旅先で、扉の向こうで…。

物心ついてから中学校に上がるくらいまで、
父に連れられて、
おおよそ週に3回くらい
いつものなじみの喫茶店に連れて行ってもらった。

「ブルースカイ」という名前の、
カウンターと小さなテーブルがある喫茶店。

いつも近所のおじさんたちが
いつの間にか集まっていて
父は楽しそうにお喋りをしながら
サイフォンで淹れたコーヒーを飲んでいた。

私は、いつものクリームソーダ。

緑色のきれいなグラスにきれいに丸くおさまった
真っ白のアイスクリームに、
取っ手の長い銀のスプーンをさすと
とたんにぶくぶくと泡が溢れてきて
それを口ですくって食べる。

甘くすっぱい幸せが口いっぱいに広がる…。

壁にはコーヒー豆をたくさん貼り付けて描かれた
世界地図が飾ってあった。
大人たちが話に夢中になっているあいだに
太平洋の真ん中にある島のあたりを
人差指でカリカリと穿ると
茶色いコーヒー豆が2~3粒
ポロリと外れる。
それをポケットに入れて持って帰り
”戦利品”を一粒ずつ
自分の部屋にある地図に張り付けていく。

不思議に、ブルーススカイの世界地図は
私が持ち帰って欠けた部分にも、
いつの間にかきちんと豆が張り付けてあった。

きっと大人たちは、私のイタズラを
知っていたのだな…。

私の部屋の世界地図が
きれいにコーヒー豆で埋め尽くされて完成するころ
ブルーススカイは
いつのまにか”閉店”していた…。

父は喫茶店が好きだったな。

30年前の記憶が廻り廻って
私は今コーヒービジネスの中にいて
世界を駆け巡る。

私がコーヒーの香りが好きなのは
その中に父の面影を見るからだろう。

カランと音がして重い扉が開けば
心地よいコーヒーの香りがする…。
喫茶店はたくさんの笑顔が集まるところ。
ひと時の安らぎを求めて
いつもの時間にいつもの椅子に座る。

父の思い出…。

旅先。

東京、新宿の夜。

漢字で書かれた”珈琲”の文字がふっと目につき
暗く狭い階段をおりて
重たい扉をあける。

頑固なマスターが丁寧に淹れてくれたコーヒー。
手作りのシフォンケーキ。
懐かしいサイフォンの音と香り…。



30年の月日が廻り廻って
父のいない喫茶店に座り
たまにはクリームソーダの泡をすくってみようかな。

きっと甘くて
せつない思い出の味が
口いっぱいに広がる。

俺は、おやじっ子なんだな・・・。


Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!


裏路地の占い爺様

青年会議所とは、40歳までの青年(?)達が、
真摯な社会貢献活動を学び実践することを通して
地域経済との関わりを学ぶ
戦後最も発展した世界的な若手経済人組織の一つ。
平成10年から13年間(!)にわたり所属してきたが
今年で卒業ラストイヤー。
最後の年は、できる限り思い出に残る活動をしようということで
先月の[アジアコンファレンス/シンガポール大会」に続き
年に1度のビジネス会議が行われる
「サマーコンファレンス」に出席するために
宮崎のメンバーとともに横浜へ来ました。

サマーコンファレンス2010公式HP

参加したフォーラムでは、今後に繋がる様々なヒントを頂きました。
なかでも「生物多様性/バイオダイバーシティ」に関する考察は
難解なテーマですが、今後の勉強に値する課題かな…。
残り少ないJCライフですが、素敵な後輩たちに囲まれて
充実した数カ月にしたいものです。


さて、せっかくの横浜に来たのですから
少しの空き時間を利用して元町・中華街近辺を散策…。



私は旅に出ると、できるだけ自分の足で歩き
土地の空気を吸って、土地の方々と会話することにします。
そうすることで色々なヒントが見えてきたりするもの。

今回はあまり時間がありませんでしたが
面白いご当地ソフトクリームを発見!

「あんにんソフトクリーム」300円
濃厚で風味豊かな杏仁味のご当地ソフト。



先日オープンしたソフトクリームファクトリーでも
今後は、地方独特のプレミアム感あふれる
フレイバーの開発をしていきたいものです。

ソフトクリームファクトリー/SCF公式HP

そして、中華街の裏通り近辺をフラフラと散策していると
中国寺院を見つけて立ち寄りました。



全く知らずに立ち寄ったのですが「関帝廟」という
有名なお寺とのこと。

関帝廟HP

中華式寺院には独特の作法があり、5本の線香に火をつけて、
本殿回廊にある1〜5番の番号がついた香炉に願い事を告げ、
線香を1本ずつ捧げ身を清めます。

とても厳かな空気に癒されつつ
さらに裏路地へはいっていくと…。

ちょっと怪しげな館の影から
「お兄さん、占ってしんぜましょう・・・」
と老婆に声を掛けられて
何気なく両手を差し出し易占タイム。
裏から雰囲気満点(!)の占い爺様が表れて
思わず引き込まれて20分間も話を聞かせていただきました(笑)。

事業運に関しては「帝王」の卦があるとのこと(!)
概ね良いことを聞かされて一安心…ですが、
「あなたは独断で、独善的に物事をすすめるせっかちなところがあるね」
と指摘されて思わずドキリ。
「これからはちゃんと周辺に相談しながら進めるように!」
と言われました。
そうすれば、帝王のごとく周囲を幸せにしながら頂点を目指せるとのこと。

ハイ!
素直に従います…ペコリ。

今日からは、東京。
様々なビジネスミーティングで忙しく走り回ります。
暑さに負けず、がんばろう!

Follow me on Twotter!
@ippeichan
Thanks!




また、







がんばれ東国原知事!

我が県のリーダー、東国原知事の
最近の発言が気になる。

以下、東国原英夫オフィシャルブログ
「そのまんま日記」より一部引用

***************************************

7月15日のブログ

国からの是正指示は、今の時点でまだ来ていない。
待っているのだが・・・・・・
結局、国に是正指示を出す覚悟は無いのか? 
自治法に基づく是正指示は、過去に事例は無い。
もし出れば初になる。
この是正指示は出す方にも受ける方にもかなりの覚悟が必要である。
僕は、受ける覚悟は出来ている。既に腹は括っている。
しかし、あの農水相には出す覚悟・力量・度量は無いのかも知れない
(正確には総務省が出すのだが)。
結局、「出すぞ!出すぞ!」といういつもの脅し・はったり程度なのかも知れない。

〜〜中略〜〜

県の戦略会議の情報が方々にダダ漏れである。
一体どういうことか? 
先頭に立って闘っていると、後ろから石を投げられたりもする。
一体誰を信じて良いのか? 
こんな状況ではまともに闘えない。
「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」

7月22日のブログ

〜〜途中省略〜〜

議長も「知事の言動は県のためにならない」と言っておられるようである。
その考え方自体が古い政治体質だと個人的には思うが、いずれにしろ、
僕の認識・理念、議員や議長の認識・理念を
県民の皆様がどうお考えになるか?が重要であろう。
議長の発言が事実であれば、それは重い。
議員のご指摘も併せ心から真摯に受け止め、今後のことも含め、
冷静・客観的・的確に判断し、行動して行かなければならない。

7月23日のブログ

〜〜途中省略〜〜

僕は、この間ずっと国の全額負担を主張・お願いして来た。
そうしたら、一部国から聞こえて来た声が
「東国原知事はカネのことばっかり言う」である。
どういうこと? これが黙っていられるだろうか?
普通なら一揆である。タイだったら、クーデターである。
ギリシャだったら、暴動・投石である。幕末なら倒幕である。
只でさえ、これまで、地方分権法案や各種改革法案が骨抜きにされて来た。
加えて、今回の特措法も成案で地方負担が盛り込まれた。
僕は闘う。
こういうことを是正しない限り、この国は良くならない。
このままでは国民も不幸だ。
元工作員の歓待に数千万も掛けるなら、
口蹄疫対策や集中豪雨被害対策に少しでも回して頂きたい。
僕の反乱(一人一揆)が県に迷惑が掛かるというのであれば、
県には絶対に迷惑は掛けられないので、
他のあらゆる方法を考えなければならない。

********************************

山田農水大臣と東国原知事の対立をめぐって
県議会からも「権益を損ねるのでは?」という趣旨の質問があり
国(外)と県議会(内)との板挟みの中
非常に苦しい心情が読み取れる。

ここ数カ月の「口蹄疫」問題は、
やっとその発症が落ち着いた後は
県経済の復興に向けた様々な動きが活発化し
一部では”復興予算”をめぐっての駆け引きが激化する中、
そもそもの「口蹄疫」封じ込めに費やした経費に対して
国からの財政支援等の補助(県立て替え経費の穴埋め)が
総額67億円(!)も足りない可能性が指摘され
県の財政を著しく圧迫するかもしれない
まさに綱渡りの状況を呈している。

県の財政は、このままでは底をつき
”破たん”の影さえ見えるのではないか。

宮崎日日新聞 関連記事

国の財政支援大丈夫?知事、農相対立
県、対策費確保に躍起 各課中止事業洗い出し

そんな中で、心折れかけ、弱気になる心情が
文面から透けて見えるようである…。

「まともに戦えない」
 ↓
「今後のことも含め、冷静・客観的・的確に判断し、
行動して行かなければならない。」
 ↓
「僕の反乱(一人一揆)が県に迷惑が掛かるというのであれば、
県には絶対に迷惑は掛けられないので、
他のあらゆる方法を考えなければならない。」

なぜこの国(県)の国民(県民)は、
自らが選んだリーダーを信じることができないのか?
つい先日の世論調査では、支持率90%を超えて
知事の口蹄疫に対する行動を支持していたのではないか?
確かに、農水大臣との対立は
その言動、行動において一国の城主らしからぬ
感情的な一面が見えてハラハラさせられる。
しかし、「金が出ない」となれば一転批判・悲観の合唱となり
過去の功績はすべて忘れてしまうのか?

東国原知事においても、自身のブログの論調は
まるで”自身の首をかけて”の駆け引きのように見える。
県民を代表として、その強い主張を通そうとするのであれば
まるで「やめればいいんだろう…」と言わんばかりの
投げやりな論調は謹んで頂きたいと願う。

私自身は、我々のリーダー(知事)についていくのみ。
リーダーの発言を信じ、
リーダーの方向性を疑わず、
そしてリーダーは必ず解決してくれるものと
その方向性を支持する。

これまで信じようとしていた身内から刺される辛さは、
痛いほどわかる…。
小さなコミュニティである街づくりの現場においても
私自身が日々葛藤し、苦しんでいることだ。

しかし、信じてついていくもの達がいる限り、
その仲間達をしっかりと輝かしい未来に導いて行くのもまた
リーダーたるものの宿命である。

がんばれ東国原知事。

がんばろう、宮崎!

Follow me on Twitter
@ippeichan
Thanks!

当たり前の存在であること

もうブログを書き始めてから
(早いもので)2年近くが経つんですね〜。

7月は弊社の決算期でもあるので
何気なく昨年7月度のブログエントリーを見直してみました。

2009年7月のブログ

1年前と比べて、進化している部分、そうでない部分…。
達成できたこと、いまだできていないこと。
自身の成長を客観的に比較できて面白い。
過去の自分に教えられることもたくさんありますね。

なんだか、1年前の自分自身に
「お前、何やってんだよ。もっとがんばれよ!」
と怒られているようで気合が入ります。

不思議な感覚だな…。

非日常の存在が、日常になったときに
それは「当たり前の存在」として風景に溶け込んでいきます。

私自身は、時には”自らバランスを崩すこと”が大事だと思っています。
3年に一度くらい…思い切って、日常のバランスを崩す。
人は自分自身の変化に気付かないもの。
成長した自分の姿もまた、日常の繰り返しの中では見えないものです。
そんな時には、「無理だ」と思えるくらいの負荷を課す。
自分自身に、大きすぎて潰れそうなくらいのビジョンを掲げる。
3年後に必ず達成できると信じ、
それを成し遂げた自分自身の姿を描き
成し遂げた「非日常な目標」が当たり前の風景になるまで
言い続ける、やり続ける…。
そして、その「当たり前の世界」を達成したら
自らで日常のバランスを崩して
さらに高い世界を目指すのです。

そうすると(もちろん)、3年前の自分と今の自分は
全く別の人物です。

理念と思想とともに、自分自身のスキルも進化し
「可能」なことの範囲も広がっていきます。

結局、「自分自身の限界を決めているのは自分自身」
だということに気付きます。
自らが必ず達成(実現)できると信じることは
それはもう達成(実現)したことと同じ。
私を日々支えてくれている、
私を信じてついてきてくれる仲間達とともに
必ずその”素晴らしい世界”を実現するのです。
(宗教ではないですよ〜〜笑)

さて、(今年度の総括をするのはまだ早いですが…)この1年間で
もっとも成長したのはCORNERのスタッフ達です。

オープン以来、1年10カ月…日々努力を重ね
6月、7月ともに昨年対比150%を超えるお客様をお迎えしています。
数字も素晴らしいですが、それ以上に「おもてなし」の文化が
できつつあることを日々感じています。
どこかで見たことのある"How to"メソッドではなく
宮崎の、宮崎人による100%オリジナルの笑顔でいいのです。
実は数社のコンサル会社が、CORNERの可能性を見て、
運営指導のプランを持ってきていただいたが、全て断りました。
我々には、我々でしか醸し出すことのできない空気感があるのです。
お客様とスタッフの距離感
お互いが切磋琢磨して成長していく正しいスパイラル
そして、何よりも真剣な目が美しい顔を創ります。
”信じて任せること”が、私のスタイルです。

オープン以来一貫して話してきたこと。

「CORNERが賑わい、人であふれ、エネルギーを発信する時に
必ず街全体が元気になる。」

ニシタチの入口にあるこの場所が生まれ変わり
新しい文化を創りだすことができれば、街全体が変わっていきます。
その意味で、私達の仕事は“街を創る“仕事です。

確かに、1年前にはCORNERは”違和感の塊”でした…(笑)。
それは我々スタッフもそうだったのだと思います。
すぐに成功するような安易な挑戦ではありません。

1年前のブログにも、決意と共に苦悩がにじんでいました…。

2009年7月のブログ

いくつもの苦悩と努力の山を乗り越えて、
もうすぐきっとCORNERは、
「街に無くてはならない場所」になれると信じます。
そこに無くてはならない存在…
当たり前の存在になったときに、
はじめて本物になれるのです。

賑わいの街角が、当たり前の日常になったときに
街も人も生まれ変わる。

1年後のこのブログを見て
私自身は、我々の挑戦が正しかったことを改めて確認します。
ウェイティングの長い列ができている
CORNERの姿をはっきりとイメージできています。
「街を変えた日本一のカフェ」は
全国からここを訪れる街の名所になるのです。

お客様と、スタッフとともに創り上げた
新しい空間…。

CORNERが当たり前の存在になったら
我々の事業は、思い切ってバランスを崩す(!)。
それは、大きな成長のためには必要不可欠なプロセス。
私が信じるスタッフ達が更に成長して、
大きく新しい世界に羽ばたくステップとなります。

その時のための新しい挑戦(実験)も既にスタートしました。

The Softcream Factory/ ソフトクリームファクトリー
そして、人気のハンバーガーです。

※山本謙二さんに記事を書いていただきました(!)感激です!!
「やまけんの出張食い倒れ日記」


私は、私を信じてついてきてくれる、
日々支えてくれる人々とともに
新しい世界を創っていく。
「感謝とおかげさま」を忘れずに、
全員で大きく成長する。

「街角の1軒のバル/カフェが街を変えた」
…そう言って頂けるまでには、
まだまだ努力が足りない。

賑わいの風景の中で、
当たり前の存在であること。

まだまだ夢の途中です。


Follow me on Twitter!
@ippeichan
Thanks!


渚の交番

青島海水浴場に「渚の交番」ができました。

渚の交番/宮崎市観光協会HP



運営は、NPO法人宮崎ライフセイブングクラブのメンバー達。

ライフセーバーによる海の監視や周辺地域のパトロールはもちろん、
マリンスポーツや観光の案内、海洋や環境学習の場を提供したり、
県内外の方々に楽しんで頂けるようなイベント等を行う予定。

青島を観光地として活用するアイデアも満載の皆さん。
今後は、様々なマリンアクティビティも提案するとのこと。
リーダーの藤田君とは、クラブ発足以来10年の付き合いですね〜。
心から応援します!



それにしても、夕暮れの青島ビーチ…美しい。

何枚かフォトアルバムを♪














Follow me on twitter!
@ippeichan
Thanks!
« Prev || 1 | 2 | 3 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ