”希望”と”我慢”を断ち切ったもの…

福島第一原発の事故の影響で、
政府が一部の福島県産野菜について
「摂取制限」の指示を出した翌日に
キャベツ農家の男性が
自らの命を絶った…。

男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、
自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。
キャベツは10年近くかけて
種のまき方などを工夫し、
この地域では育てられなかった
高品質の種類の生産にも成功。
農協でも人気が高く、
地元の小学校の給食に使うキャベツも
一手に引き受けていた。
「子どもたちが食べるものなのだから、
気をつけて作らないと」。
そう言って、安全な野菜づくりを
誇りにしていたという。
記事/朝日新聞 asahi.com

失ったものは、
あまりにも大きい…。

地域の食を支えてきた
素晴らしい情熱が
「原発に殺された」(息子さん談)

甚大すぎる震災/津波被害と
連日の原発事故報道。

一日も早い復興を願って
日本中、世界中からエールが送られる。

その向こう側に
自らの命を断つほどの
苦しみが渦巻いている。

地域全体が我慢している時に
自分だけが”和を乱す”ことをよしとしない
古き良き”日本人の美徳”が生きる農村部。

幸いにして…命が助かり
「津波で流された皆さんに比べたら…」
想いを固めて、歩み始めた矢先の
放射能騒動。

そして、自ら命を絶った
1人の農家。

2万人を超える死者/行方不明者の
その他大勢の一人とは
決して感じてはならない。

生き残り、そして復活を誓った矢先に
自ら断った「命」である。

30年以上にわたる有機栽培の取り組み。

このことが何を指すのか。

和を尊しとする地方都市の農業において
『独自の品種改良に取り組む』ことが
どれだけ大変なことか…。

ここまでたどり着くのに
どれだけの苦難の道を歩んできたことか。

どれだけの我慢を重ねて
創り上げてきたことか。

「子供たちが食すものだから…」
そう言って”佳い食”にこだわり続けた
そんな男にとって
手をかけ続けて”創り上げた”
田畑がどんな存在であるか…。

出荷の時期を迎えて
朽ち果てていく野菜を目の前にして
どんな気持ちだっただろうか?

30年以上にわたる
自分自身との戦いの果てに
行きついた場所。

彼の”希望”と”我慢”を断ち切った者よ。

あなた達に、この国の”食”を支えてきた
農家の叫びは届いているか。

本当に、本当に、理解をしているか!

広く網をかけるような出荷制限は
「少なくとも店頭で購入する食品は安心です」
という”メッセージ”を伝え、
風評による買い控えなどを防ぐためだという。

広い福島県”全域”で
本当に県域の出荷制限をかける必要があったか?

全域で出荷停止!?

政府が発しているメッセージは
逆に消費者の疑心暗鬼を
募らせるものではなかったか。

「暫定基準値を超えたものを口にしたとしても、
直ちに健康に影響を与えるものではない」
という日本語の意味すら曖昧
私にはわからない。

”健康に影響しない”ものを出荷制限/停止することで
結果として、地域の農産物は
マーケットにおいては全滅である。

根拠/エビデンスが曖昧すぎて
政府が風評被害を誘発している。

自分の農業に一生を捧げ
”佳い食”の付加価値が
世の中に理解されはじめてきた
「やっと時代が追い付いてきた」
そんな矢先に起こった悲劇…。

”想定外の事故”といって
責任の所在を曖昧にする
大きな存在の影。

なにか”事件”が起こってから
あわてて対策を講じる政府。

命が消えた後に
”保証する”というものはいったい何なのか?

農家はいつも、じっと我慢する。

心やさしく我慢強い「日本の心」は
いつも正論の犠牲となる。

政治やマーケットに翻弄されても
決して心腐らせることなく
明日の種を植える…。

「口蹄疫」の時もそうだった…。

もう沢山だ!

私は絶対に許すことはできない。

こんな悲しみは、
絶対に繰り返してはならない。

”仕方がない”で済ませては
いけない。

日本の良心が”殺されて”いく…。

良識ある日本の消費者よ。

せめて我々が日本の食を守ろう。

農家を守ろう!

日本の“良心”を
私達民衆が食べ支えよう。

悔しくて、悔しくて
とてもやりきれない…。



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!





父との約束/新たなスタートライン!!

いつもそうなのですが
スタートの瞬間の感動は
なぜか長続きしません。

もちろん、その時の
感謝の気持ちや喜びは
私の”記憶”として
何時までも、絶対に色褪せない。

しかし、華々しい浮かれた感覚は
すぐに消えてしまいます。

私は10代のころから
様々な職業を経験してきました。

それは、ほとんどが
自分で作りだしたアイデアです。

アメリカの片田舎で”ガレージセール”からスタートし
古着(ヴィンテージ)バイヤー
雑貨や家具の輸入、洋服屋
車の輸入までやりました。

20代は失敗の連続…。

”負け”を認めることが怖くて
なかなか次のステップに進めない
そんな日々が続きました。

30代の半ばに父が他界し
やっと気合が入り(!)
本格的に自身の未来と
事業の将来について
ビジョンとイメージ、そして
プロセスをシンクロして考えることができるように
少しずつ成長してきました。

タリーズコーヒー事業をスタートするときに
亡き父が言った言葉です。

「一度店を開けたら、10年間は看板をあげろ。
すぐに諦めるような恥ずかしいことはするな。
10年間続けたならば…
それは地域に必要とされる看板になる」

今は、その言葉の意味が
分かるようになりました。

単に思いつきでスタートすることは
誰でもできる。

しかし、そこからが本当の戦いの始まり。

簡単に儲かる商売なんてない。
必要とされることが商売の本質。
商い=自分自身が決して”飽きない”
覚悟を持つこと。

そして、もちろん
お客様に”飽きられ”たならば
そこで全ては終わりです。

昨日「すしマヨ」が発売になりました。

すしマヨ 公式ホームページ
www.sushimayo.com

この商品にかける私の”想い”は、
先日のブログエントリに書かせていただきました。
↓↓↓↓
すしマヨにかける思い
「45年目の進化/日本一のマヨネーズ創りました」

スタートまでは
単なる準備運動です。

「人生は山に例えられる」
といいます。

登山家は、山頂の景色や
登頂した時の充実感に想いを馳せて
日々のトレーニングや準備に汗を流します。

目指す山が高ければ高いほどに
それまでの準備には時間がかかるもの。

時間をかけて準備するプロセスで
”想い”は固まっていき
それはやがて”覚悟“へと変わっていきます。

いくら想いが深くても
”覚悟”が固まらなくては
説得力がない。

覚悟のない安易なスタートは
死に直結する厳しい世界。

覚悟を固めて
スタート地点に立ったならば
そこからはひたすら“自己との戦い”が待っています。

長く険しい道のり…。
辛く危険な旅の始まり。

登山家にとって
”スタートの日”とは
決して華々しいものではない。

「死ぬかもしれない」
それほどの冒険の入り口で
浮かれる脳天気な者はいない。

心の奥深いところで
自分自身に問いかける葛藤…。

行くべきか…。
止めるべきか…。

覚悟が不安を上回った瞬間に
登山家は一歩目を踏み出すのです。

辛い道程を知っている
優秀な登山家(冒険家)は
周りの喧騒とは別に
心の中は常にクールで冷静。

逃げ出したくなる弱い自分を
準備にかけた時間と努力で打ち消し
覚悟を持って山頂を目指す。

成功した全ての起業家も
全く同じ精神/メンタリティを経験します。

「すしマヨ」の発売に際しては
ツイッターやフェイスブックで
沢山のお祝いを頂きました。

新聞にも取り上げて頂き、
ラジオも取材に来てくれました。


宮崎日日新聞 3/26掲載

CORNERについたら
何とミュンヘンの友人から
こんなに大きな花束まで頂いて
感動の祝福を頂きました。



これらの全てが
私の”覚悟”を固めてくれます。

スタートしたら
華々しい浮かれた感覚は
もう一切ありません。

6年前、父が他界した時には
遺産よりも借金が多く
事業も大変な時だったので
2代目として歩んでいく自身の道に
時々は疑いを持ったこともあります。

今は、はっきりとわかります。

父が残してくれたものが何なのか。

『元祖レタス巻き』は、
郷土宮崎で生まれた
私達の”思い出の味”です。

その中で最も大切なものが
このマヨネーズなのです。

父が45年前に生み出した
奇跡のようなレシピ。

発売=”味を公開“することにあたっては
様々な議論と葛藤もありました。

それらを超えて世に問うのですから
私には絶対に引き返せない
Peak(山頂)をとる責任があります。

私には、父との約束を果たす
義務がある。

父と共に、全国の皆さんに
この味を伝えていきます。

願わくば、先代(父)の愛した
あの場所へ…。
そして世界中に思い出の味が
広まりますように。

”覚悟”を決めた今日の私には
山頂からの風景が
はっきりと見えています。

「すしマヨ」発売の日の祝福の数々。

それらを全て、私の大好きな
今は亡き父へ捧げたいと思います。

おやっさん、よかったね!

新しいスタートにあたり、
覚悟を固めて歩んでいきます!

そして皆さん
本当に、ありがとう!

Dream as if you'll forever.
Live as if you'll die today.
永遠に生きるかの如く夢を見よう。
今日が最後の瞬間の如く生きよう。
~Jamed Dean~

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.com
Thanks!!

宮崎から勇気を届けよう!/ Pass the Baton of Love!

明日(24日)開催のチャリティコンサートについて
下記の通りプレスリリースをさせていただきました。

Toshi Nagai チャリティJazzライブ
プレスリリース

今回のチャリティライブの義援金については
鋭意検討した結果と致しまして、
認定NPO法人「ラブ&ハーモニー基金」
全額を寄付させていただきます。

この法人は、作曲家の平尾昌晃さんが理事長を
努めている団体で、特に老人福祉や
障がい者福祉の観点から
全国でチャリティコンサート等を行い
”歌で元気を伝える”活動をしています。



認定NPO法人「ラブ&ハーモニー基金」
主な活動実績一覧

今回宮崎で私達が行うチャリティライブも
「音楽を通じて被災地の皆様に元気と勇気を届けよう」
という趣旨です。

昨年の”口蹄疫”災害の中で
全国の皆さんから頂いた勇気を
音楽というキーワードでバトンを渡し
”音楽のチカラ”で元気を伝えたいと思います。

被災地で家や家族を失った沢山の方々。
高齢者が多い土地でもありますし、
障がいをもつ皆さんの苦労を考えると
本当に心が痛みます。

家ごと流されて、
瓦礫(がれき)の山の中から
アルバムや写真を探す姿を見ました。

人は、”思い出”を失っては
生きていくのが辛い。

でも、たとえアルバムが流されても
心の中の大切な思い出は消えません。

人は誰しも…
辛い時にいつも自分を支えてくれた
”心の歌”を持っています。

平尾さん率いる基金を通じて
歌手、タレント、ミュージシャンの皆さんが
この”愛のタスキ”を繋いで、
ハーモニーを奏でて、
必ず被災地の皆さんを勇気づけてくれる
そんな想いを託したいと思います。

Toshi Nagai
チャリティーJAZZ LIVE



Pass the Baton of LOVE!
We believe in the power of MUSIC!! 

45年目の進化!/日本一のマヨネーズ作りました!

宮崎名物としてすっかりとお馴染みとなった
「元祖レタス巻き」ですが、
今年でちょうど誕生45年目となります。

九州以外の地域では“サラダ巻き”と呼ばれ
海外でもお馴染みの「ロール寿司」の原点
とも言われています。

私が生まれた時から
一平の看板には
大きな文字で誇らしく
「元祖レタス巻き」と書かれてあります。

45年前には…
寿司に葉野菜を巻き込む調理法は少なく
ましてやマヨネーズソースを使うことは
伝統的な寿司の技法においては
とても門外漢なことだったようです。

その為に、父はずいぶんと
同業の職人達からは
異端児扱いされていたと聞いたこともあります。

でも、先代(父)がいつも
私に語ってくれたことがあります。

「うまいものに、正解は無い。
地元の方々に”美味しい”と言っていただけるものを
ずーっと提供し続ければ
それがやがて郷土の味になる。」

我々は、父が他界してからも
ずーっとその教えを忠実に守り、
毎日レタス巻きを巻き続けています。

45年前から一度もアレンジを加えたことのない
完成されたレシピがあります。

その中でも特に門外不出なのが
一平秘伝の『レタス巻き用マヨネーズ』です。

毎朝手作りでつくる
レタス巻き用の専用ソース。

我々のマヨネーズは絶対に他店には
”マネのできない理由”があります。

45年の節目を迎えるにあたり
「そのマヨネーズを市販できないだろうか?」
と考えました。

寿司文化を語れば
もちろん様々な技法等、
専門的な調理の“技”の話となりますし
伝統食としての
精神的な世界も求められます。

でももう一つ忘れてはならない
大切な物があると思うのです。

それは、家庭で食べた”お寿司の味”。
おばあちゃんが作ってくれたチラシ寿司や、
家族みんなで食べた手巻きずしの味。

そんな”思い出の手巻きずし”には
マヨネーズを使っていないか?

「我々一平が日本で初めて
寿司にマヨネーズを使った店であるならば
そのマヨネーズの味を家庭でも楽しめるように
我々が開発してはどうだろうか?」

「我々にはその責任があるし
資格がある唯一のすし屋ではないか?」

こんな構想は
1年前の出来事でした。

本当に、なにげない会話から
スタートしました。

本格的に開発を始めたのは1年前。

レシピ通りに作ろうとすれば
我々の技や調理法に対するこだわりを
100%満たしてくれる加工の技術が必要。

結論として宮崎に外注できる先は存在せず
我々は”原料からマヨネーズを製造する”
唯一(私の知る限り)のメーカーとなりました。

素材も徹底的にこだわりました。

おおよそ、宮崎にある全ての卵は
テイスティングしました。
卵は鶏品種×餌×育成ストレスの
掛け算で味が決まります。
我々の市販用マヨネーズにふさわしい
卵は何なのか?
途方もない実験を繰り返しました。




宮崎一味に厳しいフーデリー”たけとら”君のチェック!

油は、100%純粋の菜種油にしました。
遺伝子組み換えをしない(NON GMO)の
真に安心・安全なものを探しました。
古くからの技法を伝えながらも
更にハイクオリティの油を精製できる技術は
なかなか存在しません。




酢は、最もこだわった部分です。
日本一の米酢を求めて全国を探しまわり
京都の素晴らしい仲間に出会いました。
私が知る限り、日本最高の酢を創っている
富士酢/飯尾醸造さんです。



また、折々にアドバイスをもらい
共に開発に関わってくれたのは
盟友”やまけん”こと山本謙治さん
佳(よ)い食を追求し続ける
私が日本一信頼する食の専門家です。

やまけんの出張食い倒れ日記

我々の理念や情熱を100%理解してくれる方々に
お願いしたい…という願いを叶えて頂き、
Web用の写真撮影や全てのデザインワークも
ALL宮崎&やまけんのチームで行いました。


やまけん&フーデリー理恵ちゃんのプロ根性!

その他、本当に沢山の方々が
この開発を支えてくれました。

沢山の出会いがありました。

何度も何度も壁に当たりながら
長い道のりを乗り越えて
本日発売のプレスリリースを行いました!

「すしマヨ」発売に関するプレスリリース

いよいよ
3月26日(土)に発売です!!

<販売場所>
一平寿司/CORNER店頭
フーデリー5店舗
(霧島店、青葉店、赤江店、高岡店、佐土原店)
※フーデリーでは、25日先行発売

Webでは4月から販売を開始します!

先代(父)から受け継いだ
一家伝承の味を45年目に進化させました!

自信を持ってお届けする
”日本一のマヨネーズ”です。

「一平のすしマヨ」
ぜひお試しください!!

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find us on Facebook
facebook.com/CORNER.Miyazaki

最後の一杯 / A Barista's Story...

まだ人気のない店内で
一人静かに
エスプレッソマシンを立ち上げる。

最高の状態でコーヒーを提供できるように
今日の天候や湿度に合わせて
グラインダーミルの調整を行う。

店内の椅子、テーブルを並べ
サンドイッチやデニッシュを揃え
忙しく開店の準備。

全ての準備が整って
店が開く直前の
一瞬の静寂の中で味わう
一杯のエスプレッソ…。

バリスタにとって
平和な日常の風景。

仙台にある、
タリーズコーヒー。

3.11の大震災で被災。

無情の津波は
そんな一切の日常を押し流した。

その店のオーナーは
フェロー(仲間)達の無事を信じ
募金箱を持って
震災の翌日から
連日、横須賀の駅に立った。

社員、アルバイト含む38名。

全員の無事を祈りながら
声を張り上げて
叫び続けた。

ぶつけようのない怒り。
矛盾と現実。
混沌と過ぎゆく時間。

震災から10日目。

フェロー達の待つ避難所へ
横須賀から車を走らせる。

必要物資を届けるための車中で
唯一安否確認が取れなかった
最後の一人の消息が入る。



あまりにも、
悲しい結末。



早朝からのシフト(勤務)を終え
自宅で子供たちと共に寛いでいたときに
やってきた悪夢の瞬間。

子供たちと寄り添うように
発見されたとのこと。

信じたくないが
それは現実。

悲しい…。

あまりに、悲しい結末。



最高のエスプレッソを淹れるために
バリスタ(職人)は心血を注いだ。

心優しいバリスタは
笑顔でお客様を迎えた。

オープン以来
毎日、毎日…がんばった。

最高の一杯を淹れるために
そのバリスタは
惜しみない情熱を注いだ。

バリスタは
お客様の幸せのために
コーヒーを淹れる。

一杯のコーヒーに投影する
思い出の瞬間。

その瞬間を紡いで
バリスタは
感動のストーリーを描き続けた…。



3月11日が、
最後の一杯になった。

一人のバリスタが注いだ
コーヒーへの情熱。

彼の愛した日常は
決して帰ってこない。

でも、彼の情熱は
全国のフェロー(仲間)達が引き継ぐ。

僕達タリーズファミリーは
決して忘れない。

いつの日か
彼が愛したその場所で
地域のお客様に
最高の一杯を届けよう。

彼のために。

最高の笑顔で
コーヒーを届ける!

…そう誓う。

All of our Tully's family baristas are never forget about your passion.

合掌。

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Find un on Facebook!
facebook.com/CORNER.Miyazaki
Thanks!

« Prev || 1 | 2 | 3 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ