「生きる」ということ

私のつたない人生経験では
おおよそ想像のつかなかった
破壊的な風景がそこには広がる。

言葉が出てこない。

表現が見つからない…。



恐怖を通り越して
現実感さえも消失する…。



帰ってこない、
あの日の風景。



自然の前では
あまりにも無力な存在。



そんな中で、希望のともしびを
絶やすことなくしっかりと守り続ける
地域の皆さん。

3ヶ月半の辛い毎日を通り抜けて
辿り着いた”祭り”の日…。

渡波元気祭



主催は、震災以来
この地で復興支援を続けている
災害支援ボランティア「NPO法人オンザロード



沢山の避難住民が暮らす
渡波小学校のグラウンド。

横須賀の小泉進次郎さん達のボランティアチームと共に
祭り運営に参加させていただきました。



祈りを超えた
祭り太鼓の、鼓動!!



人生には、”祭り”が必要なんだ。

笑顔が必要なんだ。

瓦礫で作った復興神輿は
港町の復興を願い、
屋根にはホタテの貝殻を。



たくさんの、願い。



笑顔の溢れる街を…。

もう一度創りあげよう!




力を合わせれば
きっとできる!!



賑わいと笑顔あふれる
街の復興を!!



今日の”鼓動”を、決して忘れない。

人の生きるこの場所。

思い出は、
消えないることは無い。

力をあわせて
もう一度…。

前に進もう!!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!!










  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ