バカの壁

今日は大きなイベントがありましたが、なかなか自分自身は
スタッフとして関わることはできなくなりました。
引き継いで頑張ってくれている後輩達や仲間達を見ると
本当に頼もしく嬉しくなります。
街を元気にする為に戦うたくさんの”お陰さま”を、
決して忘れてはいけません。
関係者の皆様全員に、心からの感謝と尊敬を贈ります!!

反面、時には”熱気の輪”の中に自分が立っていないことに
少しの寂しさと、申し訳ない気持ちを感じることもあります。
スタッフも新旧交代しながら、新陳代謝を繰り返し
そして理念も熟成されている『宮崎国際ストリート音楽祭』は、
今年も素晴らしい風景に心が震える想いでした。

宮崎国際ストリート音楽祭2012

こんな日に街にでると、久しぶりの方々にたくさん会います。
近況を含め色んなことを聞かれますが、
全てには答えられない様々な事情もあります。
時には、全く事実と違う湾曲されたウワサ話や、
あまりありがたく無い”げなげな話”の数々が耳に入ります。
心揺れないよう振る舞い笑顔で答えますが、
私も人間ですから腹が立ったり、泣きたくなったり...
まだまだ修行が足りませんね(^^;)

この土地で生きて行く為のローカルルールも理解していますし、
「気配りが足りない」ときがあることも自覚しています。
私は、時に集中して何かを成そうとしている局面では、
周りが見えなくなっているように見えるかもしれません。

プロジェクトには様々な段階があり、
”誤解”を含めた全ての「他人の意見」を、
ときには「あえて聞かない」で進んでいく局面も必要です。
プロジェクトに影響を与える余計な雑念をインプットしない為には
”話さないこと”が一番の方法だったりします。
「説明したくてもできない、会って話したくても会えない...」
そんな内面の事情すらも説明する必要が無い程に、
突っ走らなくてはならない時期があります。

事業が大きければ大きい程に、断続的に”決断の瞬間”がやってきます。
誰かの(プロジェクトの事情を知らない)意見を聞き入れて、
自分自身の信念、決断に揺らぎが生まれたならば、
それが不安や恐怖に結びつくことがあります。
リーダーの不安や恐怖は、いつのまにかチームに伝染し、
成果の達成に大きく結びつく。
だから、周りに「あえて気配りをしない」ことも大事なのです...。

友人や仲間、大切な人々にはたくさん迷惑をかけます。
それは全て成果をもって答えを出す為です。
成果こそが、地域や人を幸せにするという信念をもっているからこそ
”自分勝手”なワガママを貫けるのです。
安心して甘えられる存在も必要なのです。

内面には弱い自分がいても、折れずに心を支えているものは
自らが選択して信じたチームやプロジェクトへの、揺るぎない信頼。
そして何よりも自分自身へのエフィカシー(信じる心)です。

信じる心=強い志(こころざし)無くしては、大義は通りません。
その為には、いくらでも馬鹿になろうと思います。
闇は夜明け前が一番深いもの。
事を成す為には「孤独」もまた越えなくてはならない壁です。

愚痴らず腐らず、いつも笑顔で、自分を信じて前へ進む。
どんなときにも歩みは決してやめない。
強くありたい、強くなりたい!!
これは昔からずーっと変わらない、
”弱い”自分自身への願いです(^^)

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ