メロディ

歌のチカラって凄い。

駐車場に止めた車の
カーテレビから流れる
美しいメロディイに
心を奪われる・・・。

福山雅治さんが
ギターを抱いて
熱くうたう「桜坂」

♪ 君よ ずっと幸せに 風にそっと歌うよ
  愛は今も 愛のままで

  揺れる木漏れ日 薫る桜坂
  悲しみに似た 薄紅色

  君がいた  恋をしていた
  君じゃなきゃダメなのに 
  ひとつになれず…

  愛と知っていたのに 
  春はやってくるのに
  夢は今も 夢のままで

  頬にくちづけ 染まる桜坂
  抱きしめたい気持ちで 
  いっぱいだった

  この街で ずっとふたりで
  無邪気にすぎた約束 
  涙に変わる…

  愛と知っていたのに
  花はそっと咲くのに
  君は今も 君のままで

  逢えないけど
  季節は変わるけど
  愛しき人

  君だけが わかってくれた
  憧れを追いかけて
  僕は生きるよ

  愛と知っていたのに
  春はやってくるのに
  夢は今も 夢のままで

  君よ ずっと幸せに
  風にそっと歌うよ
  愛は今も 愛のままで ♪

メロディの中で
自分の中にいる、
何かがはじける…。

心が熱くなり
溶けだしていく。

いつもの立体駐車場の屋上。

車のエンジンを切って
余韻に浸りながら外に出る。

キンと澄み渡った冬の夜空。
暗闇に身を投げ出し
空を眺めた瞬間に…
10年前にタイムトリップする。

”ふーっ”と
ため息一つ。

目の前に
10年前の自分が現れる。

未来が見えず
毎日、毎日悩みながら
苦しみながら
それでも前だけを見据えて
理想の自分の姿を求めて
歯を食いしばって
懸命に生きていた

そんな毎日が甦る。

10年前の自分と
夜空の下で
じっと向き合う。

俺自身が尋ねる。
問いかけてくる…。

”俺は俺らしく
憧れを追いかけて
生きているか?
憧れの自分に
近づけているか?”

清々しい冬の夜。
キンと冷えた空気の中を
歩きだす。

熱くこみあげてくる”想い”を胸に
エレベーターのボタンを押す。



二人の自分を乗せたゴンドラは
静かに下りて行って
地上の扉が開く。

扉から降りるのは
2010年の
”今に生きる”自分だけ。

清々しい気分で
明るい街の中へ
胸を張って歩いていく。

過去に拘ることなく
未来に生きる。

ただひたすらに
前へ進んでいこう!

感謝。

*******************

”大風呂敷を広げ
たたむためにがむしゃらになって頑張る。
口にした以上、もうヤケクソよ。
見てろよ、
絶対に風呂敷たたんでやる!”

by 矢沢永吉

********************

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!






  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ