秋の花火

口蹄疫の影響で、
約1カ月遅れの花火大会だった。

初めての、
秋の花火大会。

私は、90歳を超える祖母の肩越しに
遠くでひらく大輪の火花と
遅れてくる反響音を体の芯に感じながら
特別な感傷に浸っていた。

祖父母は、徳之島出身の”島ん人”で
鹿児島に二人で住んでいたのだが
高齢になってきたので数年前に
一平すし2Fを改装して住まわせている。

祖父は第2次大戦中の
特に戦況が厳しかったノモンハン島の生き残りで
若い時分はとても厳しい人だった。
そんな祖父を支えながらいつも寄り添っている祖母は
いつもニコニコと笑顔で、
やさしいおばあちゃん。

最近、足腰が弱ってからは
あんまり外出していない。

昨夜は花火大会だったので
窓をあけて
おばあちゃんの特別席をこしらえて
一緒に遠くの花火を眺めた。

ビルの間から覗く美しい花火…。

時々、高く飛ぶ大輪が開くと、小さな声で
”わあ”と歓声を上げるあばあちゃん。

”いつまでも元気で、
いつまでもその笑顔を見せてほしい”

そう願いながら、
祖母の肩越しに
二人で眺めた秋の花火。



秋の花火がこんなにも
”もの悲しい”ものだとは
思わなかった…。

もともと、あんまり
花火大会は、
好きではない。

一人ぼっちで人ごみで、
大勢の見物客にまぎれながら
大人の肩越しに眺めていた
幼い記憶…。

楽しかった夏の日が終わる
”寂しさ”だろうか?

毎年少しだけ大人になる
自分自身の中の
複雑で多感な感情が
そうさせたのだろうか?

始まる前のワクワクとは裏腹に
ドンッと最初の大輪が開いてからは
急に寂しくなるから
あまりしっかりと
花火を眺めたことが無い。

楽しんだことが無い。

今年も、私が眺めていたのは
おばあちゃんの背中なのか。
それとも、
ひと花ごとに開く花火に
今夏の様々な出来事を投影して
別のものを見ていたのか。

瞬間に咲く鮮やかな、
たくさんの秋の花。

寂しいけれども
美しい…。
はかないけれども
いとおしい。

そんな情緒を慈しむ
日本人に生まれてよかった。

おばあちゃんの孫でよかった。

宮崎に生まれ、
そして育ててもらってよかった。

たくさんの美しい出会いがあって
本当によかった。

今年は特別な想いがある。

はかない秋の花は
宮崎市民の心に刻み込まれ
そして、必ず美しい故郷の
思い出の1ページとして
語り繋がれる。

それぞれの記憶に生き続ける。

一夜明けたら
今日から新しい季節。

また今日からは
新しい時代を創るために
おばあちゃんから引き継いだ”笑顔”とともに
しっかりと心に希望を抱いて
力強く進んでいこう。

がんろう宮崎!

がんばろう、仲間たち!



Follow me on twitter
@ippeichan
Thanks!



私達の大切な”使命”

1年がかりの商品開発の最終段階!
※商品については、10月に公表予定。
日本中の最高の素材と、最高の製造パートナーを探して
大阪、京都まで行ってきました。

ほぼ初めての関西でしたが
素晴らしい成果と気づきを頂きました。
こだわりや情熱の深い皆様との出会いにより
我々の商品開発も一気に進展しそう(!)。
本当にワクワクします♪

**************************************

さて、大阪でサービスを学ぶといえば…
そう、”リッツカールトン”に泊まってきました。

Ritz-Carlton Osaka

レストラン、カフェ、ホテル…
一流と言われるサービスには必ず共通項があります。
CORNERの一部をプライベートフロア(貸切個室)として
改装する計画があるのですが
アイデアに煮詰まっていたので
刺激とイメージを頂きに行きました。

数々の伝説を持つ「感動のホテル」。

サービススタッフ一人ひとりの身のこなしや表情
言葉に込めたおもてなしの心は素晴らしく
本当に旧知の友人の邸宅に招かれたような
安心感があります。

もちろん、心が震えるような伝説のサービスは
たった1回の宿泊で得られるものではない…。
それは分かって宿泊したのですが、
そこは期待を上回る心地よさでした。

レストランでもそうですが、話題になると
お客様は100%の完成形を求めるもの。
しかし、私がリッツカールトンで感動したものは
若いスタッフからベテランスタッフまで
皆が成長を目指して一所懸命にサーブする姿勢でした。
リッツとはいえ、全員が100点満点ではないのです。
中にはぎこちない笑顔の新人スタッフもいます。
しかし、全員が私のオーダーを受け止め
「満足してもらおう」「答えよう」とする姿勢がありました。

やはり、サービスに完成形は無いのです。
理想の姿をしっかりと描いて、
その実現を話し合い
そして各個人がチームの一員として100%の努力をする姿に
お客様は感動するのだろうと思います。
いつも進化するサービスの集合体…。
その進化、成長しようとする姿勢そのものに感動があります。

私を部屋に案内してくれた客室係の青年は
エレベーターの中のわずかな会話で
私が疲れていることを察し、
「お仕事でお疲れでしょうから、くつろぎませんか?」
と言ってスリッパを袋から出し、
履き替えさせてくれました。
私が靴を脱ぐまで自然な笑顔と会話で楽しませてくれて
そして自らスリッパに履き替えさせてくれる…。
さりげない、しかし素晴らしいホスピタリティです。

CORNERでもお客様のコートを預かることがあります。
その時に
「今日は寒かったですね」
「今日は暑い一日でしたね」
「疲れを癒して楽しんでくださいね」
そう言って声掛けをすることはあります。
しかし、そのあとにお客様の居心地のために
「自分ができること」を100%追及しているだろうか?
肩掛けストールを準備してくれたり
まめに空調を調整してくれたり
BGMの音量レベルにまで気配りをしたり
ましてや、時にはスリッパに履き替えさせてくれるような
そんな居心地の良い「自分だけの場所」が欲しい…。

トイレに行けば必要なサニタリーがちゃんとそろっている。
マッサージチェアがあって、ゆったりと疲れを癒せる。
希望があれば、靴を脱いでスリッパでくつろげる。
仲間と語り合いながら、ゆったりと映画(DVD)が見たい。
いつも笑顔で、名前で呼んでくれるスタッフがいる


決してリッツのようなゴージャスな空間は無理でも
彼らを超える”サービスの精神”は持てるはず。
一流のサービスとは、お客様を楽しませようとする
「心からのおもてなしの心」そのものなのです。

私達は宮崎で生きている、
生かされているサービスの企業。
宮崎の、故郷のお客様を
等身大でもてなせばいい。
大切なことは
「お客様は何を望んでいて、それをかなえるために何ができるか」
をいつも考えて追及すること。
決して安易に”できません””ありません”などとは答えない
サーブの精神。

たくさんのことを学ばせてもらいました。
もう一度…
私達はもう一度、”基本”を考えなくてはならない。

「リッツ・カールトンはお客様への心のこもったおもてなしと
快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。
私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだ
そして洗練された雰囲気を常にお楽しみいただくために
最高のパーソナル・サービスと施設を提供することをお約束します。
リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、
それは感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感
そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みして
おこたえするサービスの心です。」
Ritz-Carlton〜クレド〜より

リッツのゴールドスタンダードは、そのまま
弊社スタッフ全員に読んで”理解”してほしいものです。

”お客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みして
お答えするサービスの心”

宮崎で一番の居心地の良い空間を創ることが
私達の使命なのです。

CORNERのプライベートフロアは10月にオープン予定です。
ここに、私の想いを詰め込んでみようと思います…。

今日も、気づきに感謝!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!








挑む勇気…”あきらめない”ということ。

興味深い話を読んだ。

ノートルダム大学のマーケティングのスペシャリストである
ハーバート、テュルー博士が、
セールスパーソンの実態に関する詳細な研究をもとに、
次のような統計を発表しています。

44パーセントが1回目の電話かけであきらめる
24パーセントが2回目の電話かけであきらめる
14パーセントが3日目の電話かけであきらめる
12パーセントが4回目の電話かけであきらめる

つまり、上記を全て足せば・・・
全てのセールスパーソンの94パーセントが
4回目の電話かけまでであきらめている

ことがわかる。

しかし、興味深い事実は、
すべての販売の60パーセントは、
5回目以降の電話で成立している
ということ。

つまり、
全てのセールスパーソンの94パーセントが
販売のチャンスの60パーセントを逸している。


※上記、「The Success Principles for teens」
 Juck Canfield, Kent Healey著作 参照

振り返れば、これまでの道程の中で
成し遂げられなかった数々の“失敗”は
ほんの2~3回のチャンレンジで
簡単にあきらめていたような気がする。

5回目の挑戦ができるかどうか・・・。
それができるのは
全体のわずか6%…。

チャレンジし続けることは勇気がいること。

何度も繰り返すうちに
恐怖、不安、焦り、自己への疑い…
様々なネガティブな感情に支配されていく。

しかし、自分自身を信じて
ひたすらに改善し
ひたすらに繰り返し
そして5回目の挑戦をすれば
60%の人(物事)はうまくいくのである。

もちろん、6回目、7日目を繰り返すうちに
その確率は上がっていくわけで、
そう考えれば、
自分自身の成功を信じ
しっかり目標(ターゲット)を定めて
常に改善、挑戦を繰り返すことで
成功を手にすることができるのである。

*********************************

CORNER2周年記念特別講演として
NYでレストランビジネスを成功させた
ヒミ*オカジマ氏をお迎えして講演を頂いた。



<ヒミ*オカジマ>
Twitter  
http://twitter.com/Himiokajima
ブログ  
ニューヨークより愛を込めて  
http://ameblo.jp/himiokajima/

ヒミ氏の講演の中で特に印象に残ったことは…

自分自身で道を切り拓く
「魔法の言葉」を持つこと。
自分自身が発する言葉、
”その意図”が現象を創る。

もちろん、ヒミさん自身も
簡単に成功を手にしたわけではない。
何度もくりかえし、くりかえし挑み続けて
そしてチャンスを自分のものにしたのである。

つまり、成功や幸せを手に入れたいならば
自分の思考を支配する目標をしっかりと持ち
そして、それを「言葉にする」こと。
そして、何度でも挑み続けること。

言葉ししなければ、伝わらない。
言葉にしなければ、変わらない。
言葉にしなければ、何も始まらない。


誰に反対されようと
自分が信じる道であれば
それを言葉にすることで
様々な協力者が表れて
自分の夢や目標を後押ししてくれるんだろうと思う。
”本気”を認めてくれるんだろうと思う。

失敗は怖いことではない。
間違いは恥ずかしいことではない。

4回やり続けて、失敗しても
5回目に挑む勇気を持とう。


自分自身に
いつも言い聞かせる
勇気の言葉を持とう!

全ての未来は、
自分自身の中にある…。

自分自身を強く信じることだろうと思う。

学びの日々に感謝。

Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!










 

感動をありがとう/まつりえれこっちゃ2010

まつりえれこっちゃみやざき2010が
9月11日(土)〜12日(日)の2日間開催されました。

まつりえれこっちゃみやざき2010公式HP

本来は7月末〜8月初めの予定でしたが
口蹄疫の影響を受けて約1ヶ月半延期。

口蹄疫「非常事態宣言」下の6月、7月を知る
我々宮崎県民にとっては
まさに、万感の思い…。

両日ともに天候にも恵まれて
土曜日/13万人、日曜日/11万人
総計/24万人(昨年23万人、1万人増)
とのこと。

橘通りを埋め尽くす人の波に、
まさに感動(!)の2日間でした!

実行委員会の皆さん
事務局(JC)の皆さん
ボランティアの皆さん
参加された皆さん
・・・
本当にお疲れさまでした!
そして、ありがとう!

私も太鼓で参加しました。
13年間所属したJC太鼓…。
今年で卒業の大太鼓。
感動の夜をありがとう…。
仲間たちに、心から感謝!



Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!

記念講演決定!待望のあの人が登場!!

今日は朝から変な頭痛がして
でも、山形屋「うめもんじゃみやざき」のスタートや
街市」実行委員会や
その他もろもろの大切な用事が多いのに
なかなかうまくいかず
何やら頭がモヤモヤしています…涙。

笑顔も出ない
俺らしくない…。

最近どうもモチベーションが低下気味。
心に霧がかかっている…。
う〜ん、どうしよう
日常に刺激が足りないのか
学びが足りないのか…。
いや、マジそうなんです…(泣)。

しか〜し!

そんな”もやもや”を一瞬で吹き飛ばすような
素晴らしいニュース!

スゴい講演会が決定しました!

【CORNER2周年特別講演会】
Himi Okajima
ヒミ*オカジマ氏

Title
「なぜ私はたった1年で、
NYでのレストランビジネスを成功させたのか?」


申し込みの詳細HPはコチラ

【ヒミ*オカジマ(Himi Okajima)】
HiMi NY Corp 代表取締役・会話人・コラムニスト・博多SAMURAIの会 主宰
福岡県商工会議所・㈱福岡県農産物通商・如水庵 海外アドバイザー
NYコミュニケーションスクール・美人トーキング塾 主宰・講師

福岡出身。NY在住。金もコネも人脈もなく、自らの意図と会話力だけで
07年10月、NYマンハッタンにHAKATATONTONをオープン。
アメリカフード界のアカデミー賞ともいわれるTime Out NY Food アワード08,
NYミッシュラン2009,2010と2年連続受賞。
http://www.tontonnyc.com/

会社を経営する傍ら、美人トーキング塾・NYコミュニケーションスクールを主催。
多くの受講生、経営者を輩出している。

Twitter  http://twitter.com/Himiokajima
ブログ   ニューヨークより愛を込めて 
http://ameblo.jp/himiokajima/


全ての起業家、起業予備軍の方々、
新しい世界へ挑戦しようとしている方…。
ヒミ*オカジマさんの講演会で
一緒に明日への扉を開く鍵を見つけ
素晴らしい気づきと出会いの一日
にしましょう!

人数限定です!
↓↓↓↓
今すぐ申し込みを♪
詳細HPはこちら

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!




« Prev || 1 | 2 | 3 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ