No Title for 3.11

いろんな出会いがあって
幾多の分岐点を曲がって
今日に繋がっている。

運命の悪戯で、
ときに遠回りもする。

時々は自分自身が進むべき道を
人生の分かれ道で
立ち止まって考える。

右の道と左の道。

立ち止まって
「どちらが正しいのか...?」
答えが出ないで
いつまでも立ち往生。

分岐点のマイルスストーンには
答えは書いていない。

立ち止まって、
思考して
恐怖に足がすくみ
前に進めない。

本当は誰もが知っている。

ただじっと待っているだけでは
何も変わらない。

祈っても願っても
誰も助けてはくれない。

ひとは一人で生まれて
そして最後もひとり。

どうせ一度きりの人生ならば
思いっ切り自分自身を信じてみよう。

信じることから全てははじまる。

自分を信じて、そして行動する。

最初の一歩の恐怖を乗り越えれば
あとは自然に任せて前に進む。

信じるものは未来。

道標が無いならば
自分自身が道となれ。

そうして辿り着いた場所が
たとえ何も無い荒野であっても
最後は一人に帰るのだから
誰も待たなくていい。

時々は不思議な悪戯で
美しい天使も舞い降りる。

一輪の花が幸せを運んでくる。
それが”希望”だったりする。

不安と恐怖を消す唯一の方法。
それは行動だけである。

キセキを起こす唯一の方法。
それは自分を信じること。

一歩を踏み出す勇気を!!

心強く。
前へ!!

Mirackes happen to those who believe in them
Bernard G. Berenson
〜奇跡はそれを信じるものに起こる。 



Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!

CORNERへの想い、マチへの想い...新たな決意。

少しずつブログを書いているおかげで
3年前の自分と会話をしています。 

2008年11月、
3年前の自分のブログを読み返してみる。

オープンしたばかりのCORNERの2Fで
なかなかうまく行かない日々の経営の不安を抱えながら
一人決意を固めていました。

ブログエントリー
2008年11月23日

******************************

マチがだんだんと元気をなくしています…。

東国原知事が「宮崎をどげんかせんといかん!」とか言って、
全国的にも知名度が上がった宮崎県…ですが、
マチナカは昨年よりも数段疲弊が進んでいます。

宮崎の”顔”は一体どこだろう?

このままでは、”顔”のない、全国どこにでもある
地方都市のひとつになってしまうような不安があります。
”顔”のない、のっぺらぼうの観光都市なんて魅力あるのかな?
素晴らしい観光地や、文化歴史をもっている宮崎県ですが、
それらが活きるのはしっかりとした”顔”があってこそなんじゃないでしょうか?
きれいに整った”顔”じゃなくても、
独自の個性を持った魅力ある顔立ちってあるんじゃないかな?
かってのプレイグラウンドを取り戻そう…
いや、「新しいマチを作ろう!」そういって日々奮闘する仲間たちがいます。

一つの企業ができることは本当に限られていますね。
しかし、私たちは飲食業で生きている会社です。
魅力ある飲食店を創造(クリエイト)して、
新しい価値観を提供することでしかマチへの貢献はできません。

私のCORNERへの”想い”は、
そのまま”マチへの想い”とつながっています。

CORNERは私たちにとっては、ひとつの“挑戦”です。
一軒のCafeがマチを変える力を証明したいと強く思います。
宮崎の”へそ”であるこの場所で、
宮崎でいちばん活気のある、
宮崎でいちばん”居心地のいい空間”を作っていきたいと強く思っています。

CORNERはうまれたばかりのお店。
日々、スタッフたちと奮闘しながら改善の日々ですが、
きっと1年後には…いや、2年後には
”日本一のカフェ”と言ってもらえるような、
そして、宮崎市民が誇りに思っていただけるようなお店になります。

そのときには、きっと、宮崎の中心市街地にも大勢のひとが戻り、
活気あふれるいきいきとした”顔”が復活するのです!

*****************************

3年前の自分自身との約束は
いったいどのくらい果たせているのか?

あの時の自分が、強い意志と情熱で
迫力を持って”挑戦”をしている。

『魅力ある飲食店を創造(クリエイト)して、
新しい価値観を提供することでしかマチへの貢献はできません』

この街角のカフェ/バルが大勢のお客様で溢れ
エネルギーを発する光景が広がり
街全体を包み込んでいくイメージ...。

その美しくパワー溢れる光景を創れたときに
必ず街はよみがえる。

信念はいささかも変わらない。

我々が道を創る。
我々が、新しい風景を創りだす。
我々が街を変える!!

あのときに誓った「日本一のカフェ」には
まだまだ届きません。
宮崎市民が誇りに思ってもらえるような...
そんな大それた存在にはなれていません。

でも創業の意思と理念は全くぶれていない。

新たな決意です。
今日をまたスタートラインにしよう!!

この場所〜Street CORNER〜から
大好きな宮崎の街を元気にします!!

日本一のCAFE 。
レジェンド(伝説)と呼ばれる店を創ろう!!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!

散歩道

山間部では雪が降るなど
宮崎でも本当に寒い一日でした。

年の瀬〜年始にかけては
店舗がフル稼働で動いているため
毎年ノンストップで動き続けています。

三が日があけて、
やっと少し心にも余裕ができ
久しぶりにゆったりとした気持ちで
平和台公園を散策してきました。



風景や自然の音を楽しみながら
池の周りをゆっくりと歩きます。

美しい...。

久しぶりに空を眺め
時間を忘れて森の中に入っていく。

気がつけば、やがて強く厳しい寒風のせいで
耳が痛くなり、目が乾いてあけられず、
唇もひりひりと火照りだし
指先の感覚すらも無くなってきました。

南国宮崎には珍しい
それほどに冷たい散歩道を歩きながら
”ふと”考えたことがあります。

たしか前回ここに来た時は
猛暑厳しい8月だったけれど、
人間って不思議なもので、
こんな寒風の中にいては
あんなに暑かった夏の日の”肌感覚”は
どんなにがんばっても思い出せません。

過ぎ去った”肌感覚”って
記憶から簡単に消えてしまうものなんだろうか?

感情〜こころ〜も、同じなのかな。
過ぎ去ればすぐに忘れて
やがて曖昧になっていく。

明るく晴れた日差しの中では
暗闇の不安を思い出せないし、
逆に不安の中では
希望に満ちた朝日の光景は思い出せない...。

本当に不思議なものです。

アメリカの高名な臨床心理学者
L.ザルズマンが解いた
不安の正体のメカニズム。

”フラジャイル(壊れやすい/脆い)な存在である人間が
絶えず変化していく環境に適用しようと
もがくことから不安が生じる”

では不安から逃れる為にはどうすれば良いのか?
その解をこう答えました。

”here and now"
いま、ここを生きよ!!

全てを受け入れて、決然として立て!
そして、いま、ここを生きよ!!

厳冬の中で、
夏の肌感覚は思い出せない。

もし大雪が降って動けず
すべてに閉じ込められたとしても
自然の摂理に逆らわずに
全てを受け入れて生きる勇気を。

そのうちに雪はとけて季節は巡り
必ず生命溢れる春はやってくるのだろう。

長い夜の暗闇の中を耐えてこそ
朝の光が神々しくうつる。
ひとはその中に希望を見いだす。

そしてまた美しい夏が巡れば
心凍るような出来事も
すっかりと心から消してくれる...。

新春のお笑いTV番組は
今の自分にはむなしすぎて見る気がしない。

何度も震災の風景を映し出し
「あのときを決して忘れること無く...」
そう涙を浮かべて語っている人気タレントが
逆のチャンネルではくだらない宴の中にいる。
同じ時間、同じ箱の中に
そこには二つの”逆の”人格が存在し
僕の頭を混乱させる。

そんなギャップが不自然すぎて
せっかくの正月なのに
いつもと違う新年の肌感覚なんです。

せっかくの正月なのに
どうしても”めでたい”気分になれない。

実は、昨年末に突然大切な親族を急病で亡くしたことも、
そんな理由のひとつだろうと思います。
大きなイベントの最中に突然倒れ、
そしてそのまま病院からでることもなく
わずか2ヶ月後に逝ってしまった...。
だれにも話さなかったのは
年末〜年始の喧噪の中で動いている様々な”事情”があり
その流れを私事によって変えたく無かったから。

ときに”事情”を優先し
自分を殺さなくてはならないときがある。

だれにも分からない、自分だけの悲しみの中で
いつも笑顔で自らを”馬鹿”にすることが
必要な時もある。

ときには、それが定め(宿命)でもある。

テレビの向こうのタレントや文化人たちも
同じような気持ちなのだろうか?

それとも、9ヶ月前の過ぎ去った季節は
すでに肌感覚に残っていないのか...。

震災後に日本を訪れた
ダライ・ラマ14世の言葉を思い出す。

〜決してあきらめないでください
どのような困難にぶつかろうと
決してあきらめないでください
よりよい心を育み
思いやり深い人であれ
身近な友人のことだけでなく
全ての命を慈しみなさい
心の平安を保ち、
世界平和のために尽くしなさい
もう一度言いましょう
決してあきらめないでください
どのような状況におかれようとも
あなたのまわりで何が起ころうとも
決してあきらめないでください

”here and now"
いま、ここを生きよ!!と声が聞こえる。
あきらめなければ、明日はやってくる。
もちろん、全員に平等にやってくる。

過去に縛られて、人も、政治も、街も、
みんなが身動きできないでいる...。
そんな気がするんです。

でもね、時には宿命を背負いながら
それを踏み越えて明日への一歩を踏み出さなくては
輝いた未来はやってこない。

私は過去に生きない。 

明日をどんな一日にするか...?
それは”今日をどうやって生きたか”で決まる。

もし、明日がどんなに苦しくて
辛い日であったとしても、心配ない...。

人間の曖昧な記憶は
苦しかった日の”肌感覚”は
きれいに消してくれるのだから。

9ヶ月後にはみんな忘れて、
また大笑いしているからね。

僕たちは、大丈夫だよ。
きっと...。

心強く、優しく。
前へ!!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!

趣味は何ですか(^^)?

趣味は何ですか?
そう聞かれていつも悩みます...。

う〜ん、読書は好きですが趣味ではないし。
映画とかDVDとか、それは気晴らし程度に見るだけだし。
気づいたら自分の楽しみって、あんまり考えたこと無いな〜。

そこで今年は壮大な目標を一つ立てました(^^)

フルマラソン完走!!

そこで早速、新年セールのスポースショップに行き
いろいろ買っちゃいました〜。

はい、認めます...。
カタチから入るタイプです(^^;)



そして、こいつもオーダーしちゃいました!!
前から欲しかった、999.9のサングラス!!

はい、認めます...。
買い物にいろいろと理由をつけるタイプです(^^;)



これから、どこに出張に行くときにも
ランニングシューズとサングラスを持っていきます。
今年の相棒達です(^^)

きっと数ヶ月後には、こう言ってるんだろうな〜。

「趣味はなんですか?」
〜はい、ランです(ニヤリ)〜

ぎゃーかっこいい〜〜!!

さらに、きっと半年後には
こんな体になってるんだろうなあ...。



はい、認めます...。
妄想癖、あります(^^;)

ドイツのKENJIくん、ブログ見てますか?
24時間戦える肉体...作りましょう〜!! 

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!

2012 Started 新たな誓い

2012年の幕が開きました。

31日から新年にかけて、
グループ全店舗を巡回しながら
従業員たちの笑顔に新年の「飛躍への誓い」を固める。
ここ数年変わらない、私の年末年始の過ごし方です。

お客様で賑わう店内を見ていると
心からの”感謝”で胸が一杯になります。
商売人にとってはこれほど嬉しいことはありません。

みんなの頑張る姿は
いつも私に勇気と決意を与えてくれます。

12月は、一平グループ全店揃って
昨年対比売上げクリアを達成しました。
本当にありがとう!!

凄まじいスピードで変わっていく時代の中で、
何もしなければ”衰退”する厳しい時代です。
老舗の看板に胡座をかいていては明日はありません。
ファミレス、回転寿し、大型専門店など...環境は激しさを増します。
また、自然災害を含む重なる外的環境の変化で
大変苦戦していた我々の本陣「一平寿司」も
お陰さまで12月は昨対売上げ110%を越えることができ
何とか先代(亡父)にも良い報告が出来そうです。

みんな揃って笑顔で年越しが出来ることが
なによりの喜びです。



また、CORNERでは月間セールスレコード、
そしてタリーズ都城店では自らが持っている
豆売りの月間記録(タリーズコーヒージャパン全国店舗)を更新しました。

日々の努力を怠らず、高い目標をもって頑張る仲間達
そして何よりも、店を支えてくださる地域のお客様に
心から感謝を申し上げます!!





実は...年の瀬にPCを立ち上げ、
年末最後のブログを書こうとしましたが
たくさんの想い重なり、書きたい言葉が重すぎて
どうしても筆が進みませんでした。

あまりにもたくさんの出来事があった1年間。

3.11以降は、全てのルールが変わりました。
いや、もしかしたらそれよりもずっと前から
既にこの国の秩序は変わっていたのかもしれません...。
秩序が変わったことを我々(国民)に知られないように
何かが全力で覆い隠している様な不気味な感覚すらあります。
我々も「気づかないことが幸せ...」だと無意識に感じていて
無理矢理に”変わらない日常を演じている”のかもしれません。

ひとは”変化”を認めたがらない生き物です。

日本経済は既に衰退のプロセスを加速しています。
「なにも変わらない」ことを妄信し、願い、求めても
過ぎ去った時代(とき)は帰って来ません。

私たちは新しい時代の扉を開けて
地域独自の未来をデザインしなくては未来は無い。

もちろん、個人も”変化”を許容しなければ
激しい時代の激流に飲み込まれてしまう。

今年は「変化を意識する」ことが大事だと感じています。

いよいよ新しい世界秩序が動き出します。
世界中でリーダーが交代し、
New world order/新時代の扉が開きます。

未開の地に何の準備も無く裸で放り出されることが怖ければ
「だれも未来を示してくれない...」と嘆いているような
他力本願の甘えた思考は捨てなくてはならない。

我々は激しい変化の時代に生きている。
「変化」を受け入れよ。
変わることを楽しもう。

時代の新秩序を受け入れて、
自分自身も新しい毎日の中で成長し
猛烈な変化のスピードの中に身をおき
常に自己更新を繰り返す。

年頭にあたり、たくさんの新たなビジョンを描きました。
しかし今日のプランは、明日には陳腐化する。
ビジョンを達成する為には、時代の変化を許容し
自分自身を”常に進化させていく”ことを恐れない。

今年の正月は、私におめでたい気持ちはありません。
むしろ清々しいほどの「覚悟」を感じています。

年の瀬に、FBで今日(新年)の自分に手紙を書きました。
いま、改めて昨年の自分からのメッセージを受け取り
「想いと覚悟」を新たにしています。

************************

また新しいスタートの、新たな旅立ちの朝...。
新年の清々しさの中で決意の拳を固めよ。
君は日々の困難を避けることなく
真正面から堂々と対峙するべし。
仲間には全幅の信頼をもって、
決して疑う心をもたないこと。
いつも戦う自分を信じて、心の声に従う勇気を持て。
内なる情熱をいつも熱く滾らせよ!!
人の知らぬ苦しみに決して心乱されること無く
いつもさわがず穏やかな笑顔を心がけよ。

正直に、義をもって行動せよ。

2012年、まっすぐに生きる君であれ。
脇目も振らず、ときに我武者羅なバカになれ!!
君が力強く踏み出す、その一歩を道とせよ。

心強く、前へ!!

************************************

心の声に従い
強く信念を持ち
自分を疑うこと無く
一歩を踏み出す。

いつの時代も”変わらない”唯一ものは、心です。

また1年後に、この場所に笑顔で帰ってくる...。
行く道はたとえ厳しくとも
期待に満ち溢れたワクワクした旅の始まりです。

たくさんの新しい出会いが待っています。

胸一杯の感謝と、仲間への想いを刻みながら
今年も清々しいスタートを切りました。

1年間の旅...共に船に乗るみなさん!!
どうぞよろしくお願いします☆☆☆

心強く、前へ!!



Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

Thanks!!





« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ