キラキラの季節(^^)***

今年も商店街のイルミネーションが点灯しました。
点灯式&若草ワインパーティ(^^)/

街の仲間達がたくさん活躍しています。



若草通のワインパーティは元々ずーっと前から
商店街の先輩方が作ってきた伝統のイベント。

アーケードのイルミネーションも、
20年前にシンガポールにまで視察に行って
大変な苦労を伴ってスタートしたと聞きます。

いまでこそ各地に広がっている
イルミネーションの”走り”だったのでしょう。
先進的な取り組みだったのですね。

私も8年前(!)にイルミネーション実行委員会として、
この”点灯式”をスタートさせました。
当時、橘通りを全面交通止めにするという暴挙(?)を
市役所、商工会議所、警察、そして
沢山の街の仲間達に協力いただいて実現し、
そのときの貴重な経験が、今日まで続いている
自分自身の街づくり活動の礎となってます。

若気の至り(いまもあまりかわりませんが...^^;)で
沢山の皆さんに迷惑をかけながら
「なぜだめなんだ〜」と叫びつつ
色んなハードルを突破して橘通が止まったときの感動は
昨日のことのように思い出されます。

許認可で警察を説得する為に
署長室に行って土下座するように頭を下げたことも
まるで昨日のことのようです...。

沢山の”縁の下の力持ち”たち。

街に育てられて、
ちょっとずつ大人になり、
一人では何も出来ないことは
今ではよく分かるようになりました。

きっと皆も同じ想いでしょう。

あの日からずーっと頑張ってくれている
沢山の仲間達。
イルミネーションをつける作業も
実は全部手作業で、大変な苦労があります。

最近は、なかなか全部を手伝うことができず
本当に申し訳ないです(^^;)
ごめんなさい!!

今年のDoまんなかモール委員会
委員長の福田くん。
イベントおつかれさまでした〜。



繋げること。
つながること。

沢山の”想い”がつながって今日があります。

一人が欠けても達成できなかった
沢山の壁も一歩ずつ越えてきました。

一見”新しい”ムーブメントも
長い長い歴史の積み重ね、
脈々と続く”想い”の連鎖の結実です。

手法は違えども
時代が変わっても
”人の想い”はかわらない。

今日のプレイヤーは、
自分自身が「明日に繋ぐ為の鎖」であることを自覚して
情熱のバトンを渡していかなくてはなりません。

街を元気に!!

世代を超えた願いですね。



Follow me on Twitter!!
@ippeichan
Find us on Facebook
CORNER_Miyazaki

Thanks!!

言葉との出会い

愛読している「至知(ちち)」という雑誌があります。
ビジネス、人生の心得を”人間学”として探求し
教えてくれる月刊誌です。

至知出版社 公式HP



出版社の方から、編集長「藤尾秀昭」氏の著書である
一冊の本をいただきました。 

心に響く言葉
藤尾秀昭著

わざわざ届けてくれた柴田さん、ありがとう(^^)/



著者の藤尾氏は、財界にも多くのファンを持つ
おそらく”日本一情熱的にビジネス人間学を探求”している
快物編集者のひとりです。 

以前講演も聴かせて頂きましたが
大きな声で涙を流しながら話をしてくださる姿は
いつまでも心に残っています。 

その著書を一気に読ませて頂きましたが
沢山の金言がちりばめられた名著です。
ビジネスの世界に生きる者は、是非ともおすすめ。
沢山の気づきと学びをいただきました。

稽古をしてはならぬ
いつも真剣勝負をせねばならぬ

これは、画家/美術家の中川一政氏の言葉。
中川一政美術館

”そういう呼吸で生きてきた人にしか見えない世界がある。”
と著者の藤尾氏は書いていますが
この”〜そういう呼吸”という表現が好きです。

瞬間を切り取るような緊張感。
真理を見抜く真剣な勝負は
まさにひといきの間合い〜呼吸の世界です。

人は嬉しいことや楽しいことを求めるが
しかし、思い通りに行かないことの方が多いですね。
理解されない苦しさ。
表現が伝わらない葛藤。
現状に悶々として、なかなか道が開けない...。

そんな時には、この言葉を刻もうと思います。

つらいから逃げるのではない
逃げるからつらくなるのだ
〜ウィリアム・ジェームズ

私も、沢山の困難から”逃げて”生きてきた時代があります。
ひとり置いていかれる感覚...闇の中でもがく苦しさ。
いっそ自分が消えてしまえば、どんなに楽になるだろう。
辛い心は誰にも話せず、
堕落の渦に飲まれていくばかり...。

でも、逃げたらもっと辛くなる。
人生は残酷なものですね。
辛いときに”前を向いて”立ち向かった者にしか
本当の未来はやってこないのですから。

いやだな、つらいなと思っても
やらなければならないことがある。
その、いわば『修行』を捨ててしまうのは、
みずから『宝』を捨てることである。
〜松下幸之助

つらくてもやらなければならないことがある。
最初は「義務感」や「責任感」といった
最低限必要なモチベーションでも良い。
でも、本物になるためにはきっと
それをこえた「使命感」が必要なのでしょう。

「使命感」とは、自ら主体的に、そして能動的に行動し
一歩踏み出す勇気の向こう側に芽生えるもの。
そう思います。

”勇気”を持つ為には『修行』がいるのです。
楽な『修行』など存在しません。
辛いからこその『修行』
行を積めば、必ず未来は開ける。

遺伝子の大家、村上和雄教授が
「イチロー選手は遺伝子をスイッチオンする
そんな生き方を体現している」 
とイチロー選手を賞賛しています。

遺伝子をスウィッチオンする

面白い表現だな。
”遺伝子のスウィッチ”をオンにする為には、
自分自身が自らの資質や才能を認めて
「何の為にがんばるのか?」 
というモチベーションを意識しなくてはなりません。 
”自分で自分を認める”ことほど難しいことはない。
でも、根底で心を奮い立たせるのは、
自分自身でしかない。

村上教授は、イチローが眠っている遺伝子を
”オン”にした理由をいくつかあげています。

いつでも最善、最高の準備をする
すばらしい人たちとの出会いに恵まれた
たゆまぬ努力を積み重ねた
常に高い目標を掲げて一歩一歩前進する姿勢
自分の為でなく、
人を喜ばせたいという気持ちが強い


天才と凡人の遺伝子の差は
わずか0.5%とのこと。
つまり、99.5%同じ遺伝子を持っているのです。
しかも、人間の遺伝子はどなたでも
80%は眠ったままだともいいます。

その眠った遺伝子をオンにすれば
自分の中の「イチロー」が目覚める!!

素敵です(^^)☆☆☆

江戸末期に生まれて一代で陶磁器4大企業
(TOTO、日本ガイシ、日本特殊陶業、ノリタケ)
の母体となる森村財団を創った巨人
森村市左衛門がよく口にしていた言葉。

天に神あり、地に心あり、
人生誠以て貫く

人生を真剣勝負の”呼吸”で
生き抜いた人ならではの言葉。

この本の中には
沢山の心に響く金言がありました。

苦しいことがあれば
必ず思い出したいと思います。

”想い ”こそが未来を創る。
想いの強さが明日を切り開く!!

願いの中に自分が生かされている。
どうかそのことを
一つ味わっていただきたいのです。

〜東井義雄

出会いに感謝!!

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook
CORNER_Miyazaki

Thanks!!

路地裏の挑戦!!街を楽しもう!!

今年7月〜8月にかけて視察したヨーロッパ。
そこにあったものは、
街と人が美しく融合した通りの姿。

歩くだけでワクワクするような、
笑顔と活気が溢れる
自然な公園的空間とテラッセの文化でした。



人が優先されるまちづくり。
そこには必ず本物の”楽しむ文化”が存在します。



飲食と物販の通りを分ける...とか。
まちのデザインを議論することが先だ...とか、
なんだかどうでも良いような気がしてきました。
(もちろん私見ですよ)

ただ自然に「楽しめばいい!!」
そう感じるのです。



「人が楽しむ為の空間/通り」とは何か?
難しい手法や方程式の話ではなくて、
もっと自然な”感性”の中に
全ての答えが存在するような気がします。

楽しい場所を創ろう!!
賑やかな都市の風景を創ろう!!

そういう同志が、企業の規模をこえて
コラボレーションする時代です。

美しい概念を、カタチ(現実)にするのは
いつも意思の力と覚悟の決断です。

ここにまた、
素敵なプロジェクトが動き出しました!!

ボンベルタ/橘百貨店の裏路地...。

”サンバレー”という名前が存在することすら
誰も知らない...そんな裏通り。

生まれ変わります!!

ボンベルタ橘
ニュースリリース



宮崎の中心市街地は今、
生まれ変わろうとしています。

裏カリーノプロジェクト
(カリーノトランク、WURSTLECKER)
高千穂通の公園化
(みやざきてげうま国際夜市)
ポケットパークのテラッセ構想
(ボンベルタ/ポケットパーク)

興味深いことは...
上記のプロジェクトには「商店街」や「行政」があまり関与していなくて
すなわち”既存の概念”がなく、
民間の資本とスピード感で事業が進んでいること。

まず補助金ありきの考え方はどこにもなく

リスクをとる事業者(企業)と街づくり関係者の
絶妙な距離感=バランスを保ちながら
様々なしがらみや調整ごとを気にせずに
スピード感を持って進んでいきます。


都市への民間投資が生まれ、それがビジネスチャンスを産み
利益=笑顔/賑わいとなって来街者(お客様)へ還元されていく。

新しい街づくりのメカニズム

100%宮崎人の情熱が創りだした
宮崎発の”街づくりロールモデル”が生まれようとしています。

新しい事業が民間主導のリスクでスタートしたら、
もちろんそこには、
これまで街を支えてきた商店街や行政、

そして街づくり関係者の知恵や経験が重なりあって融合し
文化の深みを増していくのでしょう。

12月1日に第1弾のスタート!!

まずは「テラッセ/テラス公園空間」がうまれます!!



そして、来年の春には、
すべての市民の期待を超越する
素晴らしい命と躍動(ソフト)を始動させます!!

宮崎駅〜高千穂通〜DOまんなかエリア〜ニシタチ
この新しい「東西都市軸」の概念が
これからの街のあり方を
少しずつ変えていくような気がします。

我々がやることはただひとつ...。
うまれた空間を楽しむこと(^^)
とことん街を愉しむこと!!

新しく時代が生まれ変わる瞬間を共有し、
ワクワクするような躍動を感じながら

街の進化を楽しみましょう!!


Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
CORNER_Miyazaki

Thanks!!


宮崎の底力を伝えよう!!

街を元気にするのは
情熱の連鎖。

”想い”の強さ 。



一人の夢が”覚悟”をもったとき、
それが”使命感”に変わり
そして広がっていく...。



広がって、そして
伝わっていく。



120年の時間と、
数万マイルの距離を超えて届いた
一つのストーリー。



情熱のバトン...。



の架け橋。



地域から地域へ。



人から人へ...。



情熱を持って
伝える!!



伝える!!



全力で!!



伝える!!



本気で
伝えること!!



一人一人は小さくても
伝われば
広がるよ。



笑顔
全ての答えになる。













宮崎の底力を伝えよう!!





人の波で
街を埋め尽くせ!!





街の風景を塗り替えた
伝説の10日間!!







みんな笑顔で
最高の10日間!!





街を創るのは
人の情熱...。

がんばる宮崎!!
がんばろうニッポン!!

みやざきてげうま国際夜市


大成功!!!!



友よ、おめでとう!!
最高の仕事でした(^^)/

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER_Miyazaki

Thanks!!

Wurstleckerヴルストレッカー誕生!!/メディアリリース

ドイツ/バイエルン州と宮崎を繋いで
新しいブランドがスタートします!!



Wurstlecker
ヴルストレッカー
公式メディアリリース


ここまでの長い準備の道のりも
すべてこの日のスタートのためにあります。

7月のミュンヘン視察。
街角で出会った風景...。
「こんな素敵な公園空間を宮崎市街地にも創りたい!」
そんな想いからスタートしました。



そして、衝撃的なババリアホットドッグとの出会い!!
ババリアとは、バイエルン地方のこと。
すなわち、この地方に伝統的に伝わるソーセージをつかった
独特の味わいをもつホットドッグ。
あまりの美味さに、背中に電気が走りました!!



そこから始まる壮絶なドラマ...。
ドイツ、宮崎の国境を越えて、時間と場所を問わずに
商品、ブランド開発がスタート。

本場ドイツ人をも唸らせるほどの
「世界一のソーセージを作りたい!」
という想いで、毎日の戦いが始まります。





最愛の友、そしてビジネスパートナーであり、
天性の天才フードファイター(!)Kenji Oya
この3ヶ月で交わしたメールの数は数百通(^^)!!

ヴルストレッカーのレシピを監修するのは
バイエルン地方の2,000名以上のマイスターを育成した
マイスターオブマイスター、ジョセフさん。

いつも側面からサポートしてくれるフィリップ。

ドイツのチームヴルストレッカー!!



宮崎、そしてニッポンの元気の為に...
「がんばる宮崎、がんばろうニッポン!!」の理念に賛同して
現在開催中の「みやざきてげうま国際夜市」に
ドイツから素晴らしいピルスナーを紹介してくれた
世界最古のビール醸造所オーナーパウジンガー氏。



元気に店を盛り上げる我が若き精鋭達!!
一平のスタッフ達や関係者の皆さん...。

切り拓く者たち!!

宮崎のチームヴルストレッカー!!




11月11日/11:11 
グランドオープン!!

http://www.wurstlecker.com/



地域の宝である素晴らしい畜産、野菜、魚...。
100%わがふるさと宮崎の素材を使い
宮崎人の情熱で創り上げた
宮崎発のブランドです!!

↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓
Wulstlecker Official Web Site
ヴルストレッカー公式HP
http://www.wurstlecker.com/

宮崎市街地の新しい名所を目指して頑張ります!!
皆様、宜しくお願いします!!



Follow me on Twitter!!
@ippeichan
Find us on Facebook!!
Facebool.com/CORNER_Miyazaki
ヴルストレッカー公式FBページ
facebook.com/wurstlecker

Thanks!!
« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ