通過点…。

先週誕生日を迎え、
41歳になった。

節目というよりは
通過点。

40歳最後の数日間は
何かに追われるような苦しみを味わい
そして駆け抜けた。

41歳の“点”を通過して、
45歳に向けての
次の節目へ進んでいく。

時々、何か、心が“ざわついて”
自分はいったいどこに向かおうとしているのかな…って
不思議な感覚になることがある。

みんな、そうなのかな?
そういう時が、あるのかな?

なんだか落ち着かない気分になり
”不安”と”希望”が交互にやってきて
心の中で格闘をしている。

もちろん、明確な目標や
その為のビジョンは、ある。

日々の充実感が無い(?)わけではない。

45歳を一つの区切りにしているので
その時の自分の姿は
はっきりとイメージできている。

高い理想を掲げれば
それに向かって行く道程で
自然に素晴らしい人と出会い
繋がり…
そして世界が広がっていく感覚が
面白い。

でも、ふと理想と現実の“ギャップ”を感じて
立ち止まり、そして戸惑うことがある。

立ち止まった瞬間の
”心の隙間”を狙ってやってくる
あのざらついた感覚がキライだ。

理想は高く掲げる。

その場所は、私の中では既に
「たどり着いて当たり前」の世界…。

理想が高いほどに
現実(今)との乖離があるわけで…
その乖離した空間に入り込んでくる
わけのわからない物体(ヤツ)。

そいつがやってくるときの
心の”居心地の悪さ”に戸惑う。

人はきっと、そういう不安定な心を抱えては
生きていけないのだろう。

心の「居心地の悪さ」を解決するための
選択は2つ…。

現実に「慣れる」か?
理想に向けて「進む」か?

私は自分が決めた未来に向けて
我武者羅に進んで行こうと思う。

絶対に”慣れ”は選ばない。

私なりの理想にたどり着いたら、
その場所がまた”現実”となり、
もっともっと高い世界が見えるのだろう。

何時までも理想を求めて
走り続ける。

終わりのない旅…。

でも、それが”成長”というもの。

留まらず、進もう。

歩みをやめなければ
必ず未来に辿り着く。

何人たりとも私の心には触れられない。
誰も、自分の理想を曲げることはできない。

自分の未来は自分が創る!

Your future is the way you making.
So think great thoughts.

私が愛し、信頼する仲間たちと共に
この1年間も進んでいこう。

昨日よりも
少しでも成長した自分でいよう。

繰り返しの日々に、
意味を持たせる。

それは自分自身だけができること。

一歩でも…前へ!


Spring day has come in Miyazaki!!

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!


  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ