coffee, and...Sweets♪ 懐かしくて新しい感覚。

18日(水)のオープンに向けて
着々と準備が進行中です。

Side Street cafe

くっきりと浮かび上がるオレンジの壁。
底抜けに明るく、
そして優しい宮崎の太陽をイメージしました。

白い木枠の窓をつけて
勝手口にはアンティックの鉄扉。 

なんだか、
すごくイイカンジです♪



あくまでも
自然体で楽しめるように...。

そんな場所にしたいと思います。

そう、
「僕ら自身が楽しめる」ように
”今の気分”を素直に表現した
そんなメニュー構成。



今夜やってくる大事な恋人を
ワクワクしながらもてなす気分で♪

家族の食卓を飾る、
幸せなテーブル。

そんなイメージです。




僕は、今回の
Side Street Cafeのリニューアルで
自分自身への問いかけをしています。

自分の部屋を作るとしたら
どんな色が素敵だろう?

そもそも、カフェの役割って何?

ふと時間が出来た時に
立ち寄る場所でありたい。

秋のひだまり、
公園のベンチの心地よさ。

みんなにとっての
いつもの場所になりたい。

イメージは
果てしなく膨らみます。。。

僕が座っていて
いつものお客様がいて

友人も集まって

日が暮れたら
ドアを閉める。

貸切の
パーティプレイス。

シャンパンを抜いて
ゆるやかな音楽が流れる
自分たちだけの空間。

書斎であり
オフィスであり
リビングでもある。

COFFEEと
至高のパンケーキ♪

笑顔ほころぶ
フルーツパフェ。

腕によりをかけた
手づくりのフレンチトースト。

卵たっぷりの
カスタードプリン。

ジャズ。

ボブマーレー。

想い出がよみがえる
クラシックロック。

自然派のワイン。

ソファと
キャンドル。

まるで僕が青春時代を過ごした
コロラドの田舎町にあるような素朴な空間。

カリフォルニアのビーチサイドにあるような
Hawaiiのダウンタウンにあるような
心がとけていくような、
時間がゆったりと流れる場所。

Good Music, Great Coffee
and Sweets...♪




ベビーカーも
車椅子も
みんなに優しいバリアフリーの床。

ペパーミントグリーンの壁。

1930年代
古き良き時代のイギリスから取り寄せた
アンティックのドア。

そのドアを開くと
香ばしいコーヒーと
甘いスウィーツが焼ける
誘惑の香り。

だれもが集う
路地裏の空間。

宮崎ローカルが
街のみんなが
自然にあつまる場所。

宮崎の果物でつくったジャム。
ここにしかないハチミツ。
自家製のレモネード。

手づくりのシロップと
ふわふわのかき氷。

地元の牛乳でつくったチーズ。
発酵バター。

などなど。。。

すごくイメージが膨らみますが
どれを選択するということではないんです。

思ったことを
そのまま全部、
素直に取り入れよう。

自分のスタンダードが
そのまま時代の空気感になる
そんな感覚を味わいたい。

なんだかちょっと忘れていた感覚
それは、

自分が毎日行きたい。
そんな場所を作るということ。

もうお手本はいらない。
僕らが時代を創っていこう。

最高の贅沢であり
最上のモチベーションですね!!

9/18 11:00 am
Renewal Open

ここから
なにかが始まる予感がします。

Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki






前向きな失敗学 << Music,Coffee, and...Sweets♪ 懐かしくて新しい感覚。 >> 九州パンケーキとTPP
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ