クリエイティブであるということ。

リーダーは常に孤独である。

いつの間にか”一人でいること”が居心地が良い...。

そう感じられる様になって
初めて一人前である。

特に異端児であろうと意識したことは無い。
だが、新しいことを考え実行するプロセスは
いつも孤独でもある。

時代は、”独創的”なアイデアや物事(イベント)を求める。
成長の無い閉塞的な社会は、常に刺激を欲する。

果たして我々はどうだろうか?
先頭に立って、そんな閉塞感を打ち破る
新しい概念を実行できているか?

「独創的思考」=「クリエイティブ」

それは、これまでの社会に全く存在しない概念を産みだす
「創造力」と「突破力(=行動力)」のバランスである。

「クリエイティブは、事前許可なしに生まれる。」

何かの行動を起こすときには事前許可を得る。
ある意味では権威に対するリスペクトであり
また、ある意味では責任転嫁でもある。

事前許可を求めない者を「異端」と呼んで”弾く”社会。
そんな中で、いつのまにか牙を折られ、
気づかない間に自由な発想の羽を捥がれてゆく...。

クリエイティブな人間は果たして
「事前許可」を好むであろうか?

クリエイティブ(=創造的)であろうとする者は
自ら問題を発見し、新しい使命感をもって「行動」する。

つまり、自らが「責任」を負うということ。
「責任」とは「覚悟」でもある。

「覚悟」を持った人間に、
”誰かの許可”は必要無いのである。

Innovation without permission
まずはイノベーションありきで発想せよ!!

小さな組織であるが、
私もトップに立つ者の”端くれ”である。

いつも心に強く思うことがある。

誰かの「許可」に頼っていては、
革新的な物事(事業/イベント)は完成しない。

そんな安っぽい”安心の場所”を求めはしない。

信念を貫く心の強さを、
孤独を愛する感性を身につけよう。

常に「クリエイティブ」であれ!!
何人も我々を縛ることはできない。

『最後の一人になってでも必ずやり遂げる』
そういう強い心、覚悟を!!

自分の”使命”を信じる。
自分の信じる者達と、信念を持って生きる。

心強く、前に進む。

結果こそが唯一の”癒し”である。
安らぎの場所は、きっと恐怖と不安の向こう側にある。




Follow me on Twtter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!!


<参考文献>
by John Kim 著作/媚びない人生


  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ