Facebook Addict

最近、ものを見る目線がおかしくなっている。

美しい風景もFacebookで共有するイメージで
iPhoneで切り取ってしまう。

誰かと会えば、笑顔の記念写真を撮って
自己の繋がりをメディアの向こう側の「友達」に伝える。

いつのまにか、Facebookで共有する為のネタを
ふと考えていたりする。

五感で感じるべき感動が
箱の中のツールに支配される。

摂取していないと精神が落ち着かない
常習性のある物質。

そんなものを感じる。

伝える手段が安易になる程に
幼稚性が増す。

顔の無い「友達」の誘いも増えてきて
ちょっとFacebookが不気味に感じてきた。

まあ、大げさだけどね(笑)。

こんなことを考えている時点で
どんだけヒマなんだか...。

覗き見的な好奇心。
日記代わりの見聞録。

そのくらいがちょうどいいね。

無条件に押し付けられる
誰かの日常に苛立つ。

だれが何を食べているとか
まったく興味が無い。

僕は、そこまでソーシャルな人間ではないし

僕が何をしているとか
誰と会っているとか...
そもそもみんなは興味ある(笑)?

だから、仕事の連絡以外は
少しFacebookから離れます。
(メールは見ますよ?)

いい歳してFacebook中毒とか
かっこわるいので(笑)

ちょいと自己治療(?)して、
そのうちに飄々と戻ってきます。



  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ