アイデア・セレンディピティ/九州パンケーキ誕生秘話

昨年11月に「地場もん国民大賞」を受賞した
九州パンケーキが好調に販売先を広げています。

九州パンケーキ
販売先一覧

もちろん、まだまだスタートしたばかりなので
この1年は大切なマーケット拡大期。

販売スタート時に掲げた
年間100トンの販売目標に向けて
ロードマップ(道筋)も見えてきました。

全国のホットケーキ粉マーケット(市場)の
概ね1%に値する数字です。

つまり、これまで海外産がほとんどのマーケットの1%を
「国内産、九州産に変える」という挑戦。

地域の零細企業の挑戦としては
きわめて痛快な戦いだと思っています。

各パートナーの皆さんと一致団結して必ず達成し、
「九州の大地の力」を全国へ伝えていこうと思います!!

さて、この「九州パンケーキ」の開発にあたっては
いくつかの偶然が重なって商品が出来上がりました。

何度も試作を重ねていたのですが
今ひとつ味と風味が決まらず、
それに食感のバランスが悪い。。。

そんな日々が1年くらい続いていたのですが、

しかし、ある日、ふと”閃いた”ことがあり、
それを試すと劇的に美味しくなったんです。

単純なことなんですが。。。

レシピをシンプルにしてみよう!

というヒラメキ。

これが「九州パンケーキ」を完成させました。

誰でも覚えやすくて
子供でも作りやすいような
シンプルなレシピ。

九州パンケーキ × 1袋(200g)
卵 × 1個
牛乳 × 1カップ(200cc)

つまり、1:1:1のシンプルレシピ
その段階で出来上がっていたサンプルに試してみよう!

その日も、うまくいかずにラボ(実験室)で行き詰まっていたのですが、
そのレシピを試したら【奇跡的】に美味しく味がまとまりました♪

私にとっては、本当に奇跡の瞬間です!!

悩んでいたことが嘘のように
”出口の扉”が開いた瞬間です♪♪

ちょっとした瞬間にヒラメキってありますが、
なんだかある【法則】があるような気がします。

それは

1)本気で「成功しよう」と思えるものであること
2)そのための努力が全く苦労と感じないこと(むしろ楽しい)
3)四六時中、”そのこと”を考えていること

そんな時には、
いくら行き詰まっていても
あるとき「ヒラメキ」と「出会い」がシンクロして
偶然がまるで必然であるかのように
うまくいくものです。

90%うまくいっていても
詰めの一歩を誤ればうまくいかない。

0(無) or 1(成功)

中間が無いのが
ビジネスの厳しさです。

最後の瞬間に突破できるかどうか?

そのためには、
「情念」だとか「信念」だとかが引き寄せる
必然のヒラメキが必要なのかもしれません。

行き詰まったらシンプルに帰ろう。

十分に議論、検証を重ねたプロジェクトは
実はほとんど完成に近づいているものです。

誰にも分からない「出口」のドアを開くのは
そのプロジェクトに最も愛情と想いを注いだ
個人のアイデア・セレンディピティ。

最後の一瞬を決めるの神様のサジ加減(笑)は
がんばった自分へのギフトのようなもの。

一瞬のチャンスを逃さないように
心のアンテナを磨こう。

Today is another day!!
A "NEW" day!!

この半年、アイデアと試作を重ねている次のプロダクトも、
もちろん「九州」にこだわったものです(^^)♪

「奇跡の瞬間」との出会いにワクワクしながら
未来に想いを巡らしつつ
感謝の心で進んでいこうと思います!!









いそがしい?

「どう?最近忙しい〜?」

日々の何気ない挨拶のような質問。

ついつい、疲れた顔で
「そうなんだよ、忙しくってさ〜」
なんて答えてしまいます。

ちょっと視点を変えて、、、

「エキサイティングな日々だよ!!」
「ロマンティック!!」
「サイコーにヤバいね!!」

笑顔で、こう答えてみよう。

仕事に忙しいことに愚痴ってばかりで
「忙しい」=心を亡くすことだ。
なんて言う人がいますが。。。

そもそも、それくらい熱中できなければ
成功なんてありません。

熱中していれば
時間なんて忘れてしまうもの。

何時間もゲームしながら
「ゲームが忙しい」なんて言う人いないよね...(^^;)

仕事もそれくらい熱中できたら
どんなことでも成し遂げられる気がします。

そう、なんでもできる!!

弱い自分。
甘い自分。

全ては
心持ち次第なんだろうと思います。

「忙しい」って
誰かに求められている証拠。

自分自身の付加価値を認めてくれる
誰かがいるからこそ
忙しい!!

つまり、「忙しい」って最高ハッピーですね(^^)/
忙しい自分をつくろう!!

日々感謝。

がんばろう!!





東京と宮崎、ふたつの首長選挙。

東京都知事選が
だんぜん面白くなってきた!

細川元首相と小泉元首相。
ダブル首相コンビが「脱原発」という新しい争点をテーブルにのせて
話題の中心となっている。

いつのまにか政治や経済界の”都合”によって
語られることの無くなっていた「原発廃止」を巡る論争を
見事に話題の中心に揺り戻すことに成功した。 

大きな力が押さえ込もうとしていた
タブーなものにしようとしていた
「脱原発」を巡る議論。

マスコミや識者は
そのワンイシューで戦おうとする姿勢そのものを痛烈に批判するが
東京都庁の職員はきっと世界一優秀ですから
頭(トップ)が変わるくらいで都政は混乱しませんよ。

小泉純一郎さんは、
周りが自分をどう見ようが
いかに見られようが関係ない。

ん〜、ROCKだ!!
きっと生涯現役なんでしょうね。

そして、昨日は若手実業家の家入さん(35)が立候補。

「居場所」を重要なキーワードにして
現在の政治や社会に素直に違和感を表明し
若い世代が”ふらり”と登場した意味は大きい。 

存在も発言もが平成世代的な彼は、
昭和の世代でガチッと固められている
識者層からはきっと袋叩きにあうところだろうね(笑)

でも「告示日」ギリギリに現れて
マスコミの批判・批評を封じたこのタイミングはうまい!
堀江さん(ホリエモン)と共にキラリと登場したことで、
むしろ「あの人は誰だろう?」という興味を先行させた。

ネット世代の起業家は
”おやじ”達が考えるよりも、
ずっとしたたかです。

そして、「本命」の舛添氏。
いわゆる「大人」の代表。

権力=自民党が支える彼が、
存在がいちばん薄く見える。

細川・小泉陣営が高齢での出馬を一部で批判されているが
その精神性はよほど若々しく、
自身の信条に素直に生きる姿は
政治家のギラギラした本質をも感じさせる。

それに比べると舛添さんがいちばん”おとなしく”て、
選挙という戦(いくさ)を見る上では一番つまらない(笑)

その他にも保守層の絶大な支持を持つ田母神さんや
福祉の再構築や原発の再稼働に反対する
前日弁連会長の宇都宮さんなど、
出馬のキャラがしっかりとそろった感。


中でも私的に注目しているのは家入さんの存在。
むろん「当選」は無いと思う。

でも、若い世代が政治という大人の世界(?)に
土足で入り込む感覚が心地いい。

そして「居場所」というキーワードは、
大多数の既存勢力にはフワフワと浮ついているように感じるだろうし
「共感」できないどころか「理解できない」だろうね。

「今、ニッポンの地方が海外よりも面白い」と語り
新しい地方の時代を予見している彼の時代感覚も斬新。

大人が決める大人の世界に
ネット選挙の本命がどれだけ通用するのだろう?

万が一得票4位にでも入ったら「大金星」だろうね。
そしたら、ここから本当に
若者の政治参加が一気に増える気がする。

【次世代を担う30代よ、今こそ立ち上がろう!!】

そういうムーブメントが全国に広がり
面白い国作りの時代が来るかもしれない。

それにしても、
宮崎の市長選挙。

全く論点のない選挙。
今回は誰を「選ぶ」という選択肢すら、無い。

僕はなんだかはじめて
投票に行く気がしない。

もしかして
史上最低の投票率になるような
そんな予感さえしています。

だって決まっている結果に投票するなんて
つまらないでしょ?

今の暮らしに不満が無いなら
このままで良いのならばそれで良いけれど
そういうわけにはいかないよね。

東京と宮崎のふたつの首長選挙。

一極集中で好景気に湧く東京が盛り上がり
全国で最も取り残された県庁所在地である宮崎は
まったく盛り上がらない。

ん〜、政治が停滞する場所は
街づくりも停滞する。

そういうことなんでしょうか。

不謹慎でスイマセン...(汗)。
あくまで個人のヒトリゴトですから(笑)




金柑ヌーヴォーパーティ!「たまたま」ブランドの初出荷♪♪

完熟金柑「たまたま」
糖度/16度以上 大きさ/直径2.8㎝以上

宮崎県産品アドバイザーの宮田理恵ちゃんの発案(アイデア)で実現した
今年の初出荷を祝うパーティ!!

金柑ヌーヴォー@CONRER

100名を越える大盛況でした(^^)v

たまたま&シャンパン=たまシャンで乾杯!!



CORNERも全フロアを”金柑オレンジ”でディスプレイしました(^^)/



宮崎県の素晴しい農産物を広く知ってもらうための
”旬を祝うパーティ”って良いですね!

みなさん、オレンジのアイテムを身にまとい
素敵な装いで参加してくださいました♪♪





CORNERでのパーティらしく
JAZZ LIVEも開催♪♪



旬のフルーツをまんなかに囲んで
笑顔であつまる素敵な時間でした(^^)

なんか、宮崎らしくてイイカンジです♪

毎年この季節の定番イベントにしていきたいですね!!

駆け抜ける駿馬のごとく。

「勝ち馬に乗る」っていう諺がありますね。

有利な方につく。勝った方に味方して便乗する。
勝負事に勝った人、事業などで成功した者、力のある人の側について恩恵を受ける。

おおむね、そんな意味です。

沢山の従業員の人生も同時に背負う経営者を騎手に例えれば、
絶対に自分自身が「負け馬」になるわけにはいきません。

信じてついてきてくれる仲間達が
「この馬に賭けて良かった」と思えるような
そんな存在になる責任があります。

ちょっとだけ、ダービー騎手の気持ちや
プレッシャーも分かるような気がしますね。

今年も頑張らねば!!

ところで、東京都知事選のニュースを見ていると
各政党共に「勝ち馬」の選定に躍起です。

先日新聞をひらくと
猪瀬(元)知事が東京地検特捜部から事情聴取されるというニュースの隣に
東京オリンピックの経済効果が20兆円という記事が出ていました。

5,000万円の不明な選挙資金と
20兆円の経済効果。

オリンピックが決まって、
あんなに喜んでいた国民(都民)が、
その数ヶ月後には猪瀬(元)知事を糾弾し
罵りのコメントを発している様子を見て
(もちろんメディアはそのような声を意図的に切り取っているのでしょうが)
ちょっと背筋が寒くなりました。

もちろん、「違反」は許されることではありませんが、
功罪(=てがらとあやまち)を人は計ってはくれないものです。

大変不謹慎なたとえですが
隣の国(北朝鮮)で粛正された元幹部が
逮捕の翌日に国民に激しくののしられていた様子とイメージが重なり
どの国も、なんだか同じに見えてきて
正月から暗く憂鬱な気持ちになります。。。

「人間万事塞翁が馬」という諺もありますね。

人生何が幸いするか分からないし、
何が不幸の原因なのかも分からない。

今の幸せは将来の幸せを保証しないし、
逆に今の不幸せが将来の幸せにつながるかもしれない。

そんな意味だろうと思います。

ひとつだけ確かなことは
自分の未来を明るくひらくためには
分相応を心得て「正直に」生きていくこと。

人生という馬は、たった一人の騎手しか選んでくれない様です。
自分の乗る「馬」が、幸せな一生をおくれるかどうか...。

「勝ち馬」って偶然に現れるわけではなく、
大事に長い年月をかけながら
自分で育てていくものだと思うのです。

自分の命を委ねる
「人生という馬」=「天命」が素晴しいものとなるように。

正直な環境。
佳い餌。
信頼と信念。
深い愛情。

全ての条件がそろって
最高の馬が育ちます。

私は経営者であり、(小さな組織ながら)集団を率いるリーダーです。

僕の育てた最高の馬が
僕のまわりの人々に幸せをもたらすように。

自分自身が「勝ち馬」を操る騎手となって
先頭を走らなければならないと、心強く願います。

午年の今年。

そんなことを肝に命じながら
しっかりと足下を固めていきたいと思っています。




« Prev || 1 | 2 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ