今日も元気!

恋が叶うクリスマスツリー♪
一番街CORNER前におかれました。
ニシタチにおこしの際は、ぜひ”幸せのリボン”を結んでくださいね。

さて、歳末商戦の真っただ中ですが
頭の中は、すでに来年の春に向いています。

来年はこれまでの事業基盤を見直して
しっかりと基礎固めをする年になろうと思います。
一つ一つを丁寧に見つめなおして
さらに発展させていかなくてはなりません。

また、今年までに準備してきたプロジェクトが
具体的に様々動き出します。
多くの人々が関わり、情熱のこもった事業です。
何事も段取り段階で成否が決まります。
情熱を持って成功させましょう!

忘年会などで仲間が集まり、たくさんの笑顔と思い出が生まれる季節でもあります。

1年間の感謝をこめて”今日もお客様をお迎えします。

明後日〜週末は熊本、福岡へ出張。
体調管理も徹底しながら、がんばりましょう!



今日は、ジョン・レノンの命日だね…。
Love & Peace!

John Lennon Official Web Site





Follow Me on twitter!
ツイッター...気軽にフォローミー♪
@ippeichan

ベストムーバーを目指す

ファースト・ムーバー・アドバンテージ(FMA)という言葉がある。
First-moover advantage
最初に参入したもの、最初に動いたものに
先攻者としてのアドバンテージがあるという意味である。

新しい市場を得るためには、
ファーストムーバーたることが重要な場合もある。
IT分野でよく使われている言葉であり、
「新しい技術や分野」を探して
新天地の開拓者たちが、日々ベンチャー(冒険)を繰り返す。

しかし、私のいる「食の分野」ではFMAを目指すことは、
(特に地方においては)大きなリスクであると思っている。
時々奇想天外なアイデアで話題のレストランが、
メディア紹介され話題になったりするが
内外装、メニューのネーミング、スタッフのユニフォームなどを奇抜に変えた
パーティアイデア的なものがほとんど。
それは、”既存の焼き直し”の範疇を超えず、
そのような体験劇場型のレストランは
一度来店したらすぐに飽きられるパターンが多い。
大きな顧客人口を抱える大都市型のモデルであり
それを地方で展開して失敗するパターンが続く。

ここ10年ほどで、FMAを得た「新しい食文化の創造者」は
ほとんど存在しない。

ファースト・ムーバー・アドバテージに対して
ベスト・ムーバー・アドバンテージという言葉場ある。
Best-moover advantage
最初に動いたものが、最善の動きをするものとは限らない。
たとえ既存の概念であったとしても、
その分野で改善と改良を日々繰り返し
ベストムーバー(もっとも優れた存在)になれば良い
その考え方においては、何時も遅すぎるということは、無い。

簡単に勝とうとするから、勝てないだけだ。

大きな戦略を描いて
時間をかければ大概のものは逆転できる。
自分自身で制限時間を決めればよい。

「そんなビジネスモデルはすでに過去のものだよ」
「その分野は○○が強いから、後発はきついよ」
「君の考え方はもう古いんじゃないかな」

何かを新しく始めようとすれば、こんなドリームキラー達がささやく。
案外、そんなところにこそチャンスがあるものだ。

最後は本物の理念を持って、ベストムーバーになったものが
勝つのである。

新しい食文化を創造する…
この理念は、”ファーストムーバーを目指す”ということではない。

途中であきらめない折れない心、強い信念で
ベストムーバーを目指す




先週の心に残った言葉

強いものが、勝つ」by亀田弘毅
勝った者が、強い」by内藤大介
う〜ん、同じことを言っているようで、心中がはっきりと見える...深い!


今日の気づきをくれた一冊
Golden Rules of Success〜成功の法則92カ条
三木浩史著


Follow Me on twitter!
ツイッター... 気軽にフォローミー♪
@ippeichan

Doまんなかの絆

Doまんなかモール委員会の忘年会がありました。
今年1年間お世話になった皆さんが一堂に会し
100名(!)を超える華々しいパーティとなりました。

大声で語り、大声で笑う。

まちが繋いだ人と人の絆が、新しい文化を創っていく…。

今日は、かなり楽しい気分の二日酔いです!





























そして、1年間、街で最も活躍した人に贈られる
注目の『DoまんなかモールMVP2009』は…

こちらをどうぞ!

↓↓↓↓↓↓

DoまんなかモールMVP2009発表PV




Follow Me on twitter!
ツイッター...気軽にフォロー♪
@ippeichan

笑門来福

金融に関する勉強会。
”景況感”と”実態経済”のギャップの読み方は参考になりました。
なるほど、なかなか厳しい時代は続きますが
経営トップが知識武装をしつつも、チーム一丸となって“動く”ことが大事ですね。







今週は、たくさんのご縁を頂いて元気に走っています!
忘年会も本格的に始まって
1年間の感謝をこめてできるだけお世話になった人に会おうと思います。

ここ数日も連日忘年会ですが
“情熱の人”に合うと、パワーを頂きます。

今晩は「Doまんなかモール委員会」の忘年会がありますが
100名以上が来るらしい…スゴイね。

なんだか不景気風が吹き続ける世の中だけど
「笑門来福」
大声で笑って、1年間を総括しましょう!

仲間たち…ちょっとだけ写真アルバム風に(笑)

霧島食品谷口さん…熱く食を語る!


アニキ達…いつも元気!


新えびの市長の村岡さんと、小林の山口さん。
改革の人!


桑ちゃん…JC太鼓副隊長!


「NPO法人ハートリンク宮崎forASIA」理事長の脇本くん&トモアッキー。


ファミーユ高見社長…改革の企業家!



さて、タリーズコーヒーよりビッグニュース!
完全限定オリジナルコスタリカ発売。
希少な豆につき、たぶん、店頭には並ばないと思います。
宮崎県内のタリーズ店舗にて、是非ご予約ください!



手荷物サイズ厳格化って…

ただでさえ手続きが煩雑で、ストレスの多い場所である。

こんなに手荷物基準を厳格化して、誰が得をするのか?

外国から来た方は、きっと理解できないと思うよ。

日本の空港は国際間競争には勝てない。

まったく反対の方向性である。

世界の主要空港では、「いかにしてストレスのない場所にするか」をテーマとして

様々な工夫を凝らしている。

残念ながら、「融通の利かない」ルールに縛られた場所には魅力はない。

”きっちりと枠にはまらないと気持ちが悪い”人々が

荷物のわずか数センチの大きさにこだわって

お客様の利便性を無視して

突然一方的に決めたわけのわからないルールである。

もちろん…軌道を逸した無茶な持ち込みをする客はもっと悪いよ。

でも、「この荷物の大きさ大丈夫かな〜…」なんて心配しながら

お土産を買って手荷物検査場に向かうなんて

バカバカしいストレスを客に押しつけてもいいのか?

わずか数センチの差で、もう一度手荷物カウンターに戻って

長い検査の列に再度並ぶのか…?

空港売店の売り上げも落ちる。

短距離の飛行機搭乗率も落ちる。

ジェットセッターのストレスは…たまる。

そして

ただでさえ評判の悪い日本の空港は、もっと悪評が高まる。

国土交通省の指針?

羽田空港ハブ化構想”なんて

恥ずかしいから、言わないほうがいい…。






Follow Me on twitter !
ツイッター...気軽にフォローミー♪
@ippeichan

« Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next »
  • 一平寿司
  • タリーズコーヒー
  • 九州パンケーキ