追憶

お盆がくると
いつも思い出す記憶の数々。

お店(一平)が 忙しいので
子供の頃はいつも
お店の周りをうろうろして退屈だったな。
友達もみんな、どっかへ行ってしまう。
通りが”しん”として、誰もいない...。

仕方が無いので退屈まぎれに昆虫採集の宿題をしたり、
絵を描いたり...
なんだか一人で過ごしていた気がします。 

蝉の声、額の汗、アイスクリーム、プールの塩素匂
蟻、蜻蛉、カブトムシ
昼寝の蚊帳、物陰の不気味な存在。

長い長い、永遠に続くと思っていた
ゆったりと流れていく時間...。



大人になってから、
仕事を始めてからは
お盆はもっとも忙しい数日間。

"商売人はそんなもんだ”

父と並んで
寿司屋のカウンターで朝から晩まで
元気よく大声を上げていた10年間が
まるで昨日のようです。

7年前の初盆の夜...

閉店のレジ閉めをしていた
母の手元に1匹の蜻蛉がまとわりついて
「おやっさんが帰ってきちょる!」
そういって皆で涙ぐんだな。

神聖な空気のながれる
お盆の数日間が好きです。

父の存在も、
身近に感じることが出来ます。

いつも一緒に連れていってくれたサウナのにおい。
枕元で落花生の殻を割る音。
分厚い手のひらの感触。
...
お店の賑わいの中で
遠くの席までよく通る父の声。
板場で隣に立つ安心感。

時間が流れて
引き継いだ時間と空間を守りながら
今日も忙しく、
慌ただしい日を過ごします。

沢山のお客様がご来店され
それぞれが、次の世代の記憶を紡いでいく。

今日の瞬間が
大切な明日の記憶になっていく。

飲食店は
”想いで”の場所になれる。

ぼくらの仕事は
そんな役割なんです(^^)

大声で笑う父の声を
追憶の彼方で感じながら
今日も元気にがんばろう! 

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook!
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!!

T−テラスを復活させよう!!

高千穂通りカリーノ前の「T-テラス」は、
民間のワークショップである
「高千穂通を愉しくする会」によって
設置され、維持運営されています。

イベントは毎月開催され、
Doまんなかモール委員会をはじめ
沢山の市民団体が活用しています。


現在、宮崎県との歩道(県道)占有における
使用許可継続の協議を続けています。
Doまんなかモール委員会や学生さんたちを中心に、
この4年間で延数千回、数万人の方が使用し、
沢山の”想いで”がうまれました。

市民から親しまれているT-テラス。

この”市民ステージ”を維持継続し、
ひいては中心市街地/高千穂通の活性化に
繋げていきたいという願いを持っています。


上の写真のように、みんなで休日に集まり
ニスを塗ったりして大切に使ってきましたが、
早いもので設置建設以来4年が経過。
ステージもかなり老朽化しました。
現在はケガの危険があるために、
一時使用を制限しています。

このたび補修の必要性がわかりましたので
民間(市民)の募金で賄いたいと思います。

つきましては、
かかる費用のチャリティ募集用紙をUPします。
40万円を集めれば補修が出来ます!
(今日現在、すでに約7万円が集まりました!感謝!)

T−テラス補修協賛願い
無理の無い範囲で、
まわりにも声をかけて呼びかけていただけると
大変ありがたく嬉しく思います。

どうぞよろしくお願いします!!

ヨーロッパへの旅/Great journey for Europe!!

ミュンヘン/ドイツを拠点に
パリ、ローマ、そして(ちょこっと)オーストリアを
1週間で訪問したヨーロッパ視察。 

美しい町並みのミュンヘン市街地。



ヨーロッパの中心である歴史ある都市。
この街で成功を納めた
同郷の仲間の店。

中心市街地1等地のどまんなかに
堂々と掲げられた看板。

宮崎人の情熱が、遥か遠く離れた異国の地で根付いている。
ここに辿り着くまでには果てしない苦労があったと思います。
それを思うと、看板を見ただけで感動...。

すばらしい!



現地でのビジネスミーティングも無事終了。
素晴らしい成果が出せそう!

この日をスムースに迎えるために粉骨砕身して
準備段取りをしてくれた
KENJIくんをはじめとする
チームの皆さんには心からの感謝。

感謝は結果で示します!

ありがとう!!



ミュンヘンで毎朝通った
ホテル近くの街角のカフェ。

旅の途中での色んなアクシデントも良い”想いで”。
無くしたiPhoneは、どこに消えたんだろう〜(笑)



ローマやパリでは
道路を歩行者に開放して
歩道には憩いのカフェ空間。

宮崎でも、広い歩道空間を効率的に使えば
必ず実現できる風景。

高千穂通りにぴったりですね!! 



景観と安全、そして”賑わい”の両立する通りを創る。 
そのためには今こそ通り(歩道)を開放し、
10年後の街並みをイメージして
大胆な規制緩和と官民一体となった議論を!



高千穂通にこんなテラスができたら...
週末はゆったりと朝食を楽しみ、
仕事の合間には素敵なデザートとエスプレッソを。
そして、仕事帰りには仲間や大切な人とワイン!

素敵だと思いませんか?



高千穂通は、現在宮崎県が管理する「県道」です。 
中心市街地活性化のために、ここを「市道」に”格下げ”して
開発が進みやすい環境をつくってはどうかという議論も
一部では話し合われています。 

歩道を開放し、テラッセの設置を認めることには 
財政的なメリットもあります。

民間に公道を貸し出す際には、
道路の賃借料が発生し税収増にも繋がります。
これを道路の維持管理費にまわすことも可能ですし
民間が敷設するテラッセには公金が必要ありません。
(実際に、現在社会実験として4年目を迎える
カリーノ前のT-テラスは民間の基金で作りました)
民間の投資と雇用、それに通り(=都市)の付加価値向上につながる
どこをみてもWin-Winの妙案だと思いませんか? 

行政が言う、”できない理由”は非常にシンプルです。
「ここは公道なので、民間に占有使用許可はだせない」
からなのでしょう。

しかし、国も地方分権が叫ばれる中で
なかなかそれが実現しないのは
日本が数百年続く中央集権の管理国家であり、
様々な権利を地方委譲することに対する
高い意識(常識)の壁が存在するからでは無いのか?

地方も"お上”が全てを開発/管理することは
現状でも、そして益々厳しくなる地方財政の中で
不可能なことのように思います。

公共の予算が無いから”放置する”ことをやめ
民間投資を誘引する積極的議論を喚起するタイミング(時期)
にきているのかもしれません。 

中心市街地のシンボルロードは
都市の顔として“美しく”発展をしていかなくてはならない。

そのためには、大胆に歩道空間使用の規制を緩和し 
民間の知恵や投資資源を誘引して
未来の街づくりを進める必要があるのです。

「〜出来ないことになっている」
これは、”現在(今)”のルールです。

「〜出来ないことを変えて、新しいルールを創る」 
これこそが、未来を創る発想の転換。

ここ(高千穂通)にこんな素敵な空間を作れるならば
私自身は、自分が持てる”全て”を投資してもかまわない...。

次世代に繋がる仕事をしていきたいし
自分の仕事が「街づくり」に貢献できるのならば
そんな素晴らしいことはないと感じます。 

使命感を持って、いつかの日か実現させたい
宮崎の街に対する私の新しい目標が出来ました!



わずか1週間でしたが、
ミュンヘンそしてヨーロッパの旅は
本当にすばらしい気づきと感動がありました。 

いつも”出会い”が道を創ってくれます。

勇気を持って踏み出した道が
私の信じる全ての人に
幸福と輝ける夢を描けるように
いつも力強く進んでいきたいと思います。

感謝!!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!!

« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ