通りを造る(創る)という実験

少なくとも私が記憶している限り
宮崎市街地には、「新しい通り」が誕生していない。

概念ではなくて物理的(リアル)な話です。

もちろん、駅前商店街はアーケード撤去を撤去し
“アミーロード”と名称を変えましたし、
それぞれの商店街は
様々な形で発展/変化を遂げてきました。

リノベーションは時代に合わせて繰り返されているものの
変化が“ゆるく”、マーケット=お客さまには
“ワクワクする興奮”が伝わっていない。

イノベーション的な意味合いを伴った
“全く新しいストリート(通り)”を
我々は産みだしていない。

通りを造る(創る)という実験。

それを100%民間の活力/資本でやってしまうという
本番一発勝負の壮大な試み(笑)を進めています。

破綻した旧寿屋のイメージをもって
マーケットはカリーノ宮崎を見ていない。
10年間をかけてリノベーションを繰り返し
新しい商業/オフィスの集積ビルとしての成功を収めました。

彼らが挑戦しようとしている新しい挑戦こそが
「裏カリーノプロジェクト」であり
新しいストリートを産みだそうという壮大な実験なのです。

私も、このプロジェクトに賛同し
自らも新しい概念/資本を投資することで参加を決めました。

11月11日には、いよいよ「裏カリーノプロジェクト第2弾」となる
ドイツレストランがオープンします!!

※下に公開するのはイメージです。 
詳細は後日プレスリリース致します。

 

「“新しいこと”を稚拙に始めれば、“これまでのもの”が崩れる」
という話はよく耳にします。

事業を進めるにあたっても
そんな「変化を好まない潜在意識」は作用します。

私自身も“ふっ”と怖くなるときがあり
それは経営者には避けて通れない「闇の瞬間」です。

実は、この恐怖の瞬間の中にこそ
成長の種が隠れています。

熱くたぎる心とは裏腹に、頭を冷静(クール)にして
自らを見つめ直し、瞬間の“判断”を下していく。

そんなときに支えとなる判断の礎...。
”勇気”をもって正しい解に導いてくれるのは
これまで培った経験であり、
そして、絶対の信頼を寄せる仲間の存在です。

 

地域活動/街づくりにも同じような
心理のメカニズム(?)が存在しているような気がします。

アーケードの中に、更にマーケットを創る
全く新しい発想の“街市”に対しては
「街づくりのつもりで、それは“街壊し”ではないか…」
そう言われたこともあります。

新しいものを産みだそうとするときに
“変化を好まない意思”が働くのは
至極自然なことだろうと理解しています。

そういう方々から見れば、“余計な変化”は
既存の商店街や店舗の活力を奪う
“仮想敵”として最適だからでしょう。

そんな不理解や誤解を伴った感情は
ときに仲間でさえも簡単に“敵”に変えてしまう。
悲しい結果を生むことがあります。

私は「全く逆」だと確信しています。

新しいムーブメントが生まれる場所(エリア)は
独自のエネルギーを発し始めて
それがやがて大きな“うねり”となって
街全体を包み込んでいくようなイメージを描いています。

商店街にも、“動きのスピード”と“意思のチカラ”が必要。
常に未来志向の“情熱”をマーケットに対して発信し
それが明確なカタチとして伝わらなければならない。

情報が見える時代となり、
これだけのスピードで時代が“変化”していく中では
動きの見えない場所は取り残されていく…。

動き(変化)のない場所の中にいると
自分だけ時間(とき)が止まった感覚になります。
ただ永遠の繁栄を妄信し、止まった時間に生きる者は
猛烈な外の変化を許容しない。

『主体の変化(捉え方)で一瞬は永遠になり
永遠は一瞬となる。』

商店街相対性理論と名付けようかな(^^;)?

「昔ながらの商店街を取り戻したい」
そういう話も耳にします。

時代のプレイヤーは確実に移り変わっていて
その“変化”に対応/順応できない者は
残念ながら“進化”に取り残されていきます。

“過ぎ去ったときを取り戻す”ことは不可能です。

しかし新しい概念で産まれた新しい変化を許容すれば
“昔のような賑わい”を取り戻すことは出来ます。

我々が生きる現代のマーケットは、
仮想空間まで広がる厳しい競争世界にさらされている。
残念ながら…中心市街地だけが例外ではあり得ない。
競争を避けて、「ここだけは“保護”してくれ」と叫んでも
誰も助けてくれない。

生き残る為には、
“進化”することが絶対条件なのです。

 

昨日「神武さん」が行われました。

「神武さんは衰退した…。」

そう嘆く“動かない者”たちの陰で
戦う者達が様々な努力を怠り無く続け
とうとう賑わいは復活しました!!






色んな意見はあろうとも
私はこの瞬間の賑わいを
皆の力の結集で創りだせたことに
心からの誇りを感じています。

関係者各位の努力と情念に対して
心からの尊敬と敬意を感じています。

一瞬の賑わいであろうとも
そこに存在するお客様(来街者)が「何を感じたか」
それが全ての答えであると信じる。

一瞬の繋がり(=連続)が起点となって、
永遠の広がりを産みだすのです。

批判、批評を繰り返すだけの“偉い人たち”から
いつの時代も「戦うもの達」は嘲笑される。

できるものならやってみろ!!

そんな冷たい視線を乗り越えて
決して拗ねること無く、
絶対にあきらめること無く
いつも素直な笑顔で突き進んでいく。

そんな素敵な仲間(プレイヤー)達が
宮崎の街を支えています。

歴史が繰り返し
やがてまた、新しい概念が産まれたとき
この宮崎中心市街地は必ず生まれ変わります。

次の世代に繋ぐこと。

今の市街地(まち)は疲弊している。
体力を無くしたランナーは
出来るだけ早いタイミングで
次のランナーにバトンを渡さなくてはならない。

街を愛し、ここに生きる者は
自分が“つなぎ目のランナー”たることを自覚して
渡されたバトンに心からの敬意を払いながら
そのバトンを決して離さぬようにギュッと握りながら
その瞬間を全力で走り抜けよう。
余力を残さずに、心(情念)を残さずに
全幅の信頼を持って
次にきっちりとバトンを渡す…。

脚光を浴びる本番のフィールドは“一瞬”ですが
一瞬の積み重ねを信じれば
必ず報われるときもやってきます。


人が集い、語り合い、共感しあうことのできる場所…。
そんな“場”を創ることが私の使命であることに
そしてそれを仕事にして地域に還元できることに
心からの喜びを感じています。

自らの新しい挑戦は、情熱の全てをかけた
オール宮崎の情熱で創られていきます。

今の一瞬が、単に昨日からの連続ではなく
明日から続く道の途中であること。

街(まち)からは感じることが多すぎて
毎日が学びの日々…。

只ただ、感謝の日々です。

仲間とともに
心強く、前へ!!

Follow on Twitter
@ippeichan
Find un on Facebook
CORNER_Miyazaki

Thanks!!

  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ