街のプレイヤーであること

経済産業省が主管する
「街元気 人材育成プロジェクト」という
街づくり事業があります。

街元気
街づくり情報サイト

このサイトには全国のまちづくりの事例が
たくさん紹介されていて
私も時々見せていただきます。

ちなみに、宮崎の「Doまんなかモール」
も事例紹介されています。
※サイト内検索で、「宮崎」キーワードを入れると
たくさん事例が出ていきます。

また、こんな素晴らしい紹介VTRも創っていただきました。
宮崎市街地紹介VTR「Doまんなかモール」事例

さて、このサイト運営(事務局)をするのが
「中小企業基盤整備機構」

22年度の事業として
全国のまちづくり事例を学習教材としてまとめ
それをもとに講座を展開するということです。



いろいろと宮崎の事例について
話を聞きたいとのこと。

東京虎ノ門のオフィスに行ってきました。



Doまんなかモール委員会
「成り立ち」「組織のありかた」「方向性」そして
街づくりとはどうあるべきか…といった
「そもそも論」に至るまで
2時間にわたってじっくりと
議論させて頂きました。

全国には様々な街がありますが
地方都市の中心市街地は
かなり疲弊が進み
どこも苦しんでいる…。

概ね平成7〜8年くらいをピークとして
ずっと歩行者数や店舗数は
”右肩下がり”の状況。
加えて、郊外大型店舗の進出で
市街地としての”役割を終えた”ような
都市さえもあります。

この様な教材や事例集をまねても
即効薬になるとは思いませんが
何かのお役に立てたならば嬉しいことです。

私が「街づくり」に関わるようになったのは
9年ほど前…。

宮崎市中心部に
タリーズコーヒーの店舗を
九州1号店としてオープンしたのがきっかけでした。

店舗とともに年を重ね
通りの風景や経済を感じながら成長し
今では中心市街地では
タリーズ×2 CORNER×1の
合計3店舗を経営しています。

この間、都市の衰退に加えて
「郊外大型店/イオンモールのオープン」
「大型ライバル店の進出」
「経済危機(リーマンショック)」
「鳥インフルエンザによる地方経済の冷え込み」
そして「口蹄疫」

いやになるほどに(笑)
毎年のように
「もう街は終わった」という声を聞きますし
地価もずーっと下がりっぱなし。
良いニュースは大凡聞いたことが無い。

そんな中で
ボランティアを中心として活躍する
宮崎市街地の「Doまんなかモール委員会」の活躍は
一筋の希望のように光っています。

個人的な話をすれば
こんな危機的な経済状況の中でも
弊社の事業(3店舗)は
少しずつですが
”成長”を続けています。

お客様と素敵なチームメンバー(スタッフ)に支えられ
まだまだ前に進んでいける
強い手ごたえを感じています。

「もう駄目だ」と言われている場所には
その裏に抜ける成功への道も
同時に隠れているもの。

どんな場所にも、
チャンスは確実にあるのです。

中心市街地の場合は
一貫して経済の停滞は続いているものの
”付加価値が下がっている”ということは
裏を返せば、私のような新参者でも
「マーケットに参加するチャンスがある」
ということです。

誰でもプレイヤーになれる。

20年前では決して開けることのできなかった
宮崎市街地の一等地での商売を
切り拓くチャンスがある。
時代に会ったアイデアと行動力があれば
ここで勝負することができるのです。

そもそも、私は
「宮崎の景気が良かった時代」
過去の”栄光時代”を知りません。

ビジネスを本格的に始めた90年代は
既にバブルは終わっていて、
それからは先進国では類を見ない
15年間以上のデフレ経済の中で
時代にあったビジネスモデルを模索しながら
奮闘の日々を送っている。

この時代にわずかながらでも「成長」に拘り
強いハートを持って仲間=チームを創り
そして時代に挑んできたのです。

街中にはまだまだチャンスがある。
そう心から信じています。

これから先は、
(もし望む者があれば)
私が知る限りの
自分の経験から会得した
市街地でのビジネスモデルを全て公開・共有し
後進の育成もしていきたい。
共に成功・成長するビジネスで街を創っていく
そんな仲間(プレイヤー)を増やしていきたい…。
そのように感じています。

中心市街地は
”復活”を望むのではなくて
新しい”創造”を目指すべき。
新しいプレイヤーが活躍し
新しい時代を切り開いていくべきものだろうと思います。

過去の成功体験は
役に立たない時代。

古き良き時代を知らない世代の私達にとって
”復活すべき姿”はよくわからない。

しかし、光り輝く未来の姿を描くことは
誰にでもできるはずです。

街に商売のフィールドを求めるものは
”街づくりのプレイヤーである”という
その責任を自覚しながら
自分のビジネスを
地域とともに磨いていかなくてはならない。

一店舗づつ改革を進め
革新を追い求め
その連続としての
「新しい街の姿」を創っていく。

そんなイメージで
まずは自分のお店から
今日も”元気”を届けられるように
頑張っていきたいと思います。

CORNERは、おかげ様で
2周年を迎えました。

やっと、スタートラインに立てました。

お客様、そしてチームのみんなに
心から…
熱く感謝申し上げます!

私自身も、愛するチームの中で
いつまでもフロントランナーとして
自ら先頭に立ち続ける
”力強いプレイヤーであれ”と
自らを鼓舞しながら頑張ります!


Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!

CORNERイメージCM

CORNERのイメージCMができました!
(15秒ショートフィルム)

CORNER イメージCM
http://www.youtube.com/v/D3U3QVRcO0o

今月から、CORNERはMRTの新番組
恋旅Chu」毎週土曜日16:56〜放送
にて”カフェスタジオ”として協力しています。

恋旅Chu公式HP 
ツイッターアカウント

秋のCORNERは、話題が盛りだくさん!
乞うご期待!

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

一人前になりたい(!)という情熱

2泊3日の東京出張。

1週間にも感じられるほどに
中身の濃い3日間だった。

仕事の中身はブログには書けないことも多いので
それは後々、地元宮崎の皆さんには
“成果”としてお届けすることとして…。

特に印象的だった出来事は、
ご招待頂いた(株)リヴァンプ
5周年記念パーティ。
社員の皆さんはもちろん
そこに集まるパートナー企業や
ビジネスパートナーの仲間たちも
前向きなエネルギーにあふれている。

Pict. with Tamatsuka-san.
Great smile as always!


感動したのは
澤田さん玉塚さんの
両代表パートナーによるスピーチ。

まずは玉塚さんから、
元ラガーマンらしく
情熱的な言葉で綴る
熱血的なスピーチ。
「5年間は決して順風満帆な時だけではなかったが
 数々の素晴らしい出会いと社員一丸となった情熱で
 現在のポジションを手に入れることができた。」
「私はこの会社を日本一ユニークで、愛にあふれた
 素晴らしい会社に育てていきたい!」
一点を見つめる真剣な表情で
こぶしを握り締めながら発する
その一言一言に会場がひきこまれていく。

そして、澤田さんからは
社員に対する愛と感謝のこもった言葉。
「私達が今日ここまでこれたのも、
 起業以来支えてくれたお前たちのおかげだ!
 そして、ここに集まって頂いた、
 私達を育てて頂いた皆様に心からの感謝を!
 還暦を迎えるまで、ひたすら走り続けていく!」

共通することは、二人とも
とにかく“熱い”!
そして、人と事業に対する真剣さが
”ひしひし”と伝わってくる。

近くにいるだけで熱くなる...。

輝かしいキャリアを築きあげても
それは「過去のもの」として潔く捨て去り、
更に先の世界に進んでいく。

ゆるぎない信念と情熱の言葉で
関わる全ての者を
”ファン=支援者”にしていく。

熱風に巻き込んでいく。

熱が伝わる…。

笑顔も、涙も、喜びも、怒りも、
全ての感情を隠すことなく表現し
信じる者達を決して裏切ることなく
深い愛を持って仲間たちとの絆を築いていく
そんな代表パートナーのお二人から
学ぶことは多い。

チームとしての信頼関係を築くためには、
そこに参加する全員が
ビジネスパフォーマンスの高さや
約束(目標)を達成する能力も必要とされ
個人もまたチームのために
常に自己を高める姿勢が求められる。

そうすることによって
「戦う集団」としてお互いを認め
常に高めあっていく文化が生まれる。

For the Team...
All for one, one for all の精神

チームビルディングの本質を
学ばせて頂いたような気がします。

ビジネス(Business society)に関わる
一人ひとりが自己の能力を高める
努力を常に続けること。
そこで生まれたリーダー的存在、
つまり自己評価(Self efficacy)の高い人物同志が
繋がりあい、もしくは自身のチームを指導し
集団としてのエフィカシー(Collective efficasy)を
高めていく。
エフィカシーの高い人物とは
すなわち志(こころざし)の高い人物。
そんな個人(会社)が集まって
チームとしての
「集団としての志の高さ」に繋がる。

集団としての自己評価(Collective efficacy)
が高いチームの中には自然と
高い目標を追い続ける文化
(ハイパフォーマンス・カルチャー)が生まれる。
過去の成功体験にしがみつかず
常に高みを目指して前に進んでいく
向上心豊かなエネルギーが
集団(チーム)として芽生えた時に
会社や組織は飛躍的に成長することができる。

また、地元宮崎の活性化に必要なことも
ここから見えてきたような気がします。

全国の中小企業の会社数は150万社以上と言われ
全会社に占める割合は99%以上。

まずは個の中小・零細企業が
高い志(こころざし)を持ち
高いパフォーマンス(業績)を目指して
日々努力を怠らずに自己を高めていくこと。
そこに所属する個人(社員)も
常に向上心を持って
会社への貢献を目指していくこと。

そして、そんな社会的自己評価
(Company efficacy)の高い
向上心溢れる文化を持った会社が
”チームミヤザキ”として
地域のパフォーマンスを上げれるように
互いに切磋琢磨しながら結びついていく。
チーム(地域)として
社会的自己評価(Social efficacy)
の向上を目指して
地域経済全体を俯瞰しながら
“活性化”のための道筋を創っていく。

補助金や助成金に頼る前に
地域は自己努力で一人前になる
強い決心が必要だと思う。

個の集合体が組織(地域社会)であるならば
「一人前になる」という目標は同じ。

一人前の大人になる。
一人前の会社になる。
一人前の地域になる。
一人前の国になる。


「一人前」とは
他に頼ることなく
自分で道を歩んでいける
切り拓いていける成熟した精神性。
だれにも頼らずに
自分の力で切り拓く勇気も必要。

「一人前になりたい」という気持ち…
その情熱が努力を生み
その努力がいつか
実力に変わっていく。

自身(自社)が成長することと
地域社会への貢献は
イコールである。

弊社の企業理念
「新しい食文化を創造し、人と地域を元気にする」
にも、しっかりと合致する志(こころざし)である。

まずは自身の会社が(社員が)
活き活きと輝くことが
地域の元気を創っていく。

そんな志を同じくする同志を集めながら
「チームミヤザキ」として
一人前の精神性を持った
地域創りを進めていきたい。
ワクワクする宮崎を創りたい!

今回の出張では
新しい個人的な目標も生まれた。

追加する新しい目標(!)
澤田さんと玉塚さんのいる
素晴らしい”チームリヴァンプ”の
5年後の10周年パーティでは
「ビジネス的関わりを持って
パートナーとして参加できるように頑張る!」

高いパフォーマンス集団の中では
そこで「一人前」として認められるためには
もちろん常に高い目標設定が必要。
「一人前になりたい!」という情熱が必要。

寿司職人として葛藤した12年前を思い出す…。
どの世界もモチベーションの源泉は同じ。

ワクワクするな〜。

今回の東京滞在中の3日間は
睡眠時間をとるのがもったいないほどに
たくさんの企業経営者の方々とお会いし
私のビジョンを伝え意見交換し
そしてご指導を頂く機会に恵まれました。

もちろん…
ワクワクするような事業展開のヒントも(!)。

40(しじゅう)にして
まだまだ”半人前”の
自分自身と出会い
一人前になりたい(!)という欲求と情熱を
強く思い出させてくれた…。

いつまでも修行である。

今日もたくさんの出会いと
気づきに感謝デス!

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

扉を開け続ける勇気

いやなニュースばかりが目につく。

子供が親を殺し
親が子供を殺し
人生に失望した若者が
ドラッグにおぼれる。
社会を嘆き悲しむよりも
興味の目がワイドショーを賑わせ
今日も知ったり顔のコメンテーターが
失望の「原因」を分析する…。

わが故郷、日本はいつからこんな
希望の持てない
歪んだ国になってしまったのだろう?

ふと、思い返す…。
高校時代は「山岳部」に属していた。

それまで、何をしても長続きせず
引っ込み思案だった自分を変えてくれたのは
恩師である部活の担任と
ともにトレーニングし
山に登った仲間たち。

競技登山は
とにかくキツイ!
当時は「山岳マラソン」とも言われていた。
山の斜面を駆け上がる
タイムトライアルがあったり、
30キロ近い荷物を背負って
8時間以上ひたすら歩き続けたり…。

山登りに限らずなのだが
競技において
勝敗を分けるのは
「限界だ…」と感じてから
あと”ひと踏ん張り”ができる
そんな精神力があるかどうか。

山には必ず頂上が存在する。

あきらめなければ
途中でやめさえしなければ
必ず成し遂げられる
達成できる「目標」と「成果」がある。

しかし時に、
体力と精神の限界を見た時
幾度も「引き返そう…」という気持ちになる。
”限界”は自分自身が決めるもの。
だれもそれを決めてはくれない。
あきらめたら、そこで終わり。

しかし、あきらめさえしなければ
必ず登頂の達成感を味わうことができる。
山頂の美しい景色を見ることができる。

高校時代に学んだ
「限界の向こう側を見る」
という経験は
実社会でも役に立っている。

もう駄目…
もう、限界。

そう思って歩みをやめたら
そこで全てが終わる。

こんな逸話を聞いた。

ウォルト・ディズニーは
301もの銀行に融資を断られている。
302件目での融資で建設したディズニーランドは
世界で一番の、
歴史上もっとも有名な遊園地となった。

「よくある失敗は、成功まであと一歩というところで、
そうとは知らずにあきらめてしまうことだ」

これは、発明家トーマス・エジソンの言葉。
何事も、最後の一歩が勝敗を分ける。

成功哲学の祖、ナポレオン・ヒルはこう言う。

”成功者は、自分の考えはうまくいかないと確信した
そのすぐ後ろにこそ、
成功が待ちかまえていることを知っている”

精神的にも、肉体的にも限界に達し
疲労困憊のときにこそ
人の真価は問われているのかもしれない。

「もう限界…」
そう感じた、すぐ向こう側に扉があって
ギリギリの精神力でその扉を開いたものだけが
成功をつかめるのだろう。

疲れてきたときにこそ、
忍耐力が必要となる。

うまくいく人にとっては
疲労や失望は、
それまでやってきたことを投げ出す根拠にはならない。
「ここが正念場!」とばかりに
一層力を振り絞る。

「考えぬく人」は多いが
「やりぬく人」は少ない。

最後まであきらめてはいけない。

たとえ惨めでも
格好悪くても
他人にどんなことを言われようが
「自分が信じたこと」を貫く。
生きることをやめない。

そんな”決意”こそが
成功をつかむための
未来を切り開くための
唯一の才能である。

私はいつも限界=壁を感じたら
その壁の向こう側にある
「成功の扉」をイメージする。
成功は限界の向こう側にある。
扉の向こう側にある。

扉を開けたら、
もしかしたら
もっと困難で大きな壁があるかもしれない…。
大きく重たい扉があるかもしれない。
不安に押しつぶされそうになる。
経営者はみんな、
そんな不安の戦いの連続の中にいる。
それでも、
あきらめさえしなければ
「成功の扉」を開け続けたら
いつの日か
必ずゴールはやってくる。

現代社会の日本は
重たく澱んだ”閉そく感”に包まれている…。

相変わらず暗い、
凄惨なニュースばかり。
政治は未来の希望を与えてくれない。
人々は限界を感じ、
希望を失い、
過去最高の自殺者を毎年更新する…。
そんな暗い社会に生きる。

でもね…。

どうか、あきらめないでほしい。
限界は自分自身が決めること。

もう一歩頑張ったら
きっと扉が見える。

”限界”を決めないでほしい。

世の成功者たちはみな、
一度ならず挫折を味わっている。

人生の試練やストレスに直面した時ほど
その人の真価が問われている。
人生最大の試練や
逆境を乗り越えた向こう側にこそ
最高の喜びが待っている。

******************************

いくつもの決して叶うことのない夢を見た
その夢は夜明けとともに消えていった
それでも実現した夢もたくさんあった
おかげで今でも夢を見続けている

聞き届けられない祈りがたくさんあった
じっと辛抱強く待ち続けたのに…
それでも
聞き届けられた祈りもたくさんあった
おかげで今でも祈り続けている

道端にたくさんの種をまいた
それを小鳥たちが食べてしまった
それでもたくさんの実りがあった
おかげで今でも種をまき続けている

何人もの友達に裏切られた
人知れず涙した
それでも真の友達もたくさんいた
おかげで今も人を信じている

失意と苦痛の海で溺れそうになった
何日も歌うことを忘れた
それでも人生を満喫したこともある
おかげで
これからも生きていこうと思う

〜ハワード・グッドマン牧師〜

***************************

壁のすぐ後ろを信じよう。
「成功の扉」を開けよう。

自分自身の限界の向こう側
失意・失望の向こう側にある
明るくキラキラと輝く未来。

限界の向こう側に挑戦し
戦う決意。

どんなに人生に失望しても
決してあきらめてはいけない。

明日は
必ずやってくる。

扉を開け続ければ
夢をあきらめなければ
そこには必ずかなう
「成果」が待っている。

決してあきらめずに
困難を克服してこそ
人間として成長できる。

ありがたいことに
努力と継続は
必ず報われる。

努力をあきらめない人生は
決して裏切らない。

山道が険しく
困難であるほど
山頂の景色は美しい。

<参考文献>
TALENT IS NEVER ENOUGH
by John C. Maxwell

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!




羽ばたけ!WINDS!

1年ぶりに、友人が訪ねてきた。

世界で戦う、プロビーチバレー選手の
西村晃一くん。

西村晃一オフィシャルブログ



彼がNECのプロ選手だったころからなので…
かれこれ12年以上のお付き合いになる。
私は30代前半、彼は20代だった。

身長175センチと小柄ながら
1998年にリベロとして全日本に選出。
プロバレーボール界のスターであり
オリンピック代表選手でもあった
絶頂期の2002年に電撃的に
プロビーチバレーに転向し、
世間を驚かせた。
同年、日本で初となるプロビーチバレーチーム
BEACH WINDS を立ち上げる。

BEACH WINDS/ビーチウィンズ 公式HP
オフィシャルTwitter


ビーチバレーは
1996年のアトランタから
夏季オリンピックの正式競技となり
世界中では大変な競技人口と
観客動員数を誇るメジャー人気スポーツである。

残念ながらアジア諸国は
まだまだ遅れているとのこと。
日本においても
競技人口は年々増えているものの
マーケットとしては
まだまだ発展途上である。

そのような状況の中、
既に12年も前(!)に
ビーチバレーの未来に可能性を見出し
文字通りフロントランナーとして
業界発展のために日々奮闘している。

「ビーチバレーは世界のメジャースポーツです。
日本、アジアでも必ず人気のスポーツになる。
僕が世界を切り拓いていきます!」

12年前から一貫して
ずっと”ぶれない”彼の言葉である。

また、Save The Beach というNPO団体を立ち上げ
ビーチクリーンなどの環境保全活動も積極的に行っている。

常に「熱い夢」を言葉にし
それに共感する
様々な個人、団体が彼のもとに集まる。

彼の仲間になり
”ともに歩んでいきたい”と思わせる
不思議な魅力を持つ。

純粋にビーチバレーの未来を信じ
その魅力を伝え続け
人と地域の縁を結ぶ。

何よりも、笑顔が素晴らしい!

広いビーチ(海岸線)を持つ我が宮崎は
「ビーチスポーツ」に大きな可能性がある。
観光浮揚の起爆剤になりえる。

毎年進化し続け、
そして
夢を次々と実現する彼…。

宮崎のビーチ(海岸線)の活性化と観光浮揚。
そこに、彼の夢を重ねてみた。

日本一のビーチスポーツのメッカ。
日本、そしてアジアを代表する環境都市。
宮崎で開催されるビーチバレーの世界大会…
そしてビーチに溢れる観客。

ワクワクする宮崎の未来を
また彼と語り合いたい。
心からそう思う。

BEACH WINDS にエールを!
公式HP
公式ツイッター


Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!



« Prev || 1 | 2 | 3 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ