日常の風景

21:53 夜の高千穂通り。

最近は、通称”カリタリ”って
そう呼んでもらえるようになった
カリーノのタリーズコーヒー。

ダブルショットのエスプレッソと
メイプルパンプキンマフィン♪



いつもの外のテラス席で
ひとりメイルのチェックをしながら
通りを眺めてみる。

気温はたぶん20度くらい。
そよそよと、爽やかな秋の風。

スピーカーからは
ウィングしたテンポから一転
今はメロウなジャズ。

左上には少し靄のかかった
おぼろな半月。

オレンジ色の丸い球が
街路樹を照らしている。



テラスの窓越しには
楽しそうな女の子が二人。

なんとなく、幸せな風景…。



エスプレッソを飲みほしたころに
カイギショのクロキ君が自転車で通りかかる。
「こんな遅い時間まで、ご苦労さん!」
いろんな立ち話の中に
明日へのヒントを見つけて
再びテンションがあがる。

「僕は世界を目指す!」
そんな法螺話にも
決して呆れることなく
彼はいつも励ましてくれる。

”街を元気にする仕事”は
終わりが無く大変だけど
彼のような笑顔が
明日を創っていくのだろう。

タリーズの店内に戻ると
先ほどの二人はまだ楽しそうに
おしゃべり♪



僕らの仕事は
こんな素敵な日常と
たくさんの笑顔を創ること。

明日はあなたが笑顔になるように。
ここでの美しい思い出が
決して消えることのないように…。
此処が君にとって
いつでも帰ってこれる場所であるために。

一杯のコーヒーを通じて
決して変わることのない
そんな素敵な日常の風景を創る。

街角のカフェが
あなたを元気にできますように...。

いつも素敵で美しい
生活のワンシーン。

日常だけど
決して色褪せない場所。

僕らのカフェが
そんな場所でありますように。

明日も笑顔で!

Written at Tully's Coffee
TAKACHIHO-st. MIYAZAKI JAPAN

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ