情熱の”高さ”

良い言葉に出会った。

人生を登山にたとえて
「苦し時はいつも登り坂。
心配せずにそのまま登っていけば、いつか山頂にたどり着く。
急に楽になったと感じたら、それは下り坂。
一度しっかりと立ち止まって、周りを見渡せ。」


経営の現場では、つい逆を考えてしまう。

苦しい時には、人間、現実から目をそむけたくなる。
足を止めたくなる。
逆にうまくいっている時は、ついつい”調子に乗って”しまう。

経営不振のほとんどは、
経営者自身の「心のありよう」からきているような気がする。
中小・零細企業の経営者は、自分自身=会社である。
つまり、自身の生活や考え方が
そのまま業績に表れる。
一切言い訳が通じない世界が、
マネージメント…すなわち『社長』という職業である。

昨日、ある経営者から資金無心の相談があった。
残念ながら、私自身にも守るべき社員があり
個人的借金の肩代わりや保証人になるわけにはいかない。
当たり前のことである。

JALは、100%減資&上場廃止という報道。
今回の再建プロセスの中で
いかほどの公的資金(税金)が使われ、
いかほどの関係者が涙を流すことになるのか。
しかし、一方で”借金を棒引き”されたJALと
もう一方のANAとの間での”不公正な競争”も懸念される。


1/11 朝日新聞の“スクープ”記事

助けてもらえるのは、大企業だけである。
それは、社会的な影響が大きいから(?)。

中小・零細企業は
倒産したら”終わり”である。
すぐに世の中から消えていく。

人のうわさも、数か月もすれば薄れていく。

盛隆を誇った会社も、消えてしまえば
やがて噂にも上らないようになる。

だからこそ、自己防衛が必要。
経営者自身の、心の自己防衛の心得
冒頭の言葉に集約されているような気がする。

人生も、経営も、山にたとえられる。
(私自身が山岳部だったから気になるのかな?)

いくつもの擬似的なピーク(山頂)を超えながら
やがてゴールにたどり着く。

攻略すべき”山の大きさ”は、
登山家の「経験と情熱」によってだんだんと高くなっていく。

超えた山の思い出に浸るよりも
次の山に向けた“挑戦の高ぶり”がある。

新しい未開の冒険にむけた
出発前夜の興奮が忘れられなくて
また一歩を踏み出すのである。

苦しいが勇気を持って踏み出すその一歩…
その”着実な一歩の積み重ね”こそが
成功への唯一の
確実なプロセスである。

そして山の高さを決めるは
自身の“情熱”である。



Follw me on twitter!
ツイッター...気軽にフォローミー♪
@ippeichan

宮崎の未来は? Vote for your Future 2010!

宮崎市長選挙がいよいよ本日告示された。

首長選挙は、”街やくらしを変える”選挙。
しっかりと関心を持って、
新リーダー(市長)を選ばなくてはならない。

なにしろ、4期16年間という長い津村政権の後だけに
誰がリーダーになろうとも、
これから”大きな変化”が訪れる。

まずはそれぞれのマニュフェストを
HPからチェック!

↓↓↓

戸敷正候補(57)
斉藤了介候補(43)
由利英治候補(59)


以前のブログ(12月2日/リーダーを選ぶ戦い…宮崎市長選挙)にも書いたが
若い世代が選挙を語る」ことが大切だと思う。
次世代に責任を持つ層が、
自身の街のリーダーについて語り合う…。
選挙とは、まちづくり”そのものであると思う。

面白い活動をしているHPを見つけた。
各候補に独自にインタビューをしていて
生の声を聞くことができる。
素晴らしい試み。

ニッポンの支点を考える会HP
コチラ

また、webの中(ツイッターなど)でも
活発な意見交換が行われていて
とても頼もしく感じる。
(今の時代に、選挙戦に対するweb規制は時代錯誤。
まあ、近年改訂されるだろうが…。)


先日は、宮崎青年会議所(JC)が主催する
マニュフェスト公開討論会が開かれた。
ご存じのとおり、JCは40歳以下の
青年経済人で構成される団体。
JCとしての候補者の個別政策に対する切り込みや
主張がもう少しあっても良かったような気がするが…
この様なマニュフェスト討論会の場を作ることは
素晴らしい活動であると思う。



各候補者の政策の中身に対する評価は
個別の判断に任せるとして、
私自身の感想はなかなか複雑…(笑)。

私は、選挙には強い関心を持ちながら
最後まで公平に「政策」「性格」「背景」を見て
自分自身の判断”で投票することとしている。
特定の団体や思想のもとで
自分自身の“判断”をゆだねることは、ない。

そういう思いで、
できるだけ公平に討論会を眺めた。

世代の違う主要候補…。

ベテラン候補は、安定感や実績があり
これまでの経験を活かした現実政策を語る。

若手候補は、想いや情熱をぶつけ
これから創造する新宮崎の希望を語る。

経験則が通用しない、先の見えないカオスの時代。
夢だけでは突破できない、厳しい市民生活と現実の壁。



しかし、行政の閉そく感と現実は
まったなし”の状況である。

これからの短い選挙戦の中で
様々な情報に接しながら
自身の目で”判断した候補者を選ぼう。

選挙権はたったの1票。

しかし、これからの4年間…
自分自身の生活を変える重みを持った1票である。


Vote for your Future 2010!




高知への旅③

全国の中心市街地は
おおむね平成7〜8年をピークとして
歩行者通行量および売上の減少が止まらない。

日々猛烈なスピードで変化していく流通形態。
居住の市街地空洞化と、郊外大型店の進出。
第2次ベビーブーム世代以降の
急速な人口減少…etc.

つまり、構造的な様々な要因が重なり
それに地方自治体や行政政策が追い付かず
「中心市街地=まち」の付加価値の低下は
ますます歯止めが利かない状況となっている。

また、商店街では急激な変化の“波”に飲まれ
打つ対策が見つからずに
シャッター比率を増やし続ける。

しかし、ここ高知では、
そんな全国の”衰退する商店街”とは
少し事情が違うようだ。
まちが元来持つ「人と人の繋がり」を見つめなおし
あったかい”もてなしの力”で元気を維持している。

昨日のブログでも紹介した「日曜市」では
歴史ある賑わいの風景が
懐かしくも、新鮮だった。



さて、日曜市を盛り上げる“名物”のB級グルメ達。

まずは、終日列が途切れることない
人気ナンバーワンの「いも天」。

んん〜〜っつ!うまい!!!





ひやしあめ&あめゆ。
黒糖とジンジャーの絶妙なハーモニー!



高知牛の串焼き…などなど。





個人的ヒット(!)の、たい好み。







また、何といっても平成10年に完成した
ひろめ市場」は、観光スポットとして
まち活性化に大きく貢献している。



この「ひろめ市場」をはじめとした
高知のまち活性化の仕掛け人である
岩目一郎氏を、来週宮崎にお呼びした。

”まち復活”に成功した中心市街地には
必ずこの様な“立役者”が存在する。
やはり、まちづくりは”人”が全てなのである。

責任を持って、高い使命感と意志を貫ける
そんな人物たちがまちの未来を創っていく。

この「ひろめ市場」については
じっくりと研究して
プロジェクトに活かしていきたいと思う。




Follow Me on twitter!
ツイッター...気軽にフォローミー♪
@ippeichan

高知への旅②

2010年は、大河ドラマ「竜馬伝」のヒットにより
再び幕末ブームが起きそうです。

そんな竜馬の故郷高知市を旅しました。

先日のブログに書きましたが、
春から実施予定の「まち活性化プロジェクト(仮)」の
ヒントを探そうと思い立ってここまで来ちゃいました!


さて、高知と言えば「日曜市」です。

高知城の追手門からまっすぐ東へ伸びる追手筋。
この約1.3キロの車線を占拠して
毎週開催される日本一の路上市です。

歴史は古く、江戸期、元録3年(1690年)にまでさかのぼります。
土佐のお殿様が定めた「市立」に始まり
庶民の台所として3世紀(!)もの長い間
ずーっと賑わっている本物の路上市なのです。


以下、フォトアルバム。


片道2車線の道路を完全に封鎖して行います。
「公園化」というキーワードを出しただけで
過剰アレルギーを巻き起こすどこかの街(笑)とは大違い。
公園=コミュニティという概念で街づくりをするとすれば
宮崎も、橘通りにこだわらず
「公園化=コミュニティ=まちなかサードプレイス」
として、広く可能性を議論すべきだと思うのですが…。

何はともあれ、
歴史ある日曜市は素晴らしかった!





まず感じたことは、市を立てている皆さんが
本当に活きいきとして活気があること。
朝の6時から手慣れた様子で次々と市が立っていく様子は
本当に歴史を感じます。
どうやら、出店場所は“番地”として固定管理されているようです。
どういう仕組みなのか?
これから学んでいきたいと思います。





日曜市には、この故郷の風土を反映した
様々な“名物”があります。

季節の野菜がここに来れば全て手に入るのはもちろん、
それらを使ったいろんな加工品、手作り田舎料理、
お漬物など…見るだけで楽しませてくれます。

「山のこんにゃく」「春野の漬物」「サバの姿ずし」
「田舎ずし」「土佐ジロー卵」「ちりめんじゃこ」…
ワクワクします!


















日曜市の魅力は、これらの新鮮な”地物”が手に入ること
…だけではありません!
ここには、様々な朝市グルメが存在します。
「名物いも天」「冷やしあめ」「まんじゅう」・・・etc.

なお、観光スポットとしても大人気の日曜市ですが
地元商店街は、時代の波とともに衰退の気配が…。
そこで立ちあがったのが「ひろめ市場」です。
商店街と日曜市を結ぶ好位置にあり、
週末は朝から夜まで大変なにぎわいです(!)。

次回のブログ「高知への旅③」では
この日曜市グルメ&ひろめ市場のレポートを書こう!




Follow Me on twitter!
ツイッター...気軽にフォローミー♪
@ippeichan

高知への旅①

毎年思うのですが、
正月もあけて10日前後になると
体調の悪い人が増えてきますね。
やはり、年末からお正月にかけて
知らずに無理をしているんだろう…。
自己管理、大切です。

さて、本日は高知に向けて出発します。

車で行こうと思ったのですが、
陸路を使うにしても
陸路&フェリーを使うにしても

遠い〜!

割り切って飛行機を使うことにしましたが

あれ??

直行便って無いんだね!?
たしか昔はあったような?

宮崎→福岡→高知
福岡トランジットが必要です。

結構な“旅”だな〜。

時間距離にすれば
韓国よりも遠いのですから…。

宮崎は四国からの“移民”人口の多い土地ですが
昔の人からすれば
一度宮崎に来て骨をうずめるということは
本当に覚悟のいることだったんだろうな〜。

今と違って
そうめったに里帰りできる距離ではないのです。

昔の人はエライな。
”別の国”に渡って
そこで逞しく文化を創り上げ
成功を手に入れるエネルギーや
バイタリティに溢れていたんだろう。

宮崎から遠い高知。

ん、
…ということは
事実上、高知と宮崎は“国交”が無い
「別の国」のようなものだとすれば
文化交流が薄いということは


そうだ!
たくさんの新しいアイデアや
斬新なモノ達があふれているということ!!

うん、ワクワクしてきたぞ。

出発の時間です。

今回の旅の目的は
街活性化プロジェクト」のヒントを集めてくること。
また、自費出張ですから、
必ず今後のビジネスにつながる
アイデアを持ち帰ってこなくてはなりません。

成果あふれる「高知への旅」にします!
« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ