「忙しい」あなたへ

仕事の話や相談をすると、
その中身の興味や面白さよりも
自分の時間があるか無いかを優先する方がいますね。

「今はちょっと時間的な余裕が無いんです」って、
まずは自分自身の”状態”を全てに優先する。

そういう方とは仕事が深まったことが無いし
あんまり縁が繋がったことが無い
そんな気がします。

一方、どんなに忙しくてもきちんと話を聞いて、
そして仕事の方向性「=やるか、やらないか」を決めてから
じっくりとスケジュールを考える方。

意思決定が早く、
発言が分かりやすくて明確な方。

そんな人とは、
かみ合わせがいい。

私の周りの仕事ができる方々の特徴。

1)メールの返信が早い、デジタルツールを「道具」として使いこなしている
2)いつもゆとりの表情(笑顔)をしている、険しい雰囲気を漂わせない
3)否定から入らない、できる方法を考える
4)愚痴を言わない、悪口を言わない
5)どんなに忙しくても「忙しい」と口にしない

つまり、人に気を使わせない
気遣いのできる方が多いような気がします。

いつも忙しいと言っている方って、
「忙しいから自分には近づかないで」と言って
自分のまわりにバリアを貼っているようなカンジがする。

そもそも、あなたの「忙しい」は
本当に仕事のそれであるか?

JCの会議、商店街の会議、イベントの会議...
それは「忙しい」の理由に100%なり得ない。
自分自身もそこに所属している、もしくは所属していた
熱心な活動家なのだから言ってもいいでしょ?

あえて断言します。

無駄な会議は、
無駄な時間です。

社内の同僚や部下にも
「仕事を頼みやすい人」と「そうでない人」がいる。

頼みやすい者とは情報を共有/相談したくなるし
そうでなければ、自然に命令(指令)になっていく。

「仕事を頼みやすい」
って、実は大切なことであり
それは努力のいること。

「忙しい雰囲気」を漂わせて
一向に仕事が進まない
もしくは成果が出ない。

「べき論」をいつも言っていて具体が無い。
仕事をしている雰囲気だけは
漂わせることがうまい。。。

そんな社員には、
むしろ辞めてもらった方がいい。

まわりに悪影響を伝染するだけ。

自分自身の姿を見直そう。

私自身も、
忙しさを理由にしていないか?

「忙しい」と言った瞬間に
自分の能力の限界を、
自分で決めている。

忙しければ、学んで処理能力をあげればいい。
時間がなければ、細切れの時間を有効に使えばいい。
ゆとりが無ければ、思い切って自身の時間軸を変えてみればいい。
飲みにいくことを辞めればいい。
外食の回数を減らせばいい。
伝達(共有)の手段を高度化すればいい。

「忙しく」て仕事をする時間が無い人に、
社会活動などもってのほかである。

優先順位が逆転していないか?
何が正しいか?
「忙しい」を打開する工夫はあるか?

考えるよりアクションである。
スピードは何よりも大切であり、
「忙しい」はそれを阻害する最も有効な”いいわけ”である。

私自身、仕事の流儀を
あらためて考えてみようと思う。

Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki










ニューリーダー

33歳の若きリーダーが誕生した。

さきた恭平。
新日南市長に当選。

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=52923&catid=74&blogid=13&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
(宮日新聞WEB) 



政党無所属、それも33歳という「根」の無い新人が市長になるというのは
宮崎の政治にとって初めてのことである。

これからの手腕が問われるが
おろらくはオール野党であろう議会運営には
強い心と人間力(リーダーシップ)が求められる。 

市民に選ばれたからには
どうかノーサイドで彼を支えて頂きたいと願う。

ただ、、、
日南市民6万人の命を預かり、
地域経済を維持、発展させるという仕事。

若さを言い訳にすることはできないし、
経験を積むという猶予は無い。

市民の命や財産を預かる仕事に、
時間は待ってくれない。

彼に課せられた責任は、重い。



20代、そして30代の”街づくり”を経験した若者達。
決して地域の現状を諦めることの無い世代。

彼らが、自分たち自らを主語として(主体的に)
行政に関わっていく。

自分の力で、未来を創っていく...。

その為の手法として「政治を目指す」という機運は
益々盛り上がって欲しいと思う。

「僕たちは変えられるんだ」
そう信じること。

情熱を持って、強さを持って、
ムーブメントを巻き起こして欲しい!

これから、全国が注目する地域となる日南市。

地域の新しい成長モデルとなれるように
むしろ宮崎全体を牽引していって欲しいと、
心から願う。

Find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki



開物成務

正直、色々なことがあった
そんな数週間でした。

思いもよらない事件もあり
久しぶりに凹んだ瞬間もあります。

人生のバイオリズム。 
山もあれば、谷もある。

順風満帆に見せて、
いつも笑顔で振る舞うことも
ときには苦しいことがある。

誰でもおなじだろうと、思う。

100%いつでもハッピーな人はいない。

人は、悩むから成長する。
壁を壊して、山を越えるたびに強くなる。

私の座右の銘は「開物成務」
自ら道を切り拓く。


こんな物語がある...。

安らかに、仲良く、平和に暮らせる島がある。
その島には、一本の橋が架かっているが
誰もが、我先にと渡ろうとする。
皆がなだれを打って、争いながらこの橋を渡ろうとする。
「早く、早く」
「誰よりも早く、その島に行きたい」
人よりも早く行こう...
そう考えたとたんに、人と競い、すごく不安になる。

そんななかで、つと、立ち止まった人がいた。
彼は、後ろから来た人に「お先にどうぞ」と言った。
「早く行った方がいい」を捨てて、
「自分より人を先に」と、道を譲った。

とたんに、心の中に、すばらしい安らぎが生まれた。

?般若波羅蜜多?
エゴを捨てて、自分の心を平安に保つという悟り。

心は、突き抜けた。
自ら成すべきを努める。
そして、自分の運命は自分で切り拓く。

強く、明日を創っていく。

前へ!!



find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!

『九州パンケーキ』新メニュー@Side Street cafe♪



Side Street Cafeですっかり看板メニューとなった
「九州パンケーキ」ですが、、、

4月8日(月)

レシピをリニューアルして
いよいよ新メニューが登場します。

パンケーキは
生クリームや全卵のCREMEを加えて
更にふわっふわの食感に!!



Side Street Cafeの
九州パンケーキ♬

みなさん、宜しくお願いします!!

九州パンケーキミックスのご購入はこちらから
↓↓↓↓
http://www.kyushu-pancake.jp


FInd us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki




「よい店」って?

「よい店」って何だろうと、
最近よく考えます。

「よい店」とは稼いでくれる店?

”儲かる”ということは、全てを幸せにします。
しっかりとした利益を生みだすことによって
その還元が良いサービスに繋がり、人を笑顔にする。

そして何よりも経営を安定させることは
店の維持継続の源泉であり、
お客様の大切な”想いで”を
次の時代に繋いでいくことです。

日々、たくさんの店ができて
そして消えていきます。

お店の灯りが消えるということは
同時に、お客様の想いでが消えるということ。

そんなシンプルなことが分からずに
流行(はやり)の看板を大量生産していては
誰も幸せにならない。

だから時にはやせ我慢してでもいいから
少しでも早くしっかりと経営を安定させ
稼げる店でなくてはならない。

お客様にとって、
「よい店」とは何だろう?

このことをずっと考えながら、
毎日を過ごしています。

飲食店は、想い出の場所。

贅沢な美しい想い出は
いつまでも変わることなく
そこにあって欲しいと思います。

よい店は儲かる店?

いろいろな儲けかたがある。

お客様が幸せな時を過ごして
それをサーブするスタッフも幸せで
賑やかなコミュニティの最終単位として
街(地域)にも貢献できて...。

お客様も
スタッフも
地域も、
そしてもちろん自分自身も、
みんなが幸せになる店づくり。

『みんなが儲かる店』を創ろう。

そう思いながら
毎日を過ごします。

いつまでも変わらないことって
実はいちばん難しい。

10年先も変わらない
儲かる繁盛店をつくる。

それこそが、
我々の目指すこと。

「よい店」をつくることって
哲学にも似て人間学の様相で...
奥が深くそして面白いですね。





Find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki







« Prev || 1 | 2 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ