Bridge for Fukushima




福島県相馬市。

ここで震災後の復興支援活動に尽力する2人と出会った。
地元に住み、地元のコミュニティ復興に向けて人尽力する
一般社団法人「Bridge for Fukushima」
地元相馬の出身で代表理事の伴場堅一さんと、
プログラムオフィサーの加藤裕介さん。 

一般社団法人 Bridge for Fukushima
公式HP http://bridgeforfukushima.com

お二人に、相馬の街を案内して頂いた。

九州にすむ私達にとっては、
だんだんとあの日の記憶が遠ざかっている。

いや、それどころか、
あまりに現実感のない ”その後”の生活。

日常の”あたりまえ”がそうではなくなったとき
我々は果たして現実の課題に向き合えるのだろうか。



「不謹慎だとは思うが...、むしろ津波だけだったらどんなによかったか」

そう語るのは『NPO法人相馬はらがま朝市クラブ
理事長の高橋永真さん。

あの大地震、津波を生き抜いて
悲しみと格闘しながら生きる男だけが語れる言葉がある。

はらがま朝市クラブ公式ホームページ
http://www.haragama.net

ご自身もいまだ仮設住宅に住みながら
地域コミュニティの場「相馬報徳庵」をオープンさせた。

「この街で生きることを決めた人たちのために、新たな産業、雇用を生みだす」

原発事故の影響で、未だに漁業操業の目処は立たず。
しかし、魚を県外から仕入れ、独自の加工で付加価値を付加する
手作りの水産加工工場を仲間とともに開業させ、
コミュニティスペースや仮設店舗のオープン、そして
仮設住宅にお住まいの皆さんの健康や心のケアと...
毎日、休む暇もない多忙な日々である。



手探りの中で、一歩づつ前に進む”挑戦”。
しかし、ゴールの見えない歩みへの葛藤...。

地域に根を張ると決めた方々の表情には
覚悟と情念が宿る。



若松味噌醤油店
公式ホームページ
http://wakamatsu-miso.jp

創業150年の老舗「若松味噌醤油店」の若旦那
若松真哉

「私の夢は相馬を味噌で有名にすることです」

Youtube/CM
http://youtu.be/9qq2GiUZXjE

地域の復興には、圧倒的なヒーローの存在も時には必要である。
この若武者、サムライに心からの応援を!!

ご注文はこちらから
http://wakamatsu-miso.jp



震災当時の話を聞かせて頂いた。
真実の物語は、決してメディアでは伝わらない。

いまだ原発事故の爪痕、そしてその後の”風評被害”に苦しむ生活。
想像をはるかに越えた激闘の日々...。







日本人は、あの日のことを決して忘れてはならない。

そしてここを「時間のとまった場所」には
絶対にしてははならない。

生活は続く...。
地域は力強く行きていくために、
目に見える希望の未来が必要である。

私達になのが出来るのか?

考えて、考えて、考えて...
でも今の私には何の答えも出ない。

でも、答えが出ないならば、これから彼らと共に、
語り合いながら共に答えを探していこうと思う。




原発から20キロ地点をこえるとそこは、
”あの日”から何も変わらず、手つかずの風景。

人の住まない街に、
信号だけがむなしく点滅する。

電車でわすかに2時間。
東京に戻ると異次元の世界が広がる。

ひしめきあう満員電車。
交差点の人の波。
賑わうデパートや商業施設。

師走で浮かれた東京の喧噪と、
相馬で見た風景の
あまりのコントラストにとまどう。

ここが同じ日本なのか!?

この国の政治(政治家)が語る
復興の定義は正しいのか?

僕ら自身はどうなのか?
被災地の生活を理解しているのか?

我々は現実を見つめなくてはならない。
そして、もう一度考えよう。

ぼくらに何が出来るのか?

まったく置かれた立場は違えども、
おなじく”地域を愛する”活動家である。

戦う相馬の同志たちに心を寄せながら、
今の自分に出来ること...
その小さな答えを見つけようと思う。



復興デパートメント
http://www.fukko-department.jp

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!




カリーノ宮崎の挑戦!!

カリーノ宮崎リニューアルオープン
http://www.carino.co.jp/miyazaki/info/2012renewal.html

特別な感慨があります。

本当に長く、しかし振り返れば一瞬の10年間。
新しい歴史の瞬間に、仲間(プレイヤー)として共に立てる。
そんな心からの喜びに満ちあふれています。

11年前...、市街地で「イオン反対運動」が吹き荒れる中で
当時の津村市長がイオンモール立地を”認めない”条件としてあげた
いくつかの項目の中に旧寿屋(現:カリーノ宮崎)の再開/再生がありました。

しかし、街の核(コア)店舗としての役割を引き継ぐ再生プランは
「不可能」「不完全」と判断され結果的にイオンモールの立地は認められました。

その後の中心市街地の苦しみは周知の通りです。

決してその時の「イオン問題」の是非を蒸し返そうとは、思いません。
しかし、市(市長)は再生不可能と判断したこの旧寿屋は
後日「カリーノ宮崎」として”最初の”再生を果たすこととなります。

葛藤と落胆の繰り返し。
市街地が本格的な衰退の苦しみに突入する前夜。
そこの見えない、先の見えない冬の時代。

その中での投資は、本当に勇気のいる一歩でした。
当時32歳の私は、4000万円を超える投資金を
全額借入(借金)してタリーズコーヒーをオープンしました。

2003年3月14日
期待の中でオープンしたカリーノ宮崎の歴史は
決して平坦ではありませんでした。

50店舗以上が入店するテナント/ファッションビルとして再生したカリーノ。
しかし、年を重ねるにつれ、テナントの退店が続き...
とうとう最後には私(タリーズ)と化粧品のミノリさんだけになっていました。

苦しく、厳しい時代...。
オープンから数年が経ち、ふたたび閉鎖の危機も噂される
そんな一番の苦しみのときに
新しい支配人としてやってきたのが徳丸さんです。

2007年10月のリニューアルオープン。
あれから5年...

本当に様々なドラマがありました。

本当にたくさんの皆さんに支えられて
愛と情熱溢れるテナントオーナー達が集まり
2回目のリニューアルオープンを迎えます。

感慨無量。

ここまでの道筋は平坦でなくとも
全ては今日の喜びの為にある。

叩かれても立ち上がる。
何度倒れようとも、理念と理想の炎を燃やす限り
「あきらめ」が無い限り夢は実現する。

それを皆で実現したカリーノの面々。。。
今、最高の瞬間を迎えようとしています。

リニューアルオープンの目玉である
地下2Fの「ラ・ディッシュセブン」のレセプションで挨拶する
カリーノ徳丸支配人の目から流れた涙が
5年間のすべてを物語ります。



感動の一瞬は、
これから始まる新しいドラマの幕開け。

ラ・ディッシュ佐藤社長は
「中心市街地に未来を賭ける」
その言葉通りに、本当に感動的な空間づくりを成し遂げてくれました。

ラディッシュセブン
http://www.carino.co.jp/miyazaki/info/2012renewal.html

公式HP
http://la-dish.com/seven/




明日にどんな困難があったとしても
このチームならば乗り切っていける!!

そう感じさせてくれる
素晴らしいカリーノの仲間達が集った。

宮崎食研「てまごこち」の田原社長は
初めての飲食イートインスペースのチャレンジ。
「てまごこちDirect」と「Cupccina」をオープンします。

てまごこち
http://www.tema551.jp/index.html




クッキングスクール「Manma」代表の石坂美和子さんは
市街地にあたらしい文化の創出を目指します。

Kitchen Studio manma
http://www.ks-manma.com




TSUTAYA/蔦屋書店を運営する
熊本ニューコワン社は、新しいライフスタイル提案型の雑貨ブランドを。

il Bigu/イルビグ
http://www.carino.co.jp/miyazaki/info/2012renewal.html




弊社は蔦屋書店とのコラボレーションで
九州タリーズ初の「Books&Cafe」で新ライフスタイルの創出を!!

そしてSide Street Cafe では、新しい挑戦。
「九州パンケーキ」を発売します
ブログエントリー



本日、カリーノ宮崎

第3幕の幕開けです!!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!!










メディアリリース:九州パンケーキ発売!!

毎日の食卓に大地の恵みを!!

構想1年半、試行錯誤に研究/開発を重ねた新商品
「 九州パンケーキ」ミックスがいよいよ発売です!!

「九州パンケーキ」ミックス
公式WEBサイト/販売ホームページ(12/5?スタート)
※12/5(明日)までは、ご覧頂けません。ご注意ください。

http://www.kyushu-pancake.jp

ご挨拶



九州全県より、厳選した素材を集めました!!

福岡/赤米 熊本/黒米 鹿児島/うるち米 長崎/もちきび
大分/小麦 宮崎/発芽玄米

お砂糖も、鹿児島(奄美含む)のサトウキビを使い、ほんわり柔らかな甘さです。



プレスリリースシートはこちら
↓↓↓↓

「九州パンケーキ」メディアリリース




ちなみに、アンテナショップとしてSide Street cafeにて
実際に食べてもらえます♬

シロップ、自家製ソース(ベリーソース、パイナップルシナモン)、ホイップクリーム...
試し放題です!!




どんなに優れた食材を使っていても、
美味しく無くては意味が無い。

とことん味と食感にもこだわりました!! 

アレンジ次第で、どのようにでも楽しめるのがパンケーキの魅力です。
ぜひとも色々なトッピングで試して頂きたいです♬



おちろん、”ふわもち”の独特の食感と素材の風味を味わって頂くには、
まずはそのまま食べてみてください(^^)
お子様にも、簡単にふんわり焼けますよ♬



通販サイトは12/5?スタートします!!

「九州パンケーキ」特設ホームページ 
http://www.kyushu-pancake.jp

また、明日(12/5)リニューアルオープンするカリーノ宮崎の
目玉テナント「ラ・ディッシュセブン」様にて先行発売をします!!

<先行発売>
ラ/ディッシュセブン
http://la-dish.com/seven/

九州の大地から、全国へ!!
そして世界へ!!

九州パンケーキ
宜しくお願いたします(^^)

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!
« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ