挑む勇気…”あきらめない”ということ。

興味深い話を読んだ。

ノートルダム大学のマーケティングのスペシャリストである
ハーバート、テュルー博士が、
セールスパーソンの実態に関する詳細な研究をもとに、
次のような統計を発表しています。

44パーセントが1回目の電話かけであきらめる
24パーセントが2回目の電話かけであきらめる
14パーセントが3日目の電話かけであきらめる
12パーセントが4回目の電話かけであきらめる

つまり、上記を全て足せば・・・
全てのセールスパーソンの94パーセントが
4回目の電話かけまでであきらめている

ことがわかる。

しかし、興味深い事実は、
すべての販売の60パーセントは、
5回目以降の電話で成立している
ということ。

つまり、
全てのセールスパーソンの94パーセントが
販売のチャンスの60パーセントを逸している。


※上記、「The Success Principles for teens」
 Juck Canfield, Kent Healey著作 参照

振り返れば、これまでの道程の中で
成し遂げられなかった数々の“失敗”は
ほんの2~3回のチャンレンジで
簡単にあきらめていたような気がする。

5回目の挑戦ができるかどうか・・・。
それができるのは
全体のわずか6%…。

チャレンジし続けることは勇気がいること。

何度も繰り返すうちに
恐怖、不安、焦り、自己への疑い…
様々なネガティブな感情に支配されていく。

しかし、自分自身を信じて
ひたすらに改善し
ひたすらに繰り返し
そして5回目の挑戦をすれば
60%の人(物事)はうまくいくのである。

もちろん、6回目、7日目を繰り返すうちに
その確率は上がっていくわけで、
そう考えれば、
自分自身の成功を信じ
しっかり目標(ターゲット)を定めて
常に改善、挑戦を繰り返すことで
成功を手にすることができるのである。

*********************************

CORNER2周年記念特別講演として
NYでレストランビジネスを成功させた
ヒミ*オカジマ氏をお迎えして講演を頂いた。



<ヒミ*オカジマ>
Twitter  
http://twitter.com/Himiokajima
ブログ  
ニューヨークより愛を込めて  
http://ameblo.jp/himiokajima/

ヒミ氏の講演の中で特に印象に残ったことは…

自分自身で道を切り拓く
「魔法の言葉」を持つこと。
自分自身が発する言葉、
”その意図”が現象を創る。

もちろん、ヒミさん自身も
簡単に成功を手にしたわけではない。
何度もくりかえし、くりかえし挑み続けて
そしてチャンスを自分のものにしたのである。

つまり、成功や幸せを手に入れたいならば
自分の思考を支配する目標をしっかりと持ち
そして、それを「言葉にする」こと。
そして、何度でも挑み続けること。

言葉ししなければ、伝わらない。
言葉にしなければ、変わらない。
言葉にしなければ、何も始まらない。


誰に反対されようと
自分が信じる道であれば
それを言葉にすることで
様々な協力者が表れて
自分の夢や目標を後押ししてくれるんだろうと思う。
”本気”を認めてくれるんだろうと思う。

失敗は怖いことではない。
間違いは恥ずかしいことではない。

4回やり続けて、失敗しても
5回目に挑む勇気を持とう。


自分自身に
いつも言い聞かせる
勇気の言葉を持とう!

全ての未来は、
自分自身の中にある…。

自分自身を強く信じることだろうと思う。

学びの日々に感謝。

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!










 

感動をありがとう/まつりえれこっちゃ2010 << 挑む勇気…”あきらめない”ということ。 >> 私達の大切な”使命”
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ