TOKYO 2020/オリンピックがやってくる本当の価値ってなんだろう。。。?

TOKYO オリンピック 2020
決定しましたね〜!!

経済波及効果は3兆円。
15万人以上の雇用が生まれ、
民間では最大150億円と言われている様です。

日本経済新聞/関連記事



嬉しいニュースの一方で...

私個人的には、
今回の招致活動には
なんだかずーっと
「違和感」をもっていました。

東京と
それ以外の地域。

まるで別の国の様。。。

TOKYOという
もうひとつの
カタカナのニッポンがある。

そんな感覚です。

45億ドル(4500億円)の直接投資計画。
膨らむ皮算用の経済効果。。。

「まちづくり」とか「商店街」とか
なんだか塵(ちり)のように感じてしまうね。

歩道にベンチ一つ置けない
規制だらけの地方都市。

電柱一本動かすのに
何度も役場に陳情して
何年ももかかってしまう田舎の実情。

老朽化したビルとアーケード。
空き店舗だらけの「かつての繁華街」

消えていく地方の活気。。。

でも、TOKYOは
これからわずか7年間で
都心に”宇宙船”さえも出現させてしまう。



TOKYOから僅か数時間の距離にある
福島のみなさんはどのように感じているのだろう。

ここ数ヶ月の「原発汚染水」の問題は
関係国によるネガティブキャンペーンだという。

最終プレゼンテーションでは、
『福島は完全にコントロールされている』という
笑顔の安倍首相の言葉を聞いた。

「汚染水の問題は“誤解”である」

そうですか?
信じてもいいのですね(苦笑)???

「こんなことでみんなの夢が消えてはいけない」

汚染水問題を”こんなこと”と談ずる言葉感覚にも
私は違和感を感じるのです。

なにはともあれ...

招致活動は大成功!!!
TOKYOの新しいスタート。

まるで”日本の夜明け”のごとく
TVニュースも、新聞も、ネットも、
笑顔と歓喜の一日になるのでしょう。

なんだか自分自身も
7年後の姿がリアルに感じられます。

7年後、、、

自分の姿はどうあろうか?
何をしているか?

この街はどうなっているのだろう?

そうだ!!
新しく想像してみよう。

7年後、2020年を想像して
新しい夢と目標をたてて
それを7年間追いかけてみよう。

2020年。
TOKYOに寄りかからない地方のありかた。

それぞれの2020年。

ひとり一人が
やがてやってくる近未来を身近に感じて
自分の可能性を描く。。。

国民ひとり一人が
明日を感じるキッカケ。

それが、オリンピックがやってくる
「本当の価値」なのかもしれませんね。

Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki








Side Street Cafe / サイストのオープン日時が決定♪そして、あの伝説(笑)の笑顔の料理人が復帰予定!! << TOKYO 2020/オリンピックがやってくる本当の価値ってなんだろう。。。? >> 前向きな失敗学
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ