費用対”満足度”を考える

立地しているホテルのグレードや
ホスピタリティ(サービス)レベルを見れば
その土地の文化度が分かる。
また、観光や国際化に向けての
「本気度」をはかることもできる。

さすがに東京や大阪は
世界の一流ブランドが揃っているし
もちろん、帝国ホテルやオークラに代表される
日本の伝統的ブランドも健在。

4〜5000円代の気軽なビジネスユースから
10万円を超えるようなラグジュアリーユーザーまで
用途に合わせて全てを満足させる。

素晴らしいことに、日本では
どんなグレードに泊まろうとも
歯ブラシや髭剃りは“サービス”として常備されていて
概ね不自由を感じることは、ない。
海外では、”そこそこ”のホテルでも、
常備品が無い場合が多いので
これは日本独自の”佳い常識”と言える。

私は、東京ではミドルクラスの
ビジネスホテルに泊まることが多い。

たとえばANAインターコンチネンタルは、
通常料金では4万円くらい。
(楽天トラベルや、ツアーパックを使えば半額以下!)
実はこのクラスのビジネスホテルは
ありとあらゆる便利な機能が詰まっていいて
とても快適に仕事ができる。

インターコンチでは、2時間までならば無料で
LANやプロジェクター完備の会議室が利用できるし、
いつでも、何度でも利用できるラウンジもある。
コピーやPCも無料で利用できるし
専用のコンシェルジュが何時でも”旅先の問題”
を解決してくれる。
(※上記、クラブフロア利用の場合)
都内で会議室を借りればそれだけで数万円かかるし、
喫茶店での打ち合わせも費用が高いので
それが無料で済むのはとてもありがたい。
リフレッシュするためのジム利用や
カンズメで仕事するためのルームサービスも充実。
つまり、コストパフォーマンス=
”総合的な費用対満足度”はとても高い。

私のようなヘルニア持ちには、
快適に眠れるベッドも大事である。

九州であれば、もちろん福岡は合格点。
求める要素はほとんど叶えられる。
数千人規模の世界的コンベンションも迎えられる客室数は
今後のアジアの玄関としての機能も果たす。
グレードもそこそこに揃っていて、
国際都市として必要十分である。

さて、宮崎はどうだろうか?

「国際観光都市」
「国際コンベンションシティ」
宮崎県がキャッチフレーズとして標榜する、
”目指すべき姿”である。

しかし、私には、このフレーズにふさわしいレベルの
ホテルが著しく不足しているように感じる。

何も、国際的なブランドを誘致しろと言っているのではなく、
現在あるホテルのホスピタリティレベルを
もっと磨く必要があると思うのである。

最近、県外や海外からのお客様も
お迎えする機会が増えたので
私自身が客室を体験してみる必要性を感じて
いくつかのホテルに泊まってみることにした。

エグゼクティブをお迎えできる
”クラブフロア”を有している
県内NO.1の老舗ホテルに宿泊予約。

ここは弊社からも近距離にあり
ランチやミーティングなどでも頻繁に
週2〜3回ほど利用している。

思い切って自費でクラブフロアを
定価予約して宿泊してみたのだが
しかし、そこではとても残念(?)な思いをした。

LANケーブルの”差し込み口”が分からず
客室係を呼ぶと、やってきた年配の女性は
5分ほど室内を探し回った挙句に
とうとう、見つけられず…。
あとで、テレビの裏(!)に隠れていたのを
やっと自分で発見しました(笑)

部屋に籠って仕事をしようと
食事のルームサービスを頼むと
「ルームサービスはやっておりません。」
…。
何か届けられないか、と聞いても
「お客様で直接レストランに頼んでみてください」
とそっけない答え…。
わがままを言っているような気分になってきたので
売店のカップラーメンで我慢することに(涙)。

翌朝、このフロアの”売り”であったはずの
クラブフロア専用のラウンジで朝食をしようとしたら
「現在はもう利用できなくなっております」
じゃあ、せめてコーヒーとトーストだけでも部屋に…
と聞いたら
「申し訳ありません、お客様ご自身で
カフェにお問い合わせください」
とのこと…。
宿泊予約の時には何も言ってなかったのに〜。
これを楽しみにしていただけに、とても残念!

海外での長期滞在では”常識”の
トレーニングジムの設備は無し。

ビジネスセンター機能も不十分。

う〜ん、それでいいのかなあ??

確かに客室は改装してあり、広く清潔。
しかし、このホテルから”個人としてもてなされている”
そう感じるような雰囲気は、残念ながら感じられない。

同じ料金で大阪のリッツカールトンに宿泊したが
費用対”満足度”は、明らかに負けている。

誤解のないように記すが
私はこのホテルの“ファン”であり
ヘビーユーザーでもある。
レストランではいつも素晴らしいもてなしを頂いているし、
個々のショップ(テナント)は老舗ホテルらしい
素晴らしい地元サービスの手本となっている。

それでも、実際に宿泊してみないと分からない
「残念なローカルルール」があるのである。
基本であるはずの”宿泊客の目線”は
実際に体験しなければ決して見えなかった。
宮崎だからこれくらいで…といえば
すべてそこで終わり。
国際観光都市を目指す(?)宮崎県の
代表的なホテルである。
それだけに、どうしても評価が厳しくなってしまう。
(スイマセン・・・)

旅の最大の楽しみは、
やはり宿泊のホテルや旅館でもある。

「国際的な観光都市を目指す」ということは
決してハードやブランドのことではなく
まず最初に目指すべきは
「ホスピタリティ(サービス)レベルを国際基準にする」
ことではないか?
宮崎県人らしい”おおらかさ”は素晴らしい。
しかし、サービスとは、どれだけきめ細やかに
お客様の要望をくみ取れるかという
”気付き”の人間力でもある。

少なくともホテルサービスに
「できません」
という言葉は期待していない。

飲食業を生業とする自分自身も
常に進化を目指さなければ未来は無い。

今年は、徹底的にサービスの文化=
”気づきの人間力”を磨く1年間にしたい。

「費用対”満足度”」を顧客目線で考えること

次の社内ミーティングのテーマにしたい。

”顧客の満足を自分の喜びとして感じられる組織”こそが
ホスピタリティ産業で生き残って生き残っていける。

そんな文化を創っていきたい。

気付きに感謝。

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!!



ご褒美目標!

最近、2〜3か月先までのスケジュールが
埋まってくるようになった。

これまであんまり
スケジュール管理とか興味なく
積極的に意識して効率化しようなんて
思ったことないけど
そろそろヤバイな〜。

人から時間を管理されるのは大っ嫌いなので(…汗)
自分で自分を戒めながら
今年はしっかりと自己管理をすることに!

そこでこの機会に手帳を新調し
ippeichan式タスク管理術を
確立することにしました!
(大げさですが…笑)

まずは、1年間の大テーマ
「使命感を持って行動する」
を表紙裏に大きく書く!
そして、今年の事業目標を箇条書きに…。
ここは自身の達成すべきタスクを
アトランダムに書き込んでいくので
20項目ほどになりました。

スケジュールは1年間を4分割し、
四半期ごとのブロックに区切ります。
その中で、先ほど抽出した目標タスクを
重要なものから順に優先順位を決めつつ
各ブロックの最重要課題を決定。
あとは、そのタスクに沿って
スタートとゴールの日付を決めて
書き込んでいくだけ。

ん、誰でもやってる方法…?

いいんです!

あくまで、私の方法なので~(笑)

あと、1週間のうちで、できるだけ
「何にも予定を入れない日を作る」
ってのも、私のやり方です。
そうすることで、他の曜日に多少無理をして
スケジュールを詰め込んでも
心に余裕ができるので頑張れる!

もしその余白の日に(ラッキーにも)
何にもスケジュール入らなかったときは
マッサージに行ったり、
大事な人と食事に行ったりして
できるだけリラックスするようにします。
基本、週末もウィークデーも区切りをつけない
貧乏性(?)なタイプなので、
この余白の1日は大事なのです。

そして…!

今年は自分自身への「ご褒美目標」も決めました!!

それは、この2年間で溜ったマイルで
ヨーロッパに行くこと。
(ANA/15万マイル!イエイ!!)

昨年知り合ったオペラ歌手の藤木君が住むウィーン。
そしてカフェ文化の本場イタリアへ!
また、ツイッターを通して知り合った
宮崎出身の実業家大矢さんの住むミュンヘン。
USA時代の友人Matikuが住むロンドン。
仲間たちのところへ
勝手に押しかける一人ツアーです♪

新しい世界を見て
新しい概念を自分の中に取り込み
その全てを吸収したい!
新しいものへの学びの欲求は
絶えることが無いばかりか
年々深く大きくなっていく。

経営トップが新しい世界観を
常に体内に入れることはとても大切。
特に私達の様な飲食の世界は
そんな感性が必ず店づくりのディテールに
表れてきます。

これまで縁が無くて行けなかったヨーロッパ。
夏までには訪問したいと思います!

早速、新しい手帳に
出発の日程を書きこもう〜♪

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!


”繋ぐ”ということ

大晦日から正月の2日間
年を繋ぐ数日間のほとんどの時間を
店舗で過ごしました。

お陰様で数店舗はセールスレコードを更新し
営業的には素晴らしいスタートになりました。
大勢のお客様をお迎えし
本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。

私はオペレーションに参加することは
ほとんど無かったのですが
(本当は寿司職人やりたいんだけど…)
外側から細部まで店の様子を眺めつつ、
気になった部分を都度
そっと方向修正していきます。

年末年始は、1年間で
もっとも忙しく
店舗の本来の実力が
如実に現れます。

ほとんどのフェローが頑張っている中で
残念な光景を見ることになりました。

全員が忙しい店内で走り回っている時に
覇気のない表情で
疲れ果てたようなやる気のない態度の
アルバイトフェロー達が数名いたこと…。

忙しい時こそ、苦しい状況の時こそ
そこを乗り越えて、いきいきと動けるのが
プロフェッショナル。
いったんエプロンをつけたならば、
お客様から見れば社員もアルバイトも同じ。

プロの舞台に上がっている緊張感が無い…。

仕事をするものは、常に100%のモチベーションで
持ち場に就くことができなければ
そこに立つ資格はない。
他の頑張っている仲間たちに対しても迷惑であるし
何よりも、お金を払って時間や空間を買っていただく
お客様に失礼である。

プロの世界は厳しい。

心ないものは去っていくのみ。

チームを守ることは
お客様を守ることと同じ。

この時代の中で常に成長を目指すならば
厳しさから逃げていては生きていけない。

3歩進んでは2歩下がることの繰り返し…。

今日からまたスタートの心持で
一から足元を見直していきたい。



実は、年越しの大晦日に
とても悲しいニュースが飛び込んできました。
年内の営業を終えてホッとしていた
新年を数時間後に控えた夜に
突然の電話…。

タリーズ開店当初からずっと店を支えてくれる
大切な社員のお父様が亡くなったとのこと。

「忙しいときにすいません…」

病床の父の死去を報告し、
明日の初売に参加でいないことを
震える声で詫びた電話。

正月には売上と店の様子を心配する
激励とお詫びのメールが
店舗に届いていました…。

父の死に対峙して
究極の悲しみの中にあって
仕事のことを、仲間のことを気遣ってくれることに
何ともいえない気持ちが湧き上がってきます。



3日後に大きな催事を控えた
6年前の冬の日…。

私も先代(父)を亡くし、悲しみの淵の中で
葬儀の晩に徹夜で仕込みをして
宮崎には珍しい大雪のなかで
涙を流しながら
スタッフ全員で仕事をしたことが思い出されました。

静かで悲しい冬の思い出。



12月31日の夜に
大晦日の夜に父を亡くし
父と一緒に年越しができなかった
彼の家族の無念さと
悲しみを思うといたたまれない。

そんな辛い年越しをしている仲間がいることを、
私が見た覇気のないアルバイトの彼は
きっと気付いていないのだろう…。
悲しみの中でも店の様子を気遣って
心で戦っている彼の気持ちは
きっと伝わっていなかったのだろう。

長く店を運営していれば
本当にいろんなことがあります。
人生にもまた、様々な試練があります。

あたりまえの風景は、今日いきなり
できたものではない。
これまで本当にたくさんの人達が関わり
想いや愛情を持って創り上げてきた世界。

そんな情熱を繋ぎながら
今日の風景ができているのです。

引き継ぐことの重みと感謝を
今一度全フェローに話をし、
教えていきたいと思います。

テレビをつけたら
駅伝の熱闘が繰り広げられていました。

タスキをリレーして
栄光のゴール切るのはたった一人。
その裏舞台では、全ての選手はもちろん、
監督、コーチ、そして
決して表には出ない大勢のスタッフ達の努力があります。

全員の想いを繋いでゴールを目指す
駅伝マラソンの光景は
店舗運営に似ている。

我々はゴールのない戦いをしている。

しかし、その瞬間にお客様に感動を与えるためには
現役のフロントランナー達が
これまでの歴史や想いを理解し
去っていった者たちの情熱を受け継ぎ
100%の力を発揮しようとする”前のめりな心”
そんな努力を続けることが大事なのです。

プロの世界は厳しい。

厳しさを胸に抱いて
全てを受け止めて
今日も大切な1日を精一杯に
生きていきたいと思います。

父に感謝。

合掌。

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!

変わらぬ風景に感謝!

爽やかに晴れ渡った
お正月2日目の朝。

先代(父)の墓参りをしてから
一平寿司の仕事始めへ!




母も、もちろん現役!
感謝!!



CORNERも本日初商!
いよいよ2011年のスタート!



商店街「Doまんなかモール」では
新春恒例のもちつき♪

もうかれこれ9年間、
連続して正月を街で過ごしているが
少しずつ人が減っているのが分かります。

年々、パワーが落ちている…。

う〜ん、皆で元気を出さねば!!

2011年は、新しい”まちづくり”の概念を
仲間達と今一度創りなおしたい。

街(中心市街地)が大好きな方は
ぜひ、議論に参加を!!





いつも、ありがとう!



一番街商店街では
コーヒーのふるまい♪



午後は、昨日に引き続き都城へ。
本日初商のハンズマン吉尾店へ!
2年目を迎えて、大きな飛躍を期待する店舗です。

正月初日からたくさんのお客様…。
本当にありがたいことです。



シホMG、今年もよろしく!
元気な笑顔が素敵です〜♪




こうして、毎年少しづつ”進化”する
正月の風景を見るにつけ
本当に感謝の念で
心がいっぱいになります。

今年も、スタートしたばかりですが
既に気合十分〜って感じ!!

やっぱり店にいると
自然にエネルギーをもらえます。

おれってやっぱり
根っから飲食業が好きなんだよね〜〜。

さて、今夜は久しぶりの同窓会、
これからニチタチへ〜♪

Written at Tully's AEON Miyazaki

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!



☆謹賀新年☆ New Year 2011

A Happy New Year 2011

新年、明けましておめでとうございます!
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

いよいよ2011年の幕開け。

今年も、毎年のごとく
一人で初商いの店舗を回りながら
1年間の”想い”と”覚悟”を固めつつ
元旦の一日を過ごしました。

今日はタリーズコーヒーの4店舗
(橘通り店、高千穂通り店、都城店
イオンモール宮崎店)
が初商いを迎えました。

不思議なもので
毎年の光景でありながらも
初商いは特別な感覚。
実際に店の様子を見るまでは
”今年もお客様が来てくれるだろうか…?”
と不安なものです。

全国的には大雪などのニュースで
天候不順の影響も心配しましたが、
宮崎は素晴らしく爽やかな元旦の朝。

店に行くと、各店舗とも大勢の人・人・人…。
たくさん準備したハッピーバッグ(福袋)も
ショッピングセンター内の店舗では
既に”完売御礼”の様子♪

大繁盛で賑わう店を笑顔で支えてくれる
元旦から頑張ってくれているフェロー(従業員)達や、
ご来店頂いている大勢のお客様の様子を見ていると
”ほっ”とすると同時に、本当にありがたく
思わず涙が出そうになります。



明日は宮崎市内の商店街も”初商い”ですから
市街地の各店舗も賑わう事だろうと思います。

また、一平寿司、CORNER、そして
タリーズハンズマン吉尾店は
明日(2日)が初商。
弊社の7店舗全てがフル回転です!!

*****************************

さて、今年はいろんな意味で、
自分を試される大切な節目の年になります。

「一年の計は元旦にあり」の諺の意は、
今日の”決意”と”覚悟”を忘れることなく
一年間貫き通すことの大切さを教えたもの。
それが輝く未来を創る為の
大切な先人の教え。

大切な毎日を、そして1年間を
決して無駄に過ごすことのないように、
1年後の大晦日には、
後悔の念が残らないように
全てを出し切って
全力で勝負する!

今年もまた
スタートの日がやってきた。

心をリセットして、また繰り返す
長い旅のはじまり…。

どうか明るい晴れやかな心持で
一年間を終えることができますように。

充実感を持って感謝の思いで
この日に帰ってこれますように。

私の大切な仲間たちが
皆健やかで愛に満ちた
平和な一年間でありますように。

未来は自分自身の「強い決意の心」が創るもの。

”Your future is the way you making.
 So, think great thought! "

既に一年先の
輝かしい自己イメージは固まっています。
成すべきビジョンも明確。

後は全力疾走で
仲間たちとともに
駆け抜けるだけ!

今年もきっとワクワクするような
冒険に満ちた素晴らしい年になる
そんな予感がします。

今年のテーマは
「使命感を持って行動すること」

義務感、責任感で動く(働く)のはニセモノ。
使命感を持った行動こそが
ホンモノの道を創る。

皆様、今年も1年間
どうぞよろしくお願いいたします!

感謝。



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!




« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ