共に歩む皆さんへ、2014年大晦日のメッセージです。

 

 

再来年(2016年)に、

弊社は創業50周年を迎えます。

 

父が創業した頃に50年後の事を想像したかどうか。

それは今になってはわかりません。

 

それでも

 

終わりなき発展のイメージを持って社業に打ち込んできた

ひたむきな人生であった事を僕は知っています。

 

私は、父が他界するちょっとまえに代表につきましたので、

一平の歴史の中では

ほぼ2割程度(10年間)を担ってきました。

 

10年前の私は、

毎日一平の板場に立っていましたので

私自身のイメージも含め、一平という会社のイメージは

「すし店」経営という事だろうと思います。

 

今では、タリーズコーヒーやCORNERをはじめとして

複数店舗を経営していますから

「総合飲食のグループ」という

そんな企業イメージかもしれません。

 

さて、これから10年後を...と考えた時に

私の描いている会社の姿は

現在とは更に違ったものがあります。

 

きっと「九州パンケーキミックス」をはじめとした

新しい商品部門が大きく収益を伸ばし

「ものづくり」がもう一つの柱になっていると思っています。

 

既存店(レストラン/カフェ)の売上げと、商品部門の売上げは

きっと50:50もしくは

それ以上のバランスになっているかもしれません。

 

利益は20:80くらいに変化するでしょうから、

実質的には食品メーカーとしての姿も

比重としては大きくなっているだろうと予想しています。

 

また、海外での展開もきっと大きく育っていると思います。

アジア圏域での店舗/ブランド展開に加えて

欧州と九州を繋ぐ食材の流通事業もしっかりと育てていきたい。

 

もちろん、多様化する事業の中でも

その中心となる考え方の「柱」は

常に地域と共に

そうありたいと思っています。

 

50年前から変わらないもの。

そして、きっと50年後も変わらないもの。

 

それは父を支えて創業の仲間達がつくった

『元祖レタス巻き』の味。

 

 そして先代(父)の時代から変わらない

ふるさとに愛される企業であり続けたいという想い。

 

これからもずっと、

地域に根ざした企業

=地域に必要とされる会社であり続けたいと

心から願っています。

 

 

ところで、

先日、IBM社の橋本会長のお話を聞く機会がありました。

 

 

1911年に創業したIBM。

180カ国でビジネスを展開し、

創業から100年以上を経て、なお現在も

20年ごとにビジネスモデルを変えつつ

「進化」と「変化」を繰り返しつつ発展しています。

 

以前のハードウェア(コンピュータ)を売る会社から

サービス・ソフトウェア・研究開発・ファイナンスと領域を変化させ、

2013年度998億ドル(11~12兆円)の売上げ

そして、180億ドル(2兆円)もの利益をあげる世界企業となっています。

 

既にハードウェア(パソコン)の売上げは10%以下だと聞いて

イメージと違っていてかなりビックリ!!

IBMって、すでにパソコンを売る会社ではないんですね〜。



弊社も「一平寿し」(寿司部門)の売上げ比率は、

今では全体の15%以下ですから、

時代に合わせて「変化」するという事は

変動の激しい現代を生き残る為には

必要な事(必然)でもあるのでしょうか。

 

さらに興味深いのは、

従業員43万人のうち入社5年以下の比率が

(なんと!)51%という”若い”企業であり、

働き方も実に多様化していて、

自宅などでリモートに勤務する比率は

40%にものぼるということでした。

 

また、 1970年代から取り組む「ダイバーシティ」

その概念が現在のIBM社の姿そのものとなっています。

 

人種、性別、性別、年齢、国籍、マイノリティ、ハンディキャップ...

それらを超えて共に創り上げる「ワークスタイルインテグレーション」の概念。

働く環境や場所、時間帯の圧倒的な多様性。

これらを実現して尚かつ、

数年ごとにビジネスモデルそのものをも

果敢に変えて(変化させて)いく柔軟性。

  

世界企業であるIBMの考え方や実行を

簡単に弊社に置き換えるのは難解であり

かつ少々無謀な思考かとも思います。

  

オーナー経営者である私自身のマインドセットを

働く「人」の活動そのものを中心としたものに変換したとすれば、

それは組織においては、経営の意思決定のうえで重要な役割を担う主体はもちろん、

根本的な現在の事業内容や経営理念(=組織としてのマインドセット)や

弊社の過去の経験等から構成された目標や対象とする相手も含めて

大胆な”大転換”を計る必要が出てきます。

 

「変化」「多様性」「イノベーション」

 

50周年を目の前にして、

2015年は次の50年=100年企業を目指していく為に

重要な節目の年です。

 

この地域で生き残っていく=発展していく為に

私自身に求められている

舵取りの方向性は何処を向くべきなのか?

一平らしさって、なんなんだろう?

 

思考は深まります。

 

考えて、考えて、1年間をかけて

しっかりと「答え」を見いだしたいと思います。

 

私が50周年を迎える経営者として選択する

新たなマインドセットは、

私を信じて共に歩む方々の未来の生活や

豊かな地域社会の実現の為に無くてはならない。

 

私自身の考え方もまた

大転換=進化を目指します。

 

50年目を迎える社員とともに、

50年目に相応しい凛と立つ覚悟で

2015年を輝ける飛躍の起点とします!!

 

今年はたくさんの皆さんに支えられ、今日の日を迎えました。

一瞬一瞬を思い出すと、感謝の言葉が溢れてきます。

 

本当に、ありがとう。。。

 

 

来年もまた共に歩みましょう!!

どうぞ宜しくお願いいたします。

2014年大晦日

with great thanks!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

言葉にできない感覚。

なぜだろう。

直感的にこれはダメだと思う時がある。

 

この人とはつきあってはいけない。

この儲け話は怪しい。

この笑顔には何かひっかかる。

 

そんな感覚を無視して

欲に心が引きずられた時には

大概にあとで痛い目をみる。

 

「自分とは合わないかもしれない」

 

そんな言葉にはできない感覚を

いつも大切にしている。

 

頭で考えるのではなく

自分の心に正直に進む。

 

決して言葉では解決できない感覚がある。

 

心がざわついたら、やめる。

ざわつかせる人とは、付き合わない。

 

逆も真なり。

 

たとえ饒舌でなくとも

信頼される言葉を持ちたい。

 

いつも、誠実でありたい。

 

ビジネスも同じ。

 

考えて、考えて、

悩みぬいて生みだした概念。

 

理屈ではない感性の到達点、

根拠は無くとも「自信」に変わった時に

事業家はベンチャーな旅をする。

 

冒険の旅立ちへの興奮が

恐怖を上回った時に感じる

頭の芯をシビレさせる快感を知る。

 

「これだ!!」と感じた時には

誰の言葉にも惑わされることなく

自分自身の心に正直に、前に進む。

 

言葉にできない感覚がある。

 

心の中の、本当の声に従えばよい。

 

居心地の良い場所から、自己を解き放とう。

 

厳しい道にこそ

本物の感動がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄り道。

 

鹿児島に向かういつもの道を走りながら、

ふと、思い立って、高速道路を降りてみた。

 

天気が良い日曜日の午後。

時間もたっぷりある。

 

ナビを切って、

知らない道に入るだけで、

単調な日常からの逃避行のような

ドキドキ感...。

 

道路標識に「日本一の大木」と書いてあって

気になってハンドルを右に切る。

 

「蒲生八幡宮」の境内にそびえ立つ

樹齢1500年のクスノキの巨木

この町の守り神(ご神木)として、

地域を見守ってきたという。

 

いや〜すごい!

日本一の迫力。

溢れ出るオーラというかパワーがありました。



足下には一面にイチョウの葉っぱの絨毯。

時間が止まったような不思議な感覚...。

 

たまには、決まった道から外れて

寄り道をしてみるのも良いもんだね。

 

まるで小旅行のような気分...

でした(^^)♪

 

 

 

 

最高のカフェラテ。

 

友人のFacebookの投稿で

タリーズのカフェラテの写真がアップされていました。

(信くん、写真勝手に使ってごめんなさい〜^^;) 

 

12年前にオープンした橘通り店ですが、

アルバイトのフェロー(仲間:タリーズではスタッフをこう呼んでいます)たちは

学生さんも多く在籍していて

彼女、彼らは4年生の夏〜秋くらいに卒業していきます。

学生ではないアルバイトのフェロー達も、

数年間がんばってくれて、

ほとんどはそれぞれの道に巣立っていく。

 

この店の卒業生は、自分で起業して

カフェを経営していたり、

飲食店を開業していたり、

自分で起業する道を選んだ子達も少なからずいます。

 

いずれどこかの企業様にお世話になったとしても

タリーズのフェロー卒業生たちは

色々な各分野で活躍をしてくれていて

そんな話を聞くたびに本当に嬉しいものです。

 

「タリーズコーヒー橘通り店」は、

九州初のタリーズとしてオープンしました。

 

私自身もオープン当時は

経営のことなど何も分からず

とにかく夢中で開業からの数年間を過ごしました。

 

いろいろな「道」を切り拓いてくれた

きっかけとなった大切な店。

 

『宮崎でいちばんの居心地の良い店をつくりたい』

 

それが開業当時の目標でした。

 

ふたを開けて、見てくれるかどうかわからない...

カップの中にそっと描かれた素敵なラテアート。

お客様の事を想いながら淹れた、

最高の一杯。

 

この素敵なカフェラテをつくってくれたフェローが誰なのか

僕はまだ知りません。

 

でも、開業からの私の”想い”を

脈々と歴代のフェロー達がバトンを繋いでくれて

12年目のこの1杯のラテが生まれたとすれば

本当に、心から嬉しい...。

 

僕たちは、この一杯のカフェラテと

この瞬間のお客様の感動のために

これまで頑張ってきたのかもしれない。

 

これからも、

みんなで情熱のバトンを繋いで

最高のお店をつくっていこう。

 

ありがとう!!!!!!

 

 

 

 

 

 

行動すること。経験すること。

 

行動すること。

行動を伴って、経験をしたこと。

 

今の自分を形作っているものは

「行動による経験」の積み重ねでできている。

 

18歳の時に

一人でアメリカに向けて

宮崎空港を飛び立った日から、

なんども空を経験して

その数と同じだけ

どこかの土地に降り立ってきました。

 

目的がある旅も

そうでない旅も、

全てが自分を構成する欠片。

 

時代は変わり...

物理的距離を様々なツールが埋めてくれますが

それでも、「行動」と「経験」の数が

未来をつくるのだという法則は変わりません。

 

積み重ねた「経験」が

自分らしさを作っていく。

 

小さなボランティアであっても、

アルバイトの経験であっても、

恋愛も、仕事の失敗さえも、

全てが積み重なって「今の自分」がある。

 

もうすぐ

あと3ヶ月くらいで

40代の半分が過ぎます。

 

40代の前半は

深く傷ついたり、涙を流したり、

上手く行かなかった事も多いのですが、

悲しみや失敗に学ぶことも、

重要な経験。

 

そうして出来上がった自分と対話をして

全てを糧(かて)として活かし

次の5年間を充実したものにしたいと思います。

 

そろそろ、2015年の

自分の目標を立てる時期。

 

来年は...、いや来年こそは、

大ジャンプを目指してみよう。

 

あらゆる遠慮や不安を脱ぎ捨てて

勇気を持って自分の殻を破って

アクセルを踏んでみようと思うのです。

 

自分の「成長」と「成功」の振り幅が、

仲間、愛する人、地域、同志達の幸せに繋がる。

 

誰にでも一つくらいは、

誰かの役に立てることがある。

 

昨日はまちづくり/市街地関係の仲間達が集まる

「Doまんなかモール委員会」の大忘年会でした。

 

このなかで経験したことや、出会った人達...

様々な日々を振り返りながら、

たくさんの方々と話をしていると、

自分の「役割」も見えてきます。

 

私は事業家であり経営者なので

やはり事業の成功をもって

人や地域に恩返しをしたい。

 

期待の重さも実感でき、

気合いが入りました!!

 

日々の”気づき”に

感謝をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« Prev || 1 | 2 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ