太鼓の響き、人生のリズム

一度鳴り始めたら
曲が終わるまで決して
流れを止めることはできない。

たとえ未熟であろうが
かっこ悪かろうが
自分自身の稽古不足を悔いても
舞台では誰も助けてくれない。

13年前に入隊し
修行の毎日を過ごしながら
先輩の一挙手一投足に学び
体で曲を覚えていった日々。

宮崎最古参の太鼓部隊であるJC太鼓。

厳しい練習
涙と葛藤
夜通し語り明かした日々
初舞台の緊張
祭りの華やかな雰囲気
みんなの笑顔
そして、沿道の声援…。




楽しい宴には
必ず終わりが来るもの...。

今年でJC太鼓の撥(バチ)を置き、
後輩たちに道を譲る。

大太鼓の響きは体の芯に染み込み
私の人生のリズムとして
ずっと生き続ける。



先輩方に、後輩たちに、
素晴らしい仲間たちに、
心から感謝。

そして応援してくれた
全ての皆さんにありがとう!

JC太鼓万歳。



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

Koji Muraoka

日常の風景 << 太鼓の響き、人生のリズム >> ニシタチ新生元年を目指せ!
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ