夢の途中

楽しいことのイメージが
頭の中にたくさん、ある。

好きなリズムに重なるような
頭の中の映像と廻るヴィジョン。

楽しいことを、
素直にカタチにしたいと
いつも心では願っている。

僕らは、そんな「素直な気持ち」を
行動(アクション)に移し続けているだろうか?

自分の考える世界を
まっすぐに描いているだろうか?

年々、自分の中の経験値が増えていくと
くだらない「常識」が足枷になったりする。

人の目が気になる。
失敗したく無い...と、怖くなる。

運転者に違和感を感じない自然な挙動で
そっとエンジンブレーキをかけている。
まるで、そんな感覚。。。

そのうちに、いろんな人々が現れて
僕の中の「素直な気持ち」を殺しにくる。

ドリームキラーは
夢を食べて、過去に生きる。

誰かの常識が、
僕らの「楽しいこと」を
箱の中に閉じ込める。

他人の常識の言葉に恐怖し、
足が竦(すく)むと
その度に、自分自身の価値が歪む。

エフィカシーは脆く
自己を奮い立たせる精神は
あっけなく崩壊する。

そのたびに、
僕は考えている...。

「僕の楽しいことは何だろう?」

本当にやりたいことを
素直に貫いて生きていたい。

自分自身の未来は、
僕らが創る。

僕の言葉を信じて集い、
その道を共に進む仲間達がいて
そんな群れの先頭で吠える。

分かれ道があれば
迷わず自分自身の心に従えばいい。

山を登る者は知っている。
喜びの瞬間は少ないことを。

山頂での僅かな満足の瞬間と
征服したあとの僅かな安息の時間(ひととき)。

喜びを知っている者は、
明日は更に険しい山に登ろうと、
己を奮い立たせる。

美しい冒険と刺激を求めて
より険しい山を求める。

イージーな選択よりも
自身の心の声に従う。

そんな自分で良いと思う。

言葉は、人を殺す。
言葉は、人の未来を創る。

どうせならば美しい言葉で
ワクワクするような、
生きた未来を描こう。

楽しいことをカタチに。。。

我々だけが知る
未来の姿を信じよう。

一歩ずつ、
前に進めばいい。

それがたとえ亀の歩みであっても
歩みを止めなければ
いつかは山頂にたどり着く。

だから、

険しい道程を乗り越えようと踠き、
常に挑戦する自己を讃えよ。

決して振り返ること無く
前だけを見据えて
短い人生の瞬間を
ひたむきに重ねる人でありたい。



Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki






テレビへの雑感

最近は、あんまりテレビ(正確には番組)を見ないので、
世の中の話題についていけません。

『あまちゃん』とか、
じぇじぇじぇ?のフレーズとか
...流行ってる(笑)?

土曜の夜の「ドリフ」とか
「元気が出るテレビ」とか
「ベストテン」とか
「ギャラクティカ」とか...

あんなに楽しみにしていて
じっとテレビの前で待っていた
あの頃がなつかしい。

翌日の学校の話題の中心は
いつもテレビだったね。

いまの子供達もそうなのかな?

自分がオトナになったから
見なくなっただけ?

気づいたら、
テレビを見なくても

世間の話題を知らなくても

ふと気になったメロディとか
気になった出来事とか
政治家の失言とか(笑)

野次馬になって
Youtubeで検索したりします。

いつでも、
どこにいても
必要な瞬間を切り取れる時代に

「テレビって、もしかして
もう必要ない時代になったんじゃないの?」

テレビ番組の(制作の)関係者と話す機会があって
(思い切って空気読まずに)聞いてみました(^^;)

「テレビの中のあらゆる実験はすでに終わった」
「過去の手法をトレースするだけの番組ばかり」
「だから、いつか見たことのある映像に飽きたのだろう」
「視聴者は無意識にそれが分かっている」

そんなことを言ってました。

んんん??
そうなのか。

何が起こるか分からない
そんな未来の瞬間に僕らは興奮する。

破天荒で予測不能な異端の天才が
公共の電波で自由奔放に暴れる。

そんなテレビの時代よ
今一度!!

こうなったら、逮捕されたエガちゃんを
笑っていいとものレギュラーに起用しよう!!!

なんならタモリのかわりに
高田純次を起用しよう。

テレホンショッキングは
マジでガチ電話。

生本番なのに
キレて帰るゲストが続出。

ぼくはきっと毎日12:00からテレビの前にすわって
ドキドキする時間を過ごせると思うのだけど。。。

スイマセン。。。。

思いっきりくだらない
深夜のヒトリゴト...でした(苦笑)

反省。



Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!

路地裏のカフェにて

カリーノ裏にある
一軒のカフェ。

改めて、この風景を眺めながら
週末の1日をこの場所で過ごしながら
オープンした”あの日”のことを思い出しています。



カリーノ宮崎の裏通りにある
「Side Street Cafe/サイドストリートカフェ」

公式HP Side Street Cafe

ここは元々、駐車場の一角で
周辺にはあまり商店もなく、
文字通り路地裏の目立たない場所...。

カリーノ宮崎さんのリニューアルプランにあわせて
この路地裏に飲食店をオープンしたのは
もう1年半まえのこと。。。

ドイツの事業パートナーであり友である
Oya KENJI 君と共に、いろんな苦労をしながら
ドイツのソーセージ職人を招聘して
宮崎の豚を100%使ったソーセージを使う
ホットドッグスタンドからスタート。

その後、「Side Street Cafe/サイドストリートカフェ」として
リニューアルし、九州パンケーキの開発の起点となりました。

ここは完全なオープンエアの空間で
空調も無いほとんどテラス的な空間なので
夏は暑く、冬は寒い...。

そんな厳しい環境で試行錯誤しながら
ようやく”スタイル”が確立してきた気がします。

今日から、たくさんの新商品もスタートしました♬

九州パンケーキバーガー 


九州パンケーキドッグ
あの「伝説のソーセージ」が新バージョンで復活です!!


日々の「作業」に忙殺されていると
本来の目的を見失うことがあります。

どうしたら売れるか、
どうしたら客が来るか、、、

そんな目の前の課題にばかり意識が向いていたら
本来の「やりたかったこと」や
「表現したかったこと」を見失います。

どうしたら楽しんでもらえるか。
どうしたら、楽しめるか?

自らがいつも楽しめる
期待と希望の詰まった場所であること。

僕らが創ったオープンテラスの
ナチュラル(自然)な空間を
新しい宮崎の食文化のスタイルにしたい。

新しい”食のスタイル”を創りだし
自身の感性と方向性を信じて
ワクワクしながら歩んでいこう。

目的はただ一つ。
そのヴィジョンに向かって、一直線に進む。

夢一杯の意気込みでスタートした
あの日のことを考えながら
いつもスタートラインの心持ちで取り組んでいこう!!

そんな想いにさせてくれる
気持ちの佳い風が吹き抜ける
サイストのいちばん端っこの席で
夕暮れの美しい時間を過ごしています(^^)






« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ