曲がり角の向こう側

まだ見たことの無い場所。
はるか彼方の、夢の実現。

そこに行けば何があるのだろうか?

なんか昔、そんな歌があったな〜。
”そこに行けばどんな夢も叶うと言うユートピア...♬”
そこを探して旅に出るものがたり。

西遊記だっけ?

辿り着く為に、何ヶ月、何年、
いや何十年かかるのだろう?

初めての道は
険しく暗い。

いろんなモンスターが現れては
命の危険に晒されていく。

この道の向こうには
きっと大事な何か...
ヒントが隠れているのだろうか?

まだ行ったことの無い
理想の場所。

どうやって辿り着けば良いのだろう?

思考して、悩んで、
考えて考えて
ずっと考えて...

今日も闘い続ける。

たとえ「地図」を拾ったとしても
それは誰かが作ったもの。

ニセモノなんじゃないのか?
疑心暗鬼にかられて
また迷いはじめる。

誰かがすでに通った道の先は
すでに何にも無い
空っぽの草原かもしれないし。。。

物語の主人公は
何度もくじけそうになりながら
歩み続ける。

あの物語の最後ってなんだっけ?
どうなっていたか、どうしても思い出せない。

主人公達はユートピアに辿り着いたのか?
どうだったかな...?

誰もが人生で何度か
大切な岐路に立つ。

右に進むか
左に進むか...。

どこまで歩いても
辿り着かないから
不安になって足が竦(すく)む。

前に出るのも勇気。
引き返すのもまた、勇気。

人生にはいくつもの道がある。
毎日、たくさんの曲がり角がある。

失敗しては
後戻りする。

そんなことの繰り返し。

スタート地点に戻り
心を奮い立たせて
「もう一回...」と、
チャレンジする?

夢を見て
くじけて
疑って、泣けてきて
暗闇で叫んで、泣いて。。。

それでも”歩みをとめる”という
選択はしない?

止めることをしなしなければ
誰かが作った「地図」に頼ろうという
弱い気持ちは無くなるのだろうか?

古(いにしえ)の物語の中にある「桃源郷」は
探すと、見えなくなる場所。

自分自身の心の中にある
安らぎの精神世界。

心の外に求めれば
そこには何も無い。。。

ファンタジーは求めない。
桃源郷は存在しない。

誰の意志に支配されることも無く
自分自身で歩みを決めて
生きていく。

目の前にあるのは
現実世界。

強く切り拓いていかなければ
何も現れはしない。

自分自身が踏みしめた、
その一歩こそが道である。

そう気づいた時に
心焦がれた楽園の風景が
そこに広がるのかもしれない。

いつか辿り着く。

必ず辿り着く。

もうすぐ。

もう一歩。

この角を曲がったら
広がる美しい風景を信じて
今日も歩いていこう!!

明日も勇気をだして
強く進んでいこう。



Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

街市で、会いましょう!!

「予言者」でもない限り
未来の風景なんて誰も描けないわけで...。

でも、僕らは信じる風景をめざして
ひたすらに歩んでいる。

ときに明日が信じられなくなったり、
ふとしたきっかけで自信を取り戻したり。

義論して、悩んで、笑って、ドキドキして、
そんなことを毎月、毎月...
ずーっと繰り前して、

「街市」はスタートから3年半が経とうとしています。

イメージを膨らまし
「予言者」でもない僕らが

3年後にはこうなるよ!!
5年後にはこうしたい!!

そういいながらホワイトボードに書き込んだ
数々の風景が少しずつ現実になってきました。

ときに、立ち止まって
歩んできた足跡を振り返る。

そんな時に、Blogっていいね。
「あの時の自分」と対話ができる。

街市に関する過去のエントリ

ここには関わってくれた
たくさんの人々の笑顔がある。

不平や不満もあるだろうけど
それを上回る期待と熱望がある。

明日は「大街市祭」の日。

いつしか、いつの日か
一番街?若草通り?広島通り?駅前まで
1キロにわたる東西の商店街がひとつになって
新しい賑わいの風景を創りだそう!!

そう話してから3年半。

少しずつ、風景が実現している。

昨夜は、「広島通り」が初めての夜市を開催しました。
「大街市祭の前夜祭として勢いをつけるぞ!!」
リーダーの田中さん(パリの朝市)が声かけをして
素晴しい賑わいの風景を創りだした。



誰も何もしなければ
何も無い場所ですよ。

みんな無関心でも
誰も困らないかもしれない。

でもね、「変えたい」と願う
だれかが法螺を吹く。

もっと「楽しくしたい」
そう願うシンプルな夢を持った
誰かが「予言者」になる。

何かが足りない。。。
ならば、創りだそう!!

ワクワクした言葉と表情に
いつしか巻き込まれていく
そんな快感を思い出させてくれた夜。。。

彼の描いた未来の風景が、
いつしか通りいっぱいの賑わいの風景となり
みんなの想い出を創りだす。

全てのものごとは
誰かの「言葉」からはじまる。

情熱のエネルギーを帯びた言霊が
現実(=今)の風景を創りだす。



今日は「街市」
街が笑顔で溢れる日。

ここ(街)は、みんなが創る明日のキャンバス。

自由に描こう!!

今日もまた
街市で、会いましょう!!




Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Side Street Cafe/サイストが変身しますっ!!

Side Street Cafeに関する過去のBlogエントリ 

Side Street Cafe(サイスト)を
リニューアルすることを決めました!!

かたくなに、「自然のままに?」と
壁の無いテラス席だけの店舗としてやってますが...

さすがに今年の猛暑で
さらに店内気温が40度を超えるという
スタッフもお客様も熱中症になりそうな環境をみて
ついに決断しましたっ。

サイストに

壁をつくります!!

なんだ?、、、とお思いでしょうが
いやいや、大きな決断なんですよ(^^;)

ビルの谷間にあって
尚かつアスファルトの照り返し厳しいこの場所で
裏路地のオアシスを創ろうと試行錯誤。

なかなか、”これだ”という完璧なイメージが創れないまま
今年の激しい猛暑に突入したわけです。

扇風機×3台導入して頑張ってますが??

夏あつくて
冬寒い
あたりまえが、こんなに大変とは。。。

自然な空間のカフェを創ろうとして、、、
自然に負けました...涙。

やってみないと気づかないのが
私の悪いクセです。

ごめんなさい...(しばし、大反省)

しか????し!!!

決めたら行動が早いのが私の特徴(笑)
いろんなイメージが駆け巡ります。

サイストファンの皆様
お待たせしました!!

壁、つけますっ。

白い壁に、
大きな窓をつけて...

どうせならお金もなくて
店を手づくりしていた頃の昔を思い出して
自分でペンキも塗ろう!!

素敵なソファを探してきて
居心地のよい隠れ家的なコーナーも欲しいし。。。

バリバリのWi-Fiきかせて
ノマドワークな環境もばっちりで。。

美味しいパンケーキ!
でっかいパフェ!
とろーり甘い、フレンチトースト!

週末はDJパーティとか
貸切りのバースデーパーティとか。

うお???????
ワクワクしてきたぞ♬

ここには色々な思い入れがあります。

Side Street Cafeに関する過去のBlogエントリ

でも、思い入れが強すぎるがゆえに、、、
ちょっと”こうあるべき”という
「固定概念」にとらわれていたかも?

最高に居心地のよい場所を創ろう!!

そういう原点に立ち返って考えると

なんだ、

そうか!!

もっと表現したい世界があるじゃないか。。。

シンプルな欲求って大事ですね?。

...と、いうわけで
サイストは今秋リニューアルします。

これから具体的なプランニングです!!

楽しみます(^^)/



Find us on Facebook!
facebook.com/CORNER.Miyazaki

マルチタスクの罠

こんな記事があった。

『一度に複数の作業をしていると、
人はより多くのことをこなせているように思いがちである。
ところが実際は、生産性は最高40%も下がっている。
ある研究によると、メールが来たり電話がかかってきたりして
気が散ると、IQは10ポイント下がるそうだ。
一晩眠れなかったのと同じくらいの影響である。
実は私達がやっているのは「マルチタスク(複数の作業)」ではなく、
一つの作業から別の作業へ切り替えるだけの「スイッチタスク」なのだ。
タスクの中断で、生産性はがた落ちし、時間は無駄になる。』
ハーバード・ビジネス・レビューより


心当たりがある。

たしかに、仕事を進めようとPCを立ち上げたら
洪水のように押し寄せてくるメールの処理に時間を取られ
その返信と処理に小一時間が経ってしまう。

本来の目的と違う「作業」を同時に行なおうとしたために
最初のクリエイティブな思考が萎えてしまい
大切なことが、ついつい棚上げに...。 

頼まれたら断れない弱い性格を変えられずに
不必要な会議に招聘されて
(案の定)全く無駄な2時間を過ごす為に
本質の「仕事」に割く為の貴重なタイミングを逃す。

いくつもの事象に
「並列で」関わることの危険。

現代人が陥りやすい”マルチタスクの罠”
今月発売のCOURRiER JAPONで興味深い記事。

『私達を取り巻く情報やモノは、この数十年で急増している。
SNSで会ったこともない他人の昼食の写真を見せられたり、
安いばかりで愛着の湧かないファストファッションのT-シャツばかりが
タンスに溢れている時代に大切なのは、一度立ち止まって、
”人生を整理する力”だ。
例えば、人生における優先順位をはっきりさせておかないと、
流される日々が続くばかりだ。
また、自分の「強み」と「弱み」を認識していないと、
仕事の上でも成功は訪れない。 』

「強み」を生かすことの大切さについて、
米「ポジティブリー」誌は次のように延べている。

『経営者のマーカス・バッキンガムは、
世界的に成功している個人や組織を広く研究した。
その結果わかったのは、成功者は自分の得意分野に注力し、
さらに強くなっているということだった。
人が最も仕事に集中しているのは、日々全力を尽くし、
効果的に貢献していると実感できるときだ。
強みを活かしていなければ、そんな働き方はできない』

日々、多数のタスクを 抱えて生きている。
それは否定しない。

タスクを並列して進めていく能力。
経営者には欠かせないスキルでもある。

しかし、時には立ち止まって
現状のプライオリティ(優先順位)を整理する。

そんな時間が必要だと感じている。

クリエイティブを捨てて
「作業」だけの毎日になったならば
私自身の存在意義は、薄い。

「捨てること」は何か?
「集中すべきこと」は何か?

大切なことは何なのか?

自己の限界など存在しない。
しかし、限界を超えようと懸命に壁を登る一方で
自分自身で壁(限界)を築いている矛盾。

自己の正義を疑う力。
固定観念を捨てる勇気。
思い込みを捨てる決断。

今の生活に不必要な要素から順に、
思い切って捨てていこう。

今の仕事に不必要なタスクから
離れていく(自由になる)。

今の自分に必要の無い時間は
思い切って切り離す。

一切のしがらみにとらわれずに
ときには心を解き放とうと思う。

解放されよう。

自由になろう。

時には”ワガママ”に
そして自由に
心の声を聴こう。

そして、今一度
自分自身の才能(クリエイティブ)を信じて
明日の扉を開いてみようと思う。







尾崎牛ハンバーガー

CORNERの新メニューとして、
今秋発売する(予定の)超目玉メニュー。

『尾崎牛ハンバーガー』

尾崎牛の上品な旨みを引き出す為に
現在試行錯誤の調理テストを繰り返しています。

尾崎牛とは?

生産者である尾崎さん宅で頂いた
素朴な絶品ハンバーガー。

この尾崎牛バーガーを作るにあたっては、
やはり炭火が不可欠と判断しました。





CORNERでも
キッチンの改造(炭火焼き台の導入)も進め、
準備は万端。 

バンズは既存のものではなく
存在感のあるな尾崎牛パティにあうものを
市内の有名パン屋でオリジナルで焼きます。

そして、パティは一切加水せず、ツナギも加えず、
100%尾崎牛で勝負します。

180gの迫力あるボリュームに負けないように、
出来る限りシンプルに!!



最後は、生産者である尾崎さんに
テイスティング(試食)をして頂き
「これなら大丈夫」と言えるレベルに達して
はじめてメニューをスタートします。

尾崎さんが常日頃からお話になっているように
「大切な牛の命を繋ぎ、成仏させる」為にも
最高のクオリティを目指していきたいと考えています。

今秋(9月)にはスタートする予定。

乞うご期待です!!

Find us on Facebook!
facebook.com/CORNER.Miyazaki

« Prev || 1 | 2 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ