「生きる」ということ

私のつたない人生経験では
おおよそ想像のつかなかった
破壊的な風景がそこには広がる。

言葉が出てこない。

表現が見つからない…。



恐怖を通り越して
現実感さえも消失する…。



帰ってこない、
あの日の風景。



自然の前では
あまりにも無力な存在。



そんな中で、希望のともしびを
絶やすことなくしっかりと守り続ける
地域の皆さん。

3ヶ月半の辛い毎日を通り抜けて
辿り着いた”祭り”の日…。

渡波元気祭



主催は、震災以来
この地で復興支援を続けている
災害支援ボランティア「NPO法人オンザロード



沢山の避難住民が暮らす
渡波小学校のグラウンド。

横須賀の小泉進次郎さん達のボランティアチームと共に
祭り運営に参加させていただきました。



祈りを超えた
祭り太鼓の、鼓動!!



人生には、”祭り”が必要なんだ。

笑顔が必要なんだ。

瓦礫で作った復興神輿は
港町の復興を願い、
屋根にはホタテの貝殻を。



たくさんの、願い。



笑顔の溢れる街を…。

もう一度創りあげよう!




力を合わせれば
きっとできる!!



賑わいと笑顔あふれる
街の復興を!!



今日の”鼓動”を、決して忘れない。

人の生きるこの場所。

思い出は、
消えないることは無い。

力をあわせて
もう一度…。

前に進もう!!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!!










Fight for tomorrow!! 明日への一歩を!  

宮崎のタリーズから始まり
それは九州全体にひろがり
2,785の言葉を預かりました。



”必ず皆さまの声を届けます”
という約束を、フェロー(スタッフ)と共に果たしてきます。

お客様との約束は絶対です。

そして、それを強く心に刻んで
活動してくれている仲間たちがいます。

タリーズのフェロー達は
誰からともなく声をあげてバッジを作成し
それを自ら購入してインナー(社内)キャンペーンを始めました。
また、スタッフルームにも募金箱を作成し
117,298円を集めてくれました。

この大切なお金で代表フェローのチケットを購入し、
仙台のフェローに届けるための
新しいバッジも作成してくれました。



一杯のコーヒーを通じた
宮崎のお客様の想いが
九州全体に広がりました。



そして、その心は遥か遠く
距離を超えて
東北のフェロー達へ繋がり…



そして東北のフェローを通じて
お客様に繋がります。

預かった沢山のスリーブは
東北5店舗に展示させていただきます。

また、25日の被災タリーズ”復活の日”には
これをコーヒーカップにはめて
お客様に直接手渡します。



もちろん、バリスタに入るのは
宮崎からともに行く
代表フェローのテツ君です!



最近テレビのニュースを見なくなりました。

政府が悪い
首相がサイアク
与党が悪い
野党がだらしない
東電が悪い
マスコミが悪い


もうどうでもいいから
みんなでやろうよ。

私は小さな、
本当に小さなことしかできません。

時々自分の無力感に
押しつぶされそうになります。

でもね…

みんな精一杯戦っている。
それでいいんじゃないかな。

大事なことは
それぞれの”使命感”で
一歩でもいいから
確実に前に進むこと!

昨日よりも、
ちょっとだけマシな明日にしようぜ。

あした、仙台に行きます。

仙台のタリーズフェローと共に
東北のお客様と共に
最高の一杯のコーヒーを愉しみます。

One Heart, One Coffee...

日本中の
世界中の想いが集まって
心が繋がって
東北が元気になりますように…。

一日でも早く
心からの笑顔が戻りますように。

がんばろうニッポン!!


Fight for tomorrow JAPAN!!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!!










One Coffee, One Heart 仙台タリーズ再開!!宮崎から想いを繋げよう!

3月11日の震災から3ヶ月半…
本当に長い道のりをこえて
タリーズコーヒーの最後の被災店舗が
仙台に再開オープンすることとなりました。

このお店は、私が大変お世話になり
敬愛するオーナー鈴木さんの経営する
FC店舗です。

宮崎が口蹄疫で苦しんでいた時
宮崎が新燃岳噴火で苦しんでいた時

鈴木さんの15店舗のタリーズフェローさん達は
募金活動を含む本当に沢山の支援をしてくれました。

宮崎県内のタリーズコーヒー5 店舗では、
震災直後から店舗にスリーブBOXを設置し、
ご来店いただいたお客様に
「東北と一緒にがんばろう」という思いをこめて
メッセージを記入していただく活動を始めました。

その後、実施店舗が拡がり、九州16 店舗で行った結果、
2,785 枚(!)という多くのメッセージが寄せられました。

被災地の一人でも多くのお客様に
私達のメッセージを届け、
元気になっていただけたらと願います。

お客様から被災地の方々に寄せられた
本当に沢山の応援メッセージ入りのスリーブ…。

One Coffee, One Heart

営業再開日である6 月25 日に
仙台市の店舗に直接届けることにいたしました。

一杯ずつのコーヒーに込められた想いを
仙台の皆さんに繋げてきます!

タリーズコーヒージャパン
公式プレスリリース

宮崎の、九州の想いを
直接届けに行ってまいります。

被災地は、まだまだ長い戦いです。

そんななかで、タリーズの仲間たちが
頑張って店を再開することができた…。

万感の思いです。

Follow me on Twitter
@ippeichan
Find ue on Facebook
Facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!!

« Prev || 1 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ