「何を売るのか?」ということ

私達のお客様は
何を求め、何を買ってくださっているのか?

最近は時にそのことを深く考えます。

…いや、むしろ
常に「そのことだけを」考えています。

寝ても覚めても考える
私自身の課題は
「私達の売るべきは何か?」
「お客様は何を買っているのか?」

一平はすし屋であり
元祖「レタス巻き」が看板ですが
お客様が求め買ってくださるのは
その歴史、安心、想いで、味…
様々な要素があります。

タリーズコーヒーは
提供するコーヒー豆そのももの
生産地から消費の現場に繋がる
壮大な”コーヒーの旅”のストーリーは
もちろん大切。
その上でもっと深く考えるべきは
バリスタの存在感、お客様の過ごす空間、時間…
「コーヒーハウスそのものを買っていただく」という
自覚と概念が必要。

CORNERは
一番街とニシタチの交差点
結節点にロケーションしていて
その意味では
街の”元気”そのものを表現しなくてはならないという
大切なミッション(使命感)も背負っています。
「CORNERの元気が
すなわちニシタチの元気だね…」
そう感じてもらえる存在になりたい。

メニューに載っている商品は
「お客様との約束」ですから
決して嘘があってはいけない。
常に最高を目指して向上する
そんな心意気がなくてはならない。

「佳いものを提供する。」
それは
”当たり前”のこと。

お客様が支払っていただく”お代”は
そんな「お客様のとの約束」を超えた
私達の提供すべき、新しい
価値観・世界観・コミュニティへの思想
それらを含めた満足感に対する対価。

「満足感が対価を上回っている」と感じるときに
はじめて”繁盛”があるのだろうと思う。

お客様の求める期待を
常に上回る努力をすること。

つまり、鮨屋が寿司を売ることをやめた時
コーヒーショップがコーヒーを売ることをやめた時
バールがワインを売ることをやめた時

付加価値が商品そのものを凌駕して
「看板そのものを食べていただく」
そうなったときに
商売は本物になるのでしょう。
そうなったときに
本物の商売がスタートするのだと感じています。

歌舞伎役者である海老蔵さんの記者会見があり
ちょっとだけテレビで拝見しました。
”本物”になるための大きな試練の
最中にあるように思います。
歌舞伎の技術そのものを売ることから
数百年来脈々と受け継がれる
歌舞伎の歴史・文化…そんなストーリーはもちろん
彼自身の”人間味”を売ることができる
大きな存在にならなくてはならない。
その為の大きな試練を味わっているのでしょう。

商店街は何を売るのか?
街道に並ぶ“店”そのものを売る時代は終わった。
私達はそのことに早く気づかなくてはならない。
お店はお客様との「約束」ですから
しっかりとトレンドに合った品揃えに工夫し
時代感を捉えた店づくりを心掛ける。
…それは、「当たり前」のこと。
中心市街地は
活性化を目指すのであれば
そんな「商店そのもも」の魅力を超えた
もっと大きな文化的財産の価値を
市民全体で深く思考する時期に来ています。

時代が「必要が無い」と判断すれば
消えていくだけ。

選択するのは
お客様です。

選択される存在になりたければ
一時も努力を怠ってはならないし
瞬間の成功に浮かれているものは
そんなものは”幻”であるという
本質の恐怖を知らなくてはならない。

私達の商品は何か?
お客様は誰で、どこにいるのか?
何を求めているのか?

頭がちぎれるほどに思考して
考え抜いて
考え抜いて
そして見出した答えだけが
自信を持ってお客様にお勧めできる
「本物の商品」になるんだろうと思います。

本物でなければ生きていけない。

そんな厳しい時代は
逆に考えれば
私達のような小資本のベンチャーが
本質の価値だけで勝負できる
「チャンスの時代」でもある。

そう思います。

コーヒーを売らないコーヒー屋さん。
寿司を売らない鮨屋さん。
ワインを売らないバール。

私達が売るべきものは
「時間」「空間」「思い出」、そして「感動」。

モノの価値を超えた
存在そのももの価値。

それを考えることは、
私にとっては
もっともワクワクする
思考(至高)の時間でもあります。

気づきに感謝!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!

メロディ

歌のチカラって凄い。

駐車場に止めた車の
カーテレビから流れる
美しいメロディイに
心を奪われる・・・。

福山雅治さんが
ギターを抱いて
熱くうたう「桜坂」

♪ 君よ ずっと幸せに 風にそっと歌うよ
  愛は今も 愛のままで

  揺れる木漏れ日 薫る桜坂
  悲しみに似た 薄紅色

  君がいた  恋をしていた
  君じゃなきゃダメなのに 
  ひとつになれず…

  愛と知っていたのに 
  春はやってくるのに
  夢は今も 夢のままで

  頬にくちづけ 染まる桜坂
  抱きしめたい気持ちで 
  いっぱいだった

  この街で ずっとふたりで
  無邪気にすぎた約束 
  涙に変わる…

  愛と知っていたのに
  花はそっと咲くのに
  君は今も 君のままで

  逢えないけど
  季節は変わるけど
  愛しき人

  君だけが わかってくれた
  憧れを追いかけて
  僕は生きるよ

  愛と知っていたのに
  春はやってくるのに
  夢は今も 夢のままで

  君よ ずっと幸せに
  風にそっと歌うよ
  愛は今も 愛のままで ♪

メロディの中で
自分の中にいる、
何かがはじける…。

心が熱くなり
溶けだしていく。

いつもの立体駐車場の屋上。

車のエンジンを切って
余韻に浸りながら外に出る。

キンと澄み渡った冬の夜空。
暗闇に身を投げ出し
空を眺めた瞬間に…
10年前にタイムトリップする。

”ふーっ”と
ため息一つ。

目の前に
10年前の自分が現れる。

未来が見えず
毎日、毎日悩みながら
苦しみながら
それでも前だけを見据えて
理想の自分の姿を求めて
歯を食いしばって
懸命に生きていた

そんな毎日が甦る。

10年前の自分と
夜空の下で
じっと向き合う。

俺自身が尋ねる。
問いかけてくる…。

”俺は俺らしく
憧れを追いかけて
生きているか?
憧れの自分に
近づけているか?”

清々しい冬の夜。
キンと冷えた空気の中を
歩きだす。

熱くこみあげてくる”想い”を胸に
エレベーターのボタンを押す。



二人の自分を乗せたゴンドラは
静かに下りて行って
地上の扉が開く。

扉から降りるのは
2010年の
”今に生きる”自分だけ。

清々しい気分で
明るい街の中へ
胸を張って歩いていく。

過去に拘ることなく
未来に生きる。

ただひたすらに
前へ進んでいこう!

感謝。

*******************

”大風呂敷を広げ
たたむためにがむしゃらになって頑張る。
口にした以上、もうヤケクソよ。
見てろよ、
絶対に風呂敷たたんでやる!”

by 矢沢永吉

********************

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!






11月を振り返る/出会いに感謝!

早いもので、もう12月。
”あっ”という間の1年間でしたが、中身の濃い1年間でもありました。
いやいや…まだまだ総括をするのは早すぎるので
とりあえず11月を振りかえってみます。
これまでにないほど、充実した活動的な1ヶ月でした!
様々な出会いもありました。

【ヒミ☆オカジマさん主催】
九州SAMURAI”サムライ”の会に参加

九州パワーすごい!
これから、九州全域の経営者同志の絆を繋いでいき
来るべき「道州制の時代」そして「東アジア経済圏」の時代に
力強く進んでいかなくてはならないと実感。







【今年2回目のHAWAII訪問】

「KONA COFFEE カッピングコンペティション」に参加
深く日本人(日系人)の文化も根付いている南の島。
世界最高水準のコーヒーを学んできました。
来年は、ハワイをステージとした事業もスタートする予定!!









【心響祭2010 in 清武】
「心響DON」の10周年記念公演に
JC太鼓とともにゲスト出演。
相撲甚句を詠いました♪





【タリーズイベント♪】
タリーズコーヒー橘通り店では
「お話の会」を開催♪
フリーアナウンサー横山さんの読み聞かせに
子供達はくぎずけ!
楽しい風景♪






そして、CORNERでは
プライベートフロア/Club Lounge
をオープンしました!
ぜひ、貸切フロアでラグジュアリーな忘年会を〜♪

http://www.corner-cafe.asia/blog/item_1441.html

12月は、今年1年間を振り返りつつ
「感謝の月」にしようと思います。

いろんな出会いに感謝しながら
来年に向けてのイメージも固めていきたい。

今月も力いっぱいに走り抜け、
そして…
新しい年【飛躍の2011年】への扉を開ける!



Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!




« Prev || 1 | 2 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ