モヤモヤの正体?

なんだかモヤモヤとした
違和感がある。

政治家の”先生”と話をすると
決まって感じる
このモヤモヤの正体は
何なんだろう?

昨日、ある若手政治家と
立ち話をしていたときに
彼が言ったセルフ。

「いろんなタイミングで
めぐりあわせや
運も必要なのが政治ですから…」

「政治も情勢によって変わってくる」

…ふむ。

モヤモヤの正体が
何となくわかったよ。

彼らのいう”政治”とは
「選挙」「投票」のことをさすんだね。

そもそもの
言葉の意味が
我々と違う。

この若手“先生”は
選挙での当落に関わる
「人間関係や周辺情勢」を
”政治”と呼ぶ。

人間関係や役所との
「パワーバランス」を
”政治”という。

さっきのセルフの中で
”政治”と言う言葉と
”選挙”という言葉を
入れ変えたら分かりやすい。

「いろんなタイミングで
めぐりあわせや
運も必要なのが”選挙”ですから…」

「”選挙”も情勢によって変わってくる」

なるほど。

我々一般の民衆とは
“政治”という言葉の使い方が
そもそも違うんだな。

我々は
政治という言葉に
「地域社会を良くするための行動そのもの」
を期待しているのではないか?

すなわち
「政治が世の中を変える」
という言葉の意味を訳すれば

①政治家の先生は
=選挙によって誰を通すかで世の中が変わる。
だから、私を(もしくは政党を)選んでください。

という意味になり

②民衆は
=政治家がリーダーシップを持って
率先して物事に取り組み
”行動する”ことを求める。

我々にとって、
すなわち政治とは
政治家の”実行行動”
そのものをさす。

良い政治とは
リーダーシップをもって行動する
そんな政治家の姿がくれる
勇気と安心感そのもの。

パワーゲームのプレイヤーを
求めているわけではない。

先ほどの若手政治家は
こうも言った。

「結局、今の政治が頼りないから
なかなか予算もまわらず
地方は良くならない。
鳥インフルの不安や火山の噴火でも
本来は政府がまず生活保障のための
地域予算をどーんと示すべきだ。」

違和感、モヤモヤ…。

政治って
”あなたそのもの”
ではないのか?

それならば

「私自身がまだまだ実力不足だから
こんな宮崎のピンチに
皆さんを不安にしている。
宮崎復興の為の予算は
何も心配しなくてもいいから
皆さんは自身の安全と生活を
しっかりと守ってください。
私達政治家が、
自身の責任で必ず立て直します。」

こういうべきではないのか?

政治とは何なのか?

政治=選挙??

だから
地域は良くならないのではないか?

政治=選挙だから
”先生”が変わるたびに
コロコロと指針が変わり
我々は不安なのではないか?

会うたびに自身の選挙の話しかしない
そんな彼に少し疲れてきた。

宮崎は未曽有の災害の最中にある。
こんな有事の際に、
選挙なんかどうでもいい。

「政治家として
我為すべきは
地域の安全と生活を守ること。」

そう言って
先頭に立って走ってくれる…。

そんな姿を
有権者は期待している。

理想論ばかり語っても仕方ない?

そうは言っても、まずは
当選しなくては何もならない?

いやいや…

自分自身の当落よりも
地域のことを優先する
そんな頼もしい勢を見て
我々は”信任”するんじゃないか?

四六時中も
”公人であれ”とは言わない。

でもね
有事の際はせめて
先頭に立って
地域の事情を優先して
リーダーシップを持って
走ってくれる…、

こんなときくらいは
24時間動き続けるくらいの
熱意と情熱で
我々を安心させてくれる、

そんな姿を見て
私達市民は安心するのだよ。

運やタイミングのめぐりあわせで
我々の生活が変わっては
たまったもんじゃない。

そんなもんが”政治”では
安心して生きていけないじゃないか!

う〜ん・・・。

なんだか
モヤモヤがとれない…。

生意気でスイマセン。

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ