外からの目線を磨く

地方都市に住みながら
成功する秘訣を教えなさい
…て言われたら
私的には
”外からの目線を徹底的に磨くこと”が
そのひとつではないかと思っています。

地方では
人間関係も含めた概念としての
物理世界が”閉じて”いて
その閉じられた空間の中で物事が決定されていく。
マーケットは目指す規模によって
もちろん有限ではあるものの
数億円以下程度の小規模であれば
どんな分野であろうとも
新参者にもチャンスはある。
しかし、いつの間にか
”地方では難しい”という
概念の声に支配され
閉じられた世界に埋没していく。

そんな時は
外からの目線を徹底的に磨くといい。

真に新しいものは
すなわち「現在の概念」には
存在しないものであるから
いつもスタートにおいては
異端と好奇の目で見られるものだ。

特に、他に”比較するモノ”の薄い
地方都市においては
斬新過ぎるアイデアや手法や
ビジネスモデルは
受け入れられるのに時間がかかる。

しかし一方、視点をあげてみれば
それは既に大都市では当たり前の感性であり
世界では日常の風景であったりする。

たとえば、
宮崎では斬新な店舗が
福岡や東京では
普通のサービスだったりする…ってこと。

クリエイティブな領域においては
地方(宮崎)だけで通用する
技術や感性はどうでもいい。
”日本”で通用する目線、
”世界”で通用する技術、
そして感性を
徹底的に鍛えることが重要であり
それをもって
地方(宮崎)というマーケットに
エッジの効いた感覚で勝負を挑む。

早すぎるということは、決してない。
田舎だから難しい…ということは、
絶対に存在しない。

もちろん
「新しいこと」が「今の概念に存在しない」
世界観であったとするならば
それは丁寧に
丁寧すぎるほどに
マーケットに説明する必要がある。

「私の世界観を分からない消費者が悪い」
などという、くだらないエゴは
アートの世界はともかくも
もちろんビジネスの世界では通用しない。

外からの目線を磨くこと。

外の世界でも通用する技術、
感性を身につけること。

「東京でも通用しますね」
なんて言葉は
私には褒め言葉でも何でもない。
そんな田舎者を見下した
上から目線の評価は欲しくない。

あくまでも
日本基準、アジア基準、世界基準の
クリエイティブな感性を身につけ、
わが故郷である宮崎で表現する。

”地元の誇り”と思っていただけるような
そんな貢献を成して初めて
素直に評価を受け入れたい。

宮崎にいながらも
世界に勝負できる事を証明しよう。

評価は後から付いてくる。

「毎日が、スタートライン」の心持で
今日も前へ!!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ