最後の分岐点

前に進もうとすると現れる
モヤモヤとした影。

突き抜けようとすると
立ちはだかる障害物。

とたんに豹変する山の天気
その雲行きのごとく
定まらない環境と状況の変化。

人の心は難しい。

想いを素直に受け止めてくれる
そんな人ばかりではない。

情熱が伝わらない人がいる。

ねちっこく監視していて
逐一の行動に注文をつける。

頭を押さえつけて
足を引っ張る。

出っ張れば打たれる。

そんなことの繰り返し…。

心が一人になった瞬間をねらって
耳元で”ぼそり”とつぶやく。

疑心暗鬼は
心の隙間を好む。

ドリームキラーは
それをよく知っている。

優しい顔をして
「あなたたちの味方だよ…」って
近寄って、寄生する。

誰かの心を殺し
情熱の灯を消し
空っぽになるまで利用し
闇の支配の中で満足して
次の獲物を探している。

「理解されないのは私の努力が足りない。
伝える情熱が足りない。
許す度量が足りない…。」

そう思って進んできた。

仲間にもそれを求めてきた。

でもね…

それでも伝わらない心はある。

乗り越えなければならない山がある。

心を強く持って
美しい景色を信じて山に登ろう。

山頂(ピーク)を獲ったかどうかは
登山家本人のみが知る。

Climberは孤独である。

苦しさに負けて
途中で引き返せば
後悔の念が残る。

心を支えるものは、
信念のみ。

チャンスはなんども廻ってこない。

念を残したままでは
生きていけない。

想いを残して
下山してはいけない。

決して
天気のせいにしない。

パーティ(仲間)のせいにしない。

一切の”言い訳”を排し
自分自身の信念を貫く。

引き返すか
登り続けるか…。

苦しみの中の葛藤。

ピーク(山頂)の喜びは一瞬でも
自分だけが知る”あきらめなかった”
事実は消えない。

征服した山が高いほどに
心の充実は一生残る。

私は後悔をしたくない。

宮崎の街は
生き残るか、衰退するか…。

『最後の分岐点』にある。

理解できない言語を話す
硬直した組織の中で
モヤモヤを膨らませて
やがて消えていくのは我慢できない。

生まれ育った街である。

私達を育ててくれた大切な場所。

私は決してあきらめない。

若い情熱を信じる。

仲間達を信じる。

宮崎の街は必ず復活する!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!













朝のドーナツ♪

8:10AM

高千穂通りにある
タリーズで新聞に目を通しながら
ドーナツで朝食。



それそれの席では
それぞれのお客様が
それぞれの時間を過ごす。

外からは明るい日が射してきて
美しい1日の予感…♪

色々なことを整理して
明日へのステップに繋げるための
“準備”をする大事な1週間。

時間は有限。

夢は無限!

今週も元気にがんばろう!

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

シンプルな現実

私の「挑戦」を阻むものは何なのか?

昔からずーっと考えてきた…。

生きていけば、大人になれば
様々な関わりが増えていって
人生がだんだんと”しがらんで”くる。

「挑戦」しようとするときに
それらの”しがらみ”を
できない理由にしてきた。

私は言い訳だらけの人生だった。

すし屋の息子だからできっこない。
宮崎の田舎だから無理だ。
目立ちたくない。
反論して攻撃されるのが怖い。


コチラの正論は
あちらには反論であり、
戦ってまで突破すべきものは
そんなに存在しない。

そう思って”冷めて”いた。

子供のころは
もっとシンプルだった。

ひらめきが”現実”だった。

「思ったことは全て実現できる」
そう感じて生きていた。

「挑戦」することのドキドキの中で
毎日がキラキラと輝いていた…。

いつのころからか

人は「できない」理由を探すようになる。

それは無意識の
自己防衛本能なのかもしれない。

倫理観や道徳観に従って
自己抑制を覚えることと重なり、
「自己実現」のための挑戦までも
抑制していくのか?

本当の「なりたい自分」と
「今の自分」のギャップに悩んでいた。

どちらが「現実の自分」なのか?

過去にとらわれる(囚われる)と
今こそが現実世界であると
誤解をする。

なりたい自分の夢を抑制し
”しがらみ”のせいにして
実現するパワーを失う。

大人達に”できないこと”を相談しても
「それが成長するということさ」
と言われる。

無理やり納得させて生きてきた。

モヤモヤを消せずに
一人でいることが怖くて
いつも誰かとつるんでは
不安を忘れようとしていた。

そんな毎日が続いていた
20代の日々…。



自分が大人になるにしたがって
やっと「現実」の定義が分かってきた。

それはすべて
「自分自身が決めることである」
ということに素直に気付いた。

挑戦を特別なセレモニーにしない。

「挑戦すること」
「自分の知らない世界に飛び込むこと」

今の自分にとって
それは決して特別なことではない。

挑戦を日常にする。

戦うことを生活の一部にする。

”しがらみ”は倫理的抑制として
しっかりと絆を保ちながら
日常をチャレンジの連続に重ねる。

挑戦することが
自分自身の生活の一部であれば
それはストレスにはならない。

生活の一部であれば
自分が自分の信じたことを実行するのに
何の躊躇もいらない。

自分を取り巻く環境や
人間関係の“しがらみ”は
私の「挑戦」を阻むものではなかった。

私を縛り付けてきたもの…
それは「自分自身」だった。

鎖を断ち切るのは自分自身である。

「挑戦」を拒むのは
未知の世界に対する恐怖心。

自分を変えることに対する
”恐れ”がストレスになる。

その恐怖心を消すのは
未来への想像力と臨場感。

言い訳だらけの人生を断ち切って
新しい世界に飛び込んでみれば
そこは居心地の良い緊張感に満ちた
本当の自分が待っていた。

自分にはできない、能力がない、魅力がない
知識が無い…ムリだ…

そう思っていたら
結局はその通りの人生が「現実」になる。
自己犠牲の想像力の塊が
自分自身を押しつぶしていく…。

でも自分自身の未来は
自分自身が創っているのだという
シンプルな現実に気付けば
勇気がわいてくる。

自己犠牲の道と
自己実現の道。

二つの道は
いつも目の前にある。

選ぶのは自分自身。

ありがたいことに
自分を変えるチャンスは
いつもそこにある。

勇気を持って
最初の一歩を踏み出すだけ。

「挑戦」を阻む者は
自分自身であると気づけば
”しがらみ”への言い訳を断ち切れば
新しい日常が待っている。

自己実現の道は
どっちなのか?

分かれ道で迷った時は
シンプルな選択をすればいい。

ただシンプルに
”ワクワクする方”へ
進めばいい。

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!

Aloha! Vol.4  世界に素敵な”縁”を繋げていこう!!

1週間のハワイ出張も最終日。

サザンアイランドの素晴らしいコーヒー文化を
故郷宮崎に、そしてアジアに伝える
我々の事業プランは
ますます広がりが見えてきた。



世界中で愛されるコーヒーは
今では全人類の共通言語!

最高のコーヒーに出会った時
人は笑顔で幸せな気分になれる。

僕はコーヒーを通して
世界を繋げてみたいと思う…。



たとえ辛いことがあったときにも
美味しい一皿の料理に出会った時
人生の喜びがそこにあるよね…。

僕はこれからも
世界中のフードカルチャーを伝え続けて
そんな”平和な瞬間”を創り続けたいと思う。

もちろん私の最後の目的
明確なビジョンはただ一つ!

世界中にひろがる
素晴らしい”縁”を繋いでいって
地元宮崎の魅力を伝えたい!

宮崎をアジアに、
そして世界に繋ぐ
そんな役割を果たしたいと思う。

地元のハワイ社会の中でも
新しい様々な出会いがあり、
今後の展開が楽しみ!

事業は資本と経験さえあれば
スタートをすることはできる。

しかし大事なことは
それをしっかりと形(実業)にして
発展させること。

安易に挑戦して失敗した
数多くの事例を見れば
ほとんどの”敗因”は
準備段階の未熟さにある。

事業プランの見通しも
ついつい甘いものになりがち。

まずは石橋を叩きながら
あらゆる方向から検討を重ねる。

議論を重ねながら
検証を積み上げてく。

ある程度まで見通しが立てば、
最後は”決断力と勇気”である。

そこには起業家としての
最大の興奮が待っている。

もちろん(!)最も重要なことは
チームの信頼と結束である。

ハワイを通じて
また様々な可能性が広がっていく予感…。

出会いに感謝。

そして、仲間たちに感謝!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!



Aloha! Vol.3 Give Peace a Chance!

ワイキキに来てから
一回もホテルのテレビをつけていない。

何となくスティッチを入れたら
上映していたのは
マイケル・ジャクソンの
「This Is It !」

当時のマイケルは
散々なゴシップの中で
”最後のステージ”と決意して
この舞台練習を積んでいた。

しかし、上演間近にして
突然の”死”…。

ショッキングなニュースは世界中を駆け巡り
様々な憶測が流れた。

ワイドショーのキャスターは
「体力の限界を感じて自殺したんだろう」
などと言うものもいた。

”マイケルビジネス”は
死後も一段と加速し
世界中が「最後のマイケルブーム」に沸いた。

クレイジーな盛り上がりの中で
彼をまるで変人扱いするような
奇妙な番組も沢山作られた。

”祭り”は最高潮に達し
そんな中で上映されたこの映画
「This Is It !」

マイケル自らが名付けたとおり
これが”最後のステージ”となった。

スクリーンに映し出された彼の姿に
それまで散々彼のことを誹謗中傷していた
マスコミ、メディアや、ゴシップ誌は
一斉にその評価を変えることとなる。

その映像の中にいたのは
世界最高のエンターテイナー!

マイケルのオーラは
”衰える”どころか
円熟味を増して眩く光り輝く。

スクリーンに
一瞬も芽を離すこともできず
誰もが引き込まれていく。

彼とともにステージに立つのは
世界中から集まった
ダンサーやミュージシャン達。

その舞台に立つ者たちに
迷いや葛藤など、無い。

世界最高のステージに立つ喜びと
誇りに満ち溢れている。

全員が”自分たちのステージ”を信じている。

世界中の人々に見てもらう日を夢見て
スターになる夢を見て
その日を心から願って
綿密なリハーサルに臨んでいる。

このステージの姿を知らない
傍観者達(メディア・マスコミ)は
相変わらずくだらない批判や
批評を繰り返していたとしても
彼らはそんなことは気にも留めない。

マイケルは”自ら立ち上がる決意”をし
そしてそれを信じる世界中の仲間を得た。

狭き門をくぐり抜けて
厳しいオーディションを通過して
ついに舞台に上がった仲間達。

そこにいるのは皆
自分自身がスターになるべき人物だということを
疑わなかった者たちである。

傍観者達は
その姿を後で知って
ただうろたえる…。

ステージに上がったものだけが知っている。

傍観者では
道は拓けない。

舞台の上でドラマが展開し
新しい扉は開かれていく。

何も行動しなければ
何も変化は起こらない。

ステージに上がるには
”決意”が要る。

そして、それにふさわしい
”努力”が必要。

”決意”とは
折れない心のこと。

”努力”とは
信じ抜くこと。

道の途中で聞こえてくる
くだらない誹謗中傷や噂話など
ものともしない精神力で
信じた世界をひたすら進む。

************************

今世界は
物理空間を飛び越えて
テレパシーのように
地球上のすべての情報が繋がっている。

出張先のハワイでも
ツイッターやフェイスブックで
宮崎の新燃岳が
再び噴火したことを知った。

相変わらず火山灰に悩まされている
地元の仲間たちのことを想いながら
一人でワイキキを歩いていると
ストリートミュージシャンに出会った。

Professor World Band
と名乗る怪しげなおじさん。

バンドと言っても、たった一人。

何やら準備しているが、
その風貌を見て
道行く人はみんな避けて通る。

やがて彼は一人
”ステージ”に立った。

ワイキキの道端。

観客は、
好奇の目で彼を見る
数名の観光客。

しかしいったん彼が動き始めれば
たちまち人だかりができて
彼はすぐに
”スター”になった。

新燃岳のニュースを知って
地元の友と電話で話した。

明るいワイキキと、
火山灰で覆われた街。

その色彩の如何に違うことか…。

なんだか、暗く沈んだ
寂しい気持ちになっていた。

彼の歌声は
そんな心に飛び込んできて
心をわしづかみにして
再び”勇気の舞台”に引き戻してくれた。



最高の一曲!!

「Give Peace a Chance!」

Watch This!!

↓↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=Br1F9m90-sM

***************************

舞台はそれぞれの価値観で決めればいい。

大事なことは
決意と勇気。

傍観者のままでいるか。
それとも、舞台に上がるか?

何もしなければ、
何も起こらない...。

俺はステージに上がる!

信じる者たちとともに
未来を切り拓こう!

Give Peace a Chance!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

« Prev || 1 | 2 | 3 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ