30年目の歓喜!!諦めない想い。

きっと県民の半分は、
鵬翔高校の松崎博美監督に感情移入して
歓喜の瞬間に、涙した。

ちょうど1年前の、1月8日...
長男の康博さんが34歳の若さで急逝した。

天国の息子へ捧げる国立への切符。

そして、そんな監督の気持ちを知りつつ
最高の結果で恩返しをした鵬翔イレブン。

指導者となって30年。
県民ならば、だれもが知る名物先生。
1回戦、2回戦と0?0からのPK戦で勝ち上がり、
監督はそれを「神がかり的」と評した。「神がかりという言葉を何回も使わせていただいたけど、そういう思いがずっとあった」。
万感の思いがこみ上げてきた。

そして迎えた決勝戦。

松崎先生の戦いと
生徒達のがんばりに心打たれて
宮崎県民の心が、一つになった。


死力を尽くして戦う、両校の選手達。
90分では決着がつかずに、延長戦へ...。

テレビに監督の表情が映るたびに
心中に想いを重ねて
胸が熱くなる。

結果は「引き分け」。
高校サッカーの歴史に残る死闘を演じた両校の選手達。
”両校とも優勝”だとだれもが思う。

心に残る名勝負も、
しかし決着は必要である。

最後のPK。
張りつめる緊張感。

じっと優しいまなざしで
ピッチを見つめる松崎監督。

きっと、息子さんの姿を愛する教え子達に重ねて
「最後のひとおし...」を天に祈り
そして、その瞬間迎える...。

歓喜!!!!!

”家族そろって”
夢をかなえた30年目の春。

<松崎先生の試合後のインタビュー>
”もう最高です...。
30年楽しませてもらって、最後にサッカーやってきてよかったと思っています。
(PKは)気持ちが強かったと思っています。
気持ちの強さと諦めない思い。最高のお年玉です。
みんなで勝ち取った勝利、(宮崎サッカーの)大きな扉を開いて、
本当に強くなったと思います”


心から祝福申し上げます。
本当におめでとうございました!!!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
Facebook.com/ippeichan

Thanks!!

心に、火がついた。 << 30年目の歓喜!!諦めない想い。 >> 3月...感謝の1ヶ月にしよう。
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ