H7N9/パンデミックリスクはあるのか?

新型ウィルスのパンデミックリスクは、
もはやSF小説の世界では、ない。

中国で発生した新型の鳥インフルエンザ(=H7N9)が
じわりと不穏な広がりを見せている。

かつて「鳥→鳥」の感染から、
次の”進化”が懸念されていた「鳥→ヒト」タイプがH7N9であるという。

上記の図式は、やがて”次の進化”のプロセスとして
その変異ウィルスが「ヒト→ヒト」への直接感染が懸念されている。

いったん「ヒト→ヒト」の感染が確認されれば
それは人類が誰も免疫を持たない新型であるから
確たる治療法も無く、一気に世界感染へのリスクが高まる。



以下、NHKニュースより

中国でこれまで少なくとも2人が死亡し、5人が重体になっている、鳥インフルエンザの「H7N9型」のウイルスは、遺伝子の一部がヒトに感染しやすく変異していることが、国立感染症研究所の分析で分かりました。

専門家は「ヒトからヒトへの感染が起きていないか、注意深く監視する必要がある」と指摘しています。

国立感染症研究所は、中国当局から、ヒトへの感染が相次いで明らかになったH7N9型の鳥インフルエンザウイルスの遺伝情報の提供を受け、遺伝子の配列などを詳しく分析しました。
分析したのは、はじめに感染が確認された上海市の男性2人と安徽省の女性1人から分離されたウイルスの情報で、いずれも、ウイルスの増えやすさを決める特定の遺伝子が、ヒトの細胞の表面に感染しやすく変異していました。
このうち、上海市の一方のウイルスと安徽省のウイルスは変異した遺伝子の配列が一致していたということで、広い範囲で感染が広がっているおそれがあると指摘されています。
分析にあたった、国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの田代眞人センター長は、「H7型のウイルスは通常、毒性はそれほど強くないとされるが、免疫のある人はほとんどいないため、感染すると重症化するおそれがある。ウイルスがヒトに感染しやすくなっていることは間違いなく、ヒトからヒトへの感染が起きていないか、注意深く監視する必要がある」と指摘しています。

***********************

新型ウィルスのパンデミックリスクが
世界中で議論されはじめて久しい。

近未来、、、
必ずやってくるといわれる進化型ウィルスの世界的脅威。

水際で食い止めることができるのか?
人類とウィルスとの知恵競べである。

アメリカ/米疾病CDCでは
既に「H7N9」ワクチンの開発に着手したという...。

【ワシントン=共同】中国での鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の人への感染例を受け、米疾病対策センター(CDC)は2日、今後必要になる可能性があるワクチン開発に向けた準備を始めたと発表した。

CDCは、世界保健機関(WHO)や中国の保健当局と緊密に連携しながら、ワクチン製造に必要なウイルス株を培養するため情報収集していると説明。また、研究者向けデータベースで公開されたウイルスの遺伝子データをもとに、人への感染力の強さや病原性の程度を評価し、既存のインフルエンザ検査法が有効かどうかも調べる。

中国では感染の拡大を受け、人から人への感染が起きる懸念が高まっているが、CDCは「現時点で事態の深刻さについて臆測するのは早すぎる」と慎重な姿勢を示した。

***********************************

2009年4月に世界でパンデミックした
新型インフルエンザ「H1N1」は記憶に新しい。
あっという間に世界200カ国に広がり、
把握しているだけで18,000人以上もの人が亡くなった。

Wiki http://ja.wikipedia.org/wiki/H5N1亜型

鳥インフルエンザ「H5N1」
宮崎に住む我々にとっては、
ショッキングかつ悲劇的なあの日々の記憶が鮮明によみがえる。

今回の新型鳥インフルエンザ「H7N9」

人類の英知を集結し、
絶対にその感染拡大を許してはならない。

いたずらに不安を煽ることは必要ないが
今一度、我々にできること(消毒の徹底など)を総点検して
備えることの緊張感は必要だと思う。

※上記、あくまでも素人である私個人の見解です。

Find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki


新年度。 << H7N9/パンデミックリスクはあるのか? >> 「よい店」って?
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ