箱根火山の報道をみて思うこと。

連日、箱根火山のニュースが報道されていますが

私にとっては過去の宮崎での災害のときを思い起こされます。

 

日本の「火山」は外国人観光客にとっても、

人気の目玉観光のひとつ。

 

九州も阿蘇や霧島は人気で

朦々と煙立つ勇壮な景色や温泉は

自然の神秘を感じさせてくれるものです。

 

現在の状況を現地の方々は、冷静に捉えている様ですね。

ソーシャルなどの”声”を拾ってみると、

「いつものこと」「よくあること」という意見がある多い一方で、

”警戒”をすることの意義を解く方々もいます。

 

私はどうしても事業者の立場で感情移入してしまいます。

 

宮崎も5年前に「口蹄疫」「新燃岳噴火」「鳥インフルエンザ」など...

連続した自然災害や家畜伝染病に見舞われました。

 

連日の大きな報道で

同情の声が上がり地域への支援が広がる一方で、

自粛ムードが広がり、観光客も大幅に減り、

地域経済は大打撃を受けました。

 

こうした状況の中で

サービス業や小売業を営む自営業者は

大変な経済的困難に立ち向かうこととなります。

 

自治体や政府の支援サポートは

ほとんどが「銀行の保証枠を設定する」というもの。

ちょっと分かりづらいですが、

要は切迫する資金需要にあわせて、

借金がしやすくなるように、

「自治体が保証人になりますよ」というものです。

 

急激に客数が減る

売上げが立たない

施設の維持管理コストは変わらないし、

従業員の雇用は維持しなくてはならない

急激に現金が足りなくなる(キャッシュフロー不足が発生する)

とりあえず、事態が収まるまで借金をしましょう

 

簡単に言うと、こういう流れです。

 

私自身、5年前〜立て続けに発生した災害の影響から

経営を立て直すのには本当に苦労しました。

 

支援サポートは「借金」ですから、(当然ですが)返す必要があります。

借金は利益からしか返せません。

 

ギリギリで経営をしている零細企業にとっては

売上げの立つ(利益が上がる)見込みの無い中で

現状を維持する=生き残る為だけに重ねる借金が

どれだけ大変で不安なことか...。

 

そんなことを考えながらこの度の

一連の報道を見ていました。

 

必要なことは学術的「事実」であって

叙情的に煽る「感情」では無いはずです。

 

「万が一に備える」「リスクを伝える」

それが報道の責任であることも理解しています。

 

リポーターが興奮しながら水蒸気の前で叫び

ヘリコプターからリポートする様子を映像で見て

複雑な気持ちになります。

 

でもね、、、

何も無かったから良かったねって

笑って言えない地元の事業者の方々も沢山いるはず。

 

もしもこれで、数十年頑張ってきた旅館や飲食店が廃業しても

それは火山地域で観光客相手に商売してきた

事業者本人の責任でしょう。

 

そんなことが無いことを

心から望みます。

 

少し落ち着いたら

ぜひ箱根に行ってみたいと思います。

 

僕らのできる最大のサポートは

現地に行き、観光を楽しむことだったりするのです。

 

 

 

 

 

 

 

Tully'sに無料のWi-Fi 導入しました!

 

自分自身が、けっこう筋金入りのモバイラーなので

Wi-Fiの無い環境では不自由することが多く、

とくに旅先/出張先ではネットの接続環境を探すのに苦労した経験が多い。

 

以前から指摘されていたことだけど、

宮崎の中心市街地にはフリーWi-Fiの環境が少ない。

 

カフェを運営する弊社にとっては

すでにWi-Fiは「提供してあたりまえ」のサービスであり

むしろ通信インフラを担う”責任”も感じていました。

 

課題は分かっていたのですが、なかなか進まず...(^^;)

ずいぶんとご迷惑をおかけhしてきましたが、

”ようやく”このたびタリーズコーヒー公式のWi-Fiを導入することが出来ました!

 

 

<公式メディアリリース>

 

事前登録の必要なしで、画面上に表示された 

利用規約に同意いただくだけでインターネットがお楽しみいただけるようになります。利用時間制限も 

なく、五か国語(日本語、英語、韓国語、広東語、北京語)にも対応しているため、外国人観光客のお客 

様にも気軽にご利用いただくことができます。

 

 

 

 

最近、連日早朝のタリーズ高千穂通り店(カリーノ)で朝のルーティンである

メールチェックや諸処の連絡をすることが多いのですが、

やはりWi-Fiがあると凄く助かることを実感しています。

 

とはいえ課題もあって、それは「通信速度」。

既存回線を利用しているのでトラフィックによってはとても遅い...。

これ、必ず改善します(専用線の引き込み等)ので、しばらくご辛抱くださいm(_ _)m。

 

現在は2店舗(橘通り店、高千穂通り店)のみですが、

順次全店舗(都城含む)で導入を進めていきます!!

 

乞うご期待(^^)

 

Miyazaki Startup Valley スタートします!!

 

宮崎に新しいムーブメントが起きようとしている。

九州では年々存在感を無くし、(ビジネスでは)近隣県に置いていかれつつある宮崎。

そんな中でうまれる「宮崎スタートアップバレー」

静かな革命である、と思います。

既存の概念に捕われず、地方独特の慣習にも飲み込まれず、

新しい世代が新しい環境を自らが創り、ビジネスに挑戦する。

宮崎独自のビジネス創造/起業(スタートアップ)の文化を創りだそうとする試み。

彼らの活動に賛同し、共に寄り添いつつ支援の輪を広げられたらと思います。

 

MIYAZAKI Startup Valley/ 宮崎スタートアップバレー

http://start.miyazaki.jp/?p=3551

 

 

<設立メンバー>

共同代表/プロデューサー:齋藤潤一
米国シリコンバレーのITベンチャー企業で、Web・モバイルサービス責任者。06年帰国し、起業。大手企業から官公庁、地域プロモーションのWeb構築実績多数。11年宮崎県にIターン。地域特産品の販路開拓。2014年市民からの支援で、ニューヨーク展示会に出展。ガイアの夜明け、NHK他出演。地域資源を活かした、まちづくりが使命

 

共同代表/事務局長:齋藤隆太
株式会社サーチフィールド 取締役 / FAAVO事業責任者。地域×クラウドファンディング「FAAVO」https://faavo.jp/
「出身地と出身者をつなげる」をコンセプトに、“地域を盛り上げるプロジェクト“に特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO」を運営。地元の自治体・企業・NPOさんをエリアオーナーとして共同運営を実施し、全国32エリアに展開。

 

共同代表/マーケティングディレクター 土屋有
多摩大学大学院 客員教授、株式会社アラタナ 取締役
宮崎県出身。大学在学中に株式会社アイレップ取締役、その後上場。子会社代表、ウェブメディア企業役員を歴任。面白法人カヤック 事業部長を経て、故郷 宮崎にもどりベンチャー育成を行う。マーケティングを専門とし、現在は株式会社アラタナにてECマーケティング事業本部長。講演、執筆など多数。

 

MIYAZAKI Startup Valley/ 宮崎スタートアップバレー

http://start.miyazaki.jp/?p=3551

« Prev || 1 | 2 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ